[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 04   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2006/11/21 :: Tube Mic Preamp Project #4
ブログ移行や色々ありまして途中頓挫していましたTube Mic Preamp Projectの第4弾,電源編です。過去のレポートは以下の通り。
#1 序章#2 特性編#3 パーツ編!!$more!!
#3の「パーツ編」で触れた通りEddie氏の『The Altec 1566A : A Vacuum Tube Miropho Preamp / Direct Box Project』の電源回路はオリジナルに忠実にするためだろうか倍電圧整流回路を採用している。しかし,電源トランスの入手しやすさやなどを考えると二次側230V20mAぐらいのトランスを使い両波整流回路にしたほうがいいと考え,まぁ手持ちにそのトランスがあったのも大きいのだが,電源回路はEddie氏のものとは違っています。その回路は下の通り。


トランスはケースや予算に合わせて適切なものを,ということで。ヒーター用,12V用はステレオで製作する場合,12AX7A1本に付き150mA必要となるので合計600mAの電流が取り出せるものが必要。1/2Wの抵抗,2.2kΩと82kΩはプレート電圧B1,B2が既定の値に近くなるよう変更する必要があります。この手の抵抗の求め方はI=V/Rの公式で算出できるのだけれど,面倒臭い場合CircuitMaker等の電気回路シミュレーションソフトで探ると手軽かもしれない。そのCircuitMakerってソフト,以前はStudent Versionが無料で入手できたのだが今は何処かに買収されて無料版の入手が不可能になっているようなのだ。ただ,無料版を再配布してしまっているところも未だにあるので探してみましょう(^_^;たとえばこことか。CircuitMakerは一般的な真空管にも対応しているのでわたしみたく真空管に不案内なものにとても重宝するソフト。

以上が真空管オンリーで製作する場合。出力を電子バランス回路にする場合は別途電源回路が必要となってきます。回路は下の通り。


トランスは正負両電源用のもので使用オペアンプにもよるけれども200mA以上とれるものを。電圧は普通に±15Vでもいいのだがヘッドマージン+22dBmぐらいの機器にフルに突っ込むのであれば±18Vぐらいにしておいた方がいいでしょう。Pro Toolsとか-18dBでキャリブレーションされている場合が多く(0dB = +4dBm),これにフルビットになる信号を送り込むためには最低でも出力レベルが+22dBm以上でないといけない。プロ用と謳いながら最大出力+20dBmというものもあるけどこういう機材はPro ToolsのIOを歪ませる前に自分自身が歪んでしまう。まぁフル至上主義を捨てるかPTを-16dBぐらいでキャリブレーションすればいい話なのだがヘッドマージン+22dBm機器群の中で使うのにはそれ以上の最大出力レベルを確保しておいた方がストレスが無くていいでしょう。

!!$photo1!!
電源レギュレーターは,一般的な7815や負電源用7915ではなく可変型3端子レギュレータLM317,LM337を使用しています。これはひとつには78シリーズと79シリーズのバラツキで±の差が大きくなるのを回避するためと,実験用に色々電圧を変えたかったこともありLM317を使っています。写真では放熱版を使っていないのですが,ICが結構熱くなるのでちゃんとする場合(?)はケースや放熱板を使い放熱させる必要があるかも知れない。

といったところで,次回は電子バランス出力回路です。一応数十万円級の某プロ機材の回路をリスペクト(?)しているので色々使い回しが可能かと思います。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
2006/11/21
ブログ移行や色々ありまして途中頓挫していましたTube Mic Preamp Projectの第4弾,電源編です。過去のレポートは以下の通り。

posted at 2006/11/21 10:08:45
lastupdate at 2008/03/05 17:38:27
edit
comments (1) || trackback (0)
separator
2007/04/30
つい先日,アナログレコードをリッピング,じゃなくて録音しようと数ヶ月前に中古で購入したRME社Hammerfall DSPシリーズのターンテーブルを直に接続できるDJ向け製品,RPMを使ったら思いの外,高域が,6KHz〜8KHz辺りだろうか,痛いほどに耳につく(カートリッジにはORTOFON concorde Night Club E/Eを使用)。RPMの二つあるPHONO入力のうち一つは入力段のOpAmp,NJM2100(低電圧向けOpAmp)をアナデバのAD8066ARに置き換えたのがいけなかったのかともう一つの純正NJM2100のままの入力に変えてみたものの痛さにそれほどの変化なし。

