[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/07/13 :: Benchmark DAC1
こんなものを,も買ってしまいました[:あせあせ:] Benchmark Media SystemsのDAC1を。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
何というか中古をeBayで見つけてちょい熱くなってしまいほぼ勢いで落札。落札額が$875で送料が$120。通関時の消費税も加えると約10万。国内で普通に新品を買ってもよかったかも。国内新品だと約12万程度!?

ADC1 USB,かなり気に入ったのでその姉妹機DAC1も揃えてしまおうと思ってしまったからしょうがない!?でもよく考えたら結構贅沢,というかこれらを新品で揃えたら国内ものだと30後半,40万円弱。マスタリンググレードの超ハイエンドには及ばないもののプロ向け,ProTools等の多チャンネルI/O並のお値段。でもたかだか2ch分。これで8chとかにしたら軽く100万越え。そう考えると凄い?やり過ぎかも知れないけど,このぐらいじゃないと満足できなくなってしまっている[:うっしっし:]

購入前Word Clock inが無くてちょっと不安だったのだが,購入後色々調べてみたら[:あせあせ:]ASRC(Asynchronous Sample Rate Converter,非同期サンプル・レート・コンバーター)を使っているので別途Clockを入力する必要が無いらしい(BenchmarkではUltraLockと呼んでいる)。こちらの『ASRC ICを搭載したDAC基盤を作りたい!』で分かりやすくASRCのアドバンテージとか説明されている。

DAC1ではそのASRCにAnalog DevicesのAD1896を使っている。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
DACチップは同じくAD1853を使っている。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
ハイエンドDACらしい。

といったところで,音質などはまた後ほど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:SearchFilterHost.exe
AIR. at 01/22 20:42
Macoteau T at 01/23 3:05
Chinacat at 07/15 19:10
macoteau at 07/16 4:02
• Re:Wavelab 7
オーディオファン at 12/03 21:40
Macoteau T at 12/04 0:42
オーディオファン at 12/04 22:36

Pageview Ranking
«« バウンスとホストアプリ考察 | main | XLogic Alpha-Link MADI AX #2 »»
«« カテゴリ内前記事(DRV134 vs SSM2142) | diy | カテゴリ内次記事( 一年ぶりOLIMEX) »»
2008/12/29
D-SUB 25pin
[diy
D-SUB 25pin年末も差し迫っているというのにせっせとケーブル作り。今のうちに作っておかないと年明けやってる暇が無いような感じなので。まぁ出来合いを買えばいいのかもしれないけど自分好みのものは売っていない,特にD-SUB 25ピンは選択の余地が無いといった状態。面倒臭いけどD-SUBマルチケーブル(アナログ8ch用,音響機器ではパネルの省スペース化のためバランスライン8ch分をD-SUB 25pin,3×8,1本13番ピンは通常未接続,を使う場合が多い。元々はTASCAMのマルチレコーダーDAシリーズで使われていたものが徐々に一般化した,と記憶している)を数本製作。

普通なら8chマルチケーブルを使うのだが,ここは面倒ながら自分的定番Belden 88760を使用。Beldenの8chケーブルもあるのはあるのだが多分音的に自分好みじゃないと思われ最初から88760。というか試すの面倒臭いし。そう,Beldenと言えばトモカ電気では先月から比べると値段が下がっているようだ。円高差益還元?

D-SUB 25pinD-SUBコネクタとカバーはちょっと高いけどアルミダイキャスト製の日本航空電子工業のものを使用。これはオヤイデのPA-08でも使われているもので,普通使われる金属メッキプラスチック製よりいかにも信頼性が高そう。秋葉原だと千石電商で購入可能。コネクタとカバーで¥1.850。両端D-SUBにすると¥3,700。プラスチック製だと値段は3分の一以下だから高いと言えば高い。

これでケーブル88760を使って両端D-SUB 25pin,1mものを作ると(念のため外装チューブ,タイトン・ヘラゲイン HEGPV0X09とかを使うと)材料費は¥7,600ぐらい。市販品の安物でも1万以上するから自作できるスキルがあるなら自作した方がお得だよね。性能的にも2万円レンジのものぐらいは軽く凌駕できるような気がする。ただテフロンシースのケーブル8本束ねているからかなり堅く取り回しづらいあせあせ

posted at 2008/12/29 22:56:01
lastupdate at 2008/12/29 22:59:08
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字