[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/05/14 :: API 8200A 2台目
連休明けそうそうに米国のショップに注文していたAPIのラックマウントLine Mixer,8200Aが届いてSPL MixDream XPと8200Aが2台でようやくフルディスクリート32chインプット・アナログミキサーが完成です!?8200A2台は一度キャリブレーションしたらつまみ類は基本いじらないのでMiddle Atlanticのセキュリティーカバーで封印。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
そしてついでに8200Aの電源供給ユニット,このPSUは電源ケーブルが非着脱式なので本来電源ケーブルを交換できないのだが思い切ってPUSを分解して強引に交換してみた。ケーブルにはいつものBelden 19364,コネクタにはMarinco 5266BLを使用。太さが10mmの19364に対してケーブルを保護固定するクランプが太さ8mmまでしか入らないので外装シースを剥いてから熱収縮チューブを被してみた。ケーブル端末は圧着端子を取り付ける程度なのでそれほど面倒でもない。元のケーブルに戻すのも割と簡単。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
音の方はローエンド,ハイエンドが伸びてオーディオ的には良い具合になったのだが8200A的には「どうなんだ?」って感じになってしまった,かも[:あせあせ:] グレーのケーブルのDC OUTを変えるとおそらく変化はあると思うのだがまたそれは追々。

今回の買い物は4月末に注文したのだが,その頃は緩やかに円安方向にあって当分円高方向になることはないかもと思っていたらついこないだのギリシャショックで若干損失発生!?ドルの方は思った程変動が無かったので数千円ぐらいだったけど,これが欧州から例えばNeve 8816を買っていたら2万円近くは損をしていたかも,危ない危ない!?逆に欧州メーカーの買うなら今が買い時,なんだけどこれと言って欲しいものがない,か?ただオンラインでプラグインをユーロ建てで買うとちょっとはお得なのかな[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« D-SUB 25pin | main | »»
«« カテゴリ内前記事(XLogic Alpha-Link MADI AX) | rec equip | カテゴリ内次記事(XLogic Alpha-Link MADI AX #3) »»
2008/12/30
XLogic Alpha-Link MADI AX #2
SSLのXLogic Alpha-Link MADI AX,まだ本格的に使っていない,というか本格的に使う前に耳慣らしのために以前やったMixをAlpha-Linkを使って落とし直してみたりしてカラダに馴染ませている状態あせあせ もう綺麗だし鮮明だしで全部これでやり直してしまいたいぐらい。結構Outboardを使っているのでI/Oの違いは大きい。

前回 192 I/Oとの比較はまだやっていないと書いたけど,そういえば先月末自作マイクプリの音質比較をしたときのがPro Tools HDと192 I/Oを使ったものなので,厳密には電源が違ったりホストアプリのバージョンが違ったりで正確ではないけど大雑把なアナログ出入力の音質を比較できるのではないかと思いやってみた。192 I/OのほうはClock MasterにDigidesign Syncを使うありふれた構成。Alpha-Linkのほうの環境はPro Tools 5で,ADAT Bridge 24bit経由でAlpha-Linkと接続しClock MasterはRosendahl Nanosyncsを使用。そして両方とも自作Mic PreAmpを経由。

低音方向は割と同じニュアンス,あまり違いは見受けられない。高音のほうは明らかに192 I/Oのほうが,Alpha-Linkを基準に見るとキツく五月蠅く感じる。唄単体ぐらいだと若干子音が目立ち明るくなった程度だけど,オケ全体で見ると金物類がより出てくるレンジのハイがあがるようだ。Alpha-Linkのほうは地味というよりハイレンジでも落ち着きのある表現をしている,と言えるかと思う。もしかしたらClock Masterの違いも大いに影響があるのかもしれないけどもうちょっと突っ込んだ検証はまた後ほど,また来年に,ということで。

posted at 2008/12/30 20:39:43
lastupdate at 2008/12/30 20:39:43
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字