Tube Mic Preamp Project #5ADCのせいかと,RPMにはAKM AK4528VFが使われている,今度はオーディオ用プリメインアンプ,SANSUI AU-α607XR内蔵のフォノイコライザを通しDigidesign 888|24でデジタルに変換してみたのだが多少はよくなったものの痛さはまだ残っている。そこまでやって「レコードに入っている音がもともと痛さを狙っているのかも」と気がついたのだが,ちなみにその運悪くリファレンス用にしてしまったのはDJ Shinkwa "Pulser (DJ Shinkawa remix) / Mauro Picotto"でシェイカー系の音が鼓膜に突き刺さる,それでもどうにかならないかと1分30秒ぐらい考えてみた。

そう言えば,入力トランス調達問題とケース加工で製作途中で頓挫しているTube PreAmp,Altec 1566Aレプリカにちょっとした回路(チャンネルあたり抵抗2本とコンデンサ2個でOK)を加えることでフォノアンプとして使えることを思い出し早速試してみた。取りあえず手持ちのパーツから似ている値のもので片チャンネル分だけフォノアンプとして使えるようにしてみたら,これが思いの外良好,ハイ落ちが無いのにもかかわらず件の痛さがかなり和らいでいる。

後日ちゃんとした定数の金属被膜抵抗と銅箔スチロールコンデンサを買ってきてステレオ分,フォノアンプとして機能するようにしてみたが,かなりばっちり。深みが出てくるというとちょっと大袈裟,ありきたりな言い方かもしれないけど,料理にたとえるとお酒をちょっと入れてまろやかな味わいになった感じ。刺々しさが緩和する感じだろうか。かといって高音域もスムーズに伸びてるし低音もふくよかにちゃんと出てる。ただ問題もちょっとあって,一つはノイズフロアが高いこと。といっても針をレコードの上にのせたらそっちの方のノイズが大きいので問題ないと言えば問題ない範囲。日頃デジタルでほぼノイズレスな環境にすっかり慣れてしまっているから尚更そう感じるのかもしれない。あと一つは2xHz辺りの重低音でハウっているようなのだ。これはケースにちゃんと入れれば直るのか,ターンテーブルの設置に問題があるのか今のところ分からないのだが,フィルターで20Hz周辺以下をカットすればいいだけの話かもしれないが,そこら辺が今のところの課題。

posted at 2007/04/30 22:42:37
lastupdate at 2008/03/05 17:38:45
edit
comments (3) || trackback (0)
separator
2007/05/03
Tube Mic Preamp Project #6かねてよりダラダラとあーでもないKoでもないといじくっていたAltec 1566 Replica Tube Mic Preamp with electronically servo-balanced outputs,フォノアンプとしても使えるようにすることで仕様がほぼ決定したので,本格的に1Uケースのパネル加工等をぼちぼちと。取りあえずフロントパネルだけ完成。ちなみに真ん中のつまみはインプットセレクタ。

リアパネルは最大の難所,キャノン用の穴あけ(直径24mm)×4+ACコネクタの穴あけが待っているのでかなり気が重い。新たな戦力投入,ということでステップドリルを割と安く買えるオンラインショップ,MonotaROを見つけ早速注文しようとしたのだが,連休中はお休みだそうでしばし保留。その代わり,RSオンラインに注文していたMOS-FETが届いたのでHeadphone Amp製作の続きをしないと,という状態。

posted at 2007/05/03 5:32:21
lastupdate at 2008/03/05 17:39:00
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2007/05/08
ステップドリルパネルのキャノン用,というかXLRレセプタクルコネクター取り付け穴加工用にステップドリルを購入。NEUTRIKのDLシリーズは取り付け穴が24oでさすがにリーマー(穴を押し広げる工具)で開けるにはさすがにつらいので購入と相成った。24oまで開けられるステップドリルは通常7〜8千円,いいものだと軽く1万円を超えるのでヤフオクで安いものを探し,三千円弱で購入。

試しに一つ穴を開けてみたのだが,1Uラックケースでパネルは3o厚のアルミに,リーマーよりは確かに楽なのだが24oまで到達するには使っている電動ドリルのトルク不足か途中歯が噛んでしまったりしてちょっと大変。慣れればもっとスムーズに出来るようになるのだろうか?あと,注意していないと穴位置が微妙にずれてくる。難しい青ざめ

