[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/04/19 :: Marinair T1501再び
去年の9月頃に買ったOld Neveにも使われていると言われるMarinair T1501(購入記,音質比較),最初の内は物珍しさもあって割と頻繁に使ってみたのだが,そんな熱も2〜3ヶ月で醒めて放置状態だった。というかその後Universal Audio 2-610を買ってしまったので用なしになった感じ。しかし最近有効利用法を思いついたのでもう一つ,前回買ったショップに在庫があったので(今回は送料も含めると$300になってしまった)注文して2ch,ステレオ対応にしてみた。っていってもケースに入れずパネル直づけ[:あせあせ:]

!!$photo1!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
自分がRecordingに立ち会える唄録りだとなるべく明るいけれど堅くはないような音質になるようにするんだけど,Vocal Trackも含めたSessionをもらってMixするときなどたまにVocalの音質が堅くなりすぎていたり子音がトゥイーターを突き破るぐらいにキツい音になっていたりして「どうしたものか」と常々悩んでいたのだが(EQで抑えることも出来るがそれだと単純にハイを落としただけになりややもすると存在感が薄れた音になってしまう),先日「T1501を通したらどうだろう?」とふと思ってやってみたらこれが見事どんぴしゃり。いい具合にきつさが取れてスムースな感じになった。以前書いたT1501の音質に女性ボーカルとかには不向きみたいなことを書いたが場合によってはアリと今更気がついた[:あせあせ:]

MixではT1501を通した後にEmbirical Labs Distressorを使っていて,だったら1176とNeveのテイストを併せ持ったStudio Electronics C2sがあるじゃないかと中古を探してみたのだが残念ながら見つけられなかった。というか新品を扱うショップ($で買える)自体が少ないみたい。ユーロかポンドだったら新品でもそこそこ安く買えるかと思ったのに[:うっしっし:]

蛇足。T1501を買ったお店,ここ1年でも数十万の買い物しているんだけど,だからかどうか知らないけど初めてショップオリジナルカレンダーも同梱されてきた。「カレンダーなんかいらないよ」と思いながらも中を見たら毎月には激レアな機材の写真。そして日付には有名ミュージシャンの誕生日とかRupert Neveの誕生日(7月31日)とかEMI Abby Road Opens 1931(11月12日)とかマニアックなものが並んでる変わったカレンダーだったので捨てるにはもったいないかと[:あせあせ:]

!!$photo2!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« VAIO type P Report #2 | main | VAIO type P用壁紙 »»
«« カテゴリ内前記事(Lightroomでレンズ情報を正しく表示させてみる) | photo | カテゴリ内次記事(初猫撮影) »»
2009/02/17
La Vita
[photo
自由が丘のスタジオについてバイクから荷物などを下ろしている最中,ほぼスッピンながら綺麗なお嬢さん二人連れに道を聞かれた。たどたどしい日本語,「ここに行きたいんだけど」的なことを言いながら見せられたガイドブックはハングル文字。旅行ガイドには一応自由が丘近辺の地図は掲載されているのだが,自由が丘を地図で見る上で肝心の線路が十字にクロスしてなくて逆T字型になってる。ってことでどっちが渋谷方面でさえかわからない。無下に「わからない」というのもなんだし,スタジオの人を呼んできて「彼女たちここへ行きたいらしいんだけど,わかる?」って地図を見せたらなんとかわかって道を教えてあげられた。「一つ目の信号を右」とか思いっきり日本語で説明したんだけどなんか通じた感じうれしい顔

彼女たちの行きたかったところは「La Vita」という施設。韓国語のガイドブックに載っているぐらいだから有名な観光スポットと思いきやスタジオの人も名前だけでは分からないところだった。後でGoogle Mapで調べたらなんと「自由が丘」というタイトルのエントリで掲載した写真の場所がまさしくLa Vitaの一部分だったみたいあせあせ 写真の路地の先にガイドブックなどに載っている橋のところに行けるようだ。

La Vita
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

La Vita
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

La Vita
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

posted at 2009/02/18 20:18:17
lastupdate at 2009/02/18 20:18:41
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字