[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/08/11 :: Neo PA-26HD
小柳出電気のNEOブランドから発売されたDigidesign Pro Tools HD用Digilinkケーブル互換のPA-26HDが今日届きました。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-7
3mが2本。本当はお盆明けぐらいの入荷予定だったのですがなんか頑張って(?)生産を急ピッチでやったらしくだいぶ予定より早く届きました。

!!$photo2!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-7
生産は古川電工のようです。太さは純正のもの(7mm)より太いですが,10mm,柔軟性があり取り回しにそんな困ることも無さそうです。

!!$photo3!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-7
矢印があるのだが方向性のあるケーブルなのだろうか?とりあえず矢印のある方にIFをつないでみたけど正解なのか?

音の方は,イントロ一発目でその違いが分かる感じ。クル━━(゚∀゚)━━ !!!!ってところ!?Digidesign純正と比べてみるとナチュラルにあるべきものがそのままきこえてくる印象。逆に純正に立ち返って聞いてみるとストレスがかかっているようなやや神経質そう,中域辺りが窮屈な,デジタル臭いとでも言いましょうか,その辺が気になる感じです。PA-26HDだとそこら辺に余裕があるような鳴り方。よく廉価なオーディオケーブルをオーディオ的に鳴るハイグレードなケーブルに変えたとき体験するような違いを十分に感じることが出来ますね。ただアナログ32chパラ出し(Lynx Aurora8, SSL Delta-Link+Alpha-Link AX)をして外部ミックスなので尚更かも知れないけれども。

そして,なんと9日付けで1.8mものがラインナップに加わったそうです。自分も要望を出した口なのですがその他にも要望があったらしいようです。3mものより約1万円程安い3万強。自分はもう3mを買ってしまったので……[:雫:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« XLogic Alpha-Link MADI AX | main | D-SUB 25pin »»
«« カテゴリ内前記事(MASTER OF MASTER) | recording | カテゴリ内次記事(ROGER) »»
2008/12/28
バウンスとホストアプリ考察
1年位前にPro Toolsにおける内部バウンスと外部録音による音質の違いを考察してみたのだが今回CPUベースのDAEソフトによるバウンスした音の違いを検証してみた。何故か知らないけど年末になるとバウンスが気になるらしいあせあせ

冗談はさておき,ここ数年,レコーディングの流れとしてアレンジャーさんから各音色別ファイルになったオケをもらってそこにオーバーダビングなりをしてミックスというケースが多いのだが,その渡してもらうオケ,たまに「???」と違和感を感じるものがあり,例えば十数KHz蓮時のハイ上がりで中域辺りのEQの引っかかりが悪い,つまり芯が弱い音とか,当初はソフトシンセを使っているせいだろうから「まぁしょうがない」と思っていた。でも,明らかにソフトシンセを使っているだろうけれども芯があるちゃんとしたのもあり「もしかしてDAWホストアプリのせい?」と考えるようになった。

アプリによって,同じにアプリでもプラットフォームで出音が違うということは話で聴いていたのだが,バウンスではどうなのか丁度試せる機会があったのでやってみた。Pro Tools TDMだと外部接続機器に影響を受けるけれども,CPUベースの場合バウンス,レンダリングには外部機器の影響を受けづらいのでホストアプリの素の特性を見ることが出来るのではないだろうか。

試したホストアプリはSteinberg Cubase 4 (Windows),Digidesign Pro Tools LE 7.4 (Windows),MOTU Digital Performer 4.5,Apple Logic Pro。テストは一度Mixした楽曲のパート毎の,例えばリズム・パートだけギター・パートだけとか,mixファイルを作り,その際Masterに使っているエフェクトは全部外しておく,それらをそれぞれのアプリに読み込みトラックに並べフェーダーは操作することなくバウンス,というやり方でやってみた。DAWソフトはそれぞれ独自のミキシング・エンジンを使っているだろうから音の差違はそれなりに出てくるだろうけれども,ステレオ5トラックを混ぜたぐらいではたいした差も出ないかもしれないと予想していた。結果はある程度予想通りだったけれどもそれなりに違いも出た。

試した4パターンのうち違いが目立ったのがLogicだった。音が軽いというか低音のニュアンスが他の三つとは違う感じになってしまった。Kickだけ別処理のものを使った?という感じ。あと若干ハイ上がりになってしまう。PTLEもそうの傾向がある感じだがLogicのほうが分かりやすくハイ上がりになっているように聞こえる。あと微妙に広がりがCubase,DPと比べると狭くなるような感じもする。CubaseとDPは結構差違が少ない。DPのほうが若干トレブル辺りがあがるのがVocalなど若干せり出してくる感じもする。

といったところでロジックぅ‥‥と唸ってしまいそうな結果になってしまった。もしかしたら音質を向上させる技があるのかもしれないけれども,DAEを使うってのはこの場合置いといて,どうなんだろう。

posted at 2008/12/28 16:24:09
lastupdate at 2008/12/28 16:24:09
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字