と,もう一つ,こちらは音楽関係者御用達Sound Houseから購入のNEUTRIKの電源用コネクタPowerCon。スピコンの電源版といったもの,構造的にも。普通の3ピンの電源コネクタを取り付ける場合長方形の穴をあける必要があるのだが,PoweConの場合DLシリーズ等と同じサイズの穴に取り付けられるのでパネル加工の容易さから使ってみることにした。当然普通の3極電源ケーブルは使えなく別途用意しなければならないのはちょっと面倒だけれども。このパワコン,スピコン同様簡単に外れないようオリジナルのロック機構がついているのだが,よく考えれば少なくとも業務用な機材の場合,パワコンみたいのが使われて当たり前な気もする。でも,未だに家電と同じコネクタが使われている場合が圧倒的多数なわけでちょっと不思議な感じ。ケーブルによっては長年使っていると緩くなってきて怪しくなることもあるし泣き笑いネコ

posted at 2007/05/08 22:18:18
lastupdate at 2008/03/05 17:39:23
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2007/09/06
嵐の前の秋葉原東ラジ2Fのエスエス無線さんに取り寄せをお願いしていたものを引き取りがてら,本気モードの真空管マイクプリアンプ,でも当分はラインドライバ的なプリ製作のための買い出ししてきた。エスエス無線はタカチなどのケースのパーツを電話で取り寄せをお願いしておくと翌日の午前中には用意してくれる。今回頼んだのは19インチランクケースの天底板(本当は底板だけでよかったのだがタカチのパーツパッケージでは天底セットしかないということでしかたなく,ちなみに奥行き20cmのやつで税込み1974円)。リアパネルだけとかちょっとしたケースのマイナーチェンジとかする時かなり便利。

他にサンハヤトのポストターミナルボード,高級なラグ端子,1列5ピンで1個600円を4個(ここら辺が本気っぽいキャラ万歳),とか三栄電波東一電機のオイルペーパーコンデンサを少々。当初はASCのフィルムコンデンサでいいかなと思っていたのだが東一電機がいいという記述を見かけたのでものは試しに買ってみた。値段はASCと同じぐらい。あと,オヤイデで純銀裸線とか桜屋電機店でBelden 83320Eとかを購入。5時ぐらいにはお店がどんどん閉まり初めて焦った。

その他のコンデンサや抵抗はGarrettaudioでオンラインで購入。今回は本気と言うことで(しつこい拍手)音声回路部分は全面的にDale製抵抗を。アウトプットトランスとかはまだ決めかねているのだがどうしたものか。試し買いするには1個7k円からJensenなどは25k円と結構お高いのでどうしても慎重になってしまう。

posted at 2007/09/06 22:44:25
lastupdate at 2008/03/05 17:40:49
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2007/09/08
片チャン完成チューブマイクプリ,取りあえず1 channel分90パーセントぐらい完成。1Uの19インチラックケース(高さ44mm,タカチのケースは内部高36mm)に入れるのでかなり窮屈。メンテする時とかかなりしんどそう。高圧用コンデンサって大きいからサイズを気にしながらパーツ選定をしなければならないし。

動作チェックしてみたらハムノイズもなく,Feedback回路を付加しているからかヒスノイズも少なく滅茶苦茶完成度高くなりそうな予感チョキ メイン部の回路はチョッと晒せないのだけれども,まぁ自粛なんですが,12AX7Aを使った二段の増幅回路を経由後,12AT7を使った一見SRPPみたいな回路を経由して出力。その出力はコンデンサと抵抗を介して一番最初のカソードにFeedbackし,その抵抗をセレクタで変えることで全体の増幅率を変える,という風になっている。まぁぶっちゃけ某有名マイクプリのレプリカですあせあせ

先日購入したアウトプット・トランス,Lundahl LL1524,真空管回路では使えないと思ったのだが試しにつないでみたら普通に音が出たので,取りあえず採用。激太ぶたの鼻と言うと大袈裟かもしれないけど思わずにやついてしまいそうなぐらいいい。定数を変更して増幅率をなるべく下げる予定なので24dBuぐらいのラインのインサートにも使えそう。アウトプット・トランスを新たに買う必要が取りあえず無くなったのでその予算をマイクインプットトランス分に回せるキャラ万歳

posted at 2007/09/08 23:38:34
lastupdate at 2008/03/05 17:36:53
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2007/09/10
チューブマイクプリ,2ch分ほぼ完成。ファンタム用電源回路も装備し,後はマイクインプットトランスを取り付けるだけ。まだ注文もしていないですがスマイルフェイス 一応Focusrite製品でも使われていると言われているLundhalのLL1538を搭載予定。

マイクプリ電源部全体的には某有名マイクプリのクローンなのですが電源部だけはGyraf AudioG9 Micpreと同じ設計にしてみた。というのは1Uのケースに収めるためにはどうしても電源トランスの大きさに制約が出てしまい(しかも奥行き何故か20cmしばり),市販品では高さ36mmで250Vをとれるトランスはまず見あたらない。そこで,G9の電源部をそのまま採用。チョッと変わった設計になっていて110V (220V) : 15V,110V (220V) : 12Vという一般的な電源トランスを二つ使って真空管用の高電圧を得るようにしてある。15V出力に110V:12Vの二次側を接続し一次側の出力を両波整流して245VDCの高電圧を得ている。これだとコンパクトサイズのトロイダル電源トランスを使えるので1Uケースに十分収納することが出来る。

本当は100V:15Vの電源トランスがあればよかったのだがトロイダルのそれがなかなか見つけられなかったのでおなじみRSコンポーネンツでNubotem 91231-P2S2 110V+110V : 18V+18V 30VAと同じく91229-P2S2 110V+110V : 12V+12V 30VAを購入。18Vというのは本来110V用のものを日本国内100V
に接続するため二次側の電圧低下を防ぐため。一応これで組んである一点をのぞいて問題はなかった。その問題はトランスから「ジー」と言うノイズを発する現象。オーディオラインにはそのノイズは乗っていないので我慢すれば使えなくはない,けどやはり気になるので12V用のものを91230-P2S2 110V+110V : 15V+15V 30VAに交換してみた。今度はノイズも発生しなくなった。あまり欲張って差があるものを使うと(物理的に?)ヤバいのかもしれない。

これで完成した電源で1ch当たり2本のプリ用真空管を使っている回路に接続してみたら実測値は235VだったのでG9の回路で言うところのR35+R36,470Ω+47ΩのTL783のVoutをVadjに戻す抵抗値を470+(1/47+1/47)=470+23.5としてみたら約245Vに到達。本当ならオシロスコープで確認すべきところなのだが,一応持っていても年代物で押し入れの奥底にあるので簡単に取り出せず,まぁオーディオを聴いた限りでは問題なさそうなので一応成功しているのではないかと雫 ただチョッと気になるのは真空管ヒータ用の12V。入力と出力の電圧差が大きめのせいかレギュレータ7812の発熱がものすごい。一応12AX7とか一本当たり200mA未満で×4,1A用の7812でもなんとか使える。アナログ電源用に使われる一般的なサイズのTO-220用のヒートシンクでは全然間に合わない感じ。出来るならもっと大きなヒートシンクを使うかケースに直づけして放熱する必要がありそう。自分の場合はケース内の余裕がないので普通サイズのヒートシンクの上に厚めの伝熱性シリコンシートを乗せて天板と接触するようにしてケースに放熱するようにしてみた。一応なんとかなっていそう。

posted at 2007/09/10 23:47:20
lastupdate at 2008/03/05 17:37:25
edit
comments (1) || trackback (0)
separator
2007/09/14
マイクインプット用トランス,Lundhal LL1538(1個¥8.700,2個で¥17,400@トライテック,この手のトランスではこれでも安い方なんですけどね)も組み込んでさぁ完成。コンデンサマイク,Audio-Technica AT4047ATをつないで試してみたがなかなかよさげ。でも,録り慣れているボーカリストさんの声とかで聴いてみないとどの程度のものか判断しづらい。暫く仮唄とか予定がないので試す機会がないなぁキャラしょんぼり

念のために周波数特性を計測してみた。と言っても本格的な機材を持っていないのでWaveGene for Windowsというソフトでリニアにスイープするサイン波のWAVファイルを作り,それをPro Tools 24|MIX (888|24)で再生しプリアンプへ出力。リターン信号をPTで録音しそれをWAVで書き出しスペアナソフトWaveSpectra for Windowsで再生。まぁまあ厳密な周波数特性でもPTなどのスペアナプラグインでは正確に表示されないので面倒だけどこういう方法で計測してみた。

20070914.gif

上の図がその結果だけどなんと32Hz当たりにピークがあって+1.8dB程度持ち上がってしまっている。そりゃ音も太くなるぜ。個人的好みとしては十分ありな特性,四つ打ち系の音を通せばそれだけで「チョー気持ちいい」コピーマーク北島康介,感じになるのだけど専用機というわけでもないのでこのピークを取り除くことに。

カップリングコンデンサの容量があったいないのかとか真空管のせい?とか接続を変えたりパーツを変えたりいろいろ試したのだがなかなかピークがとれない。もしかしてアウトプットトランス辺りといろいろ接続を変えてみたらやっとその原因が分かった。最終的な出力のカップリングコンデンサ(22µF/250V)とアウトプットトランスLundhal LL1524の間に抵抗を入れておいたのだがその抵抗値(47.5Ω)が小さくてピークが出てしまったようだ。これを取りあえず手持ちの抵抗でいろいろ試したら約300Ωぐらいでフラットに。入出力のトランスは参考にした回路図とは違うものを使っているのでそれが原因だったか若葉マーク 手なワケでちゃんとした抵抗を買いに再度アキバへ行かねば。

posted at 2007/09/14 3:58:58
lastupdate at 2008/03/05 17:41:15
edit
comments (3) || trackback (0)
separator