[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/11/10 :: Black Gate Returns
先週ぐらいからちょっと暇になったので,忙しい時期に思いついたけど手を付けられなかった機材のメンテやチューニング,機材システムのアップグレードなんかを集中的にやってて,実験やら買い出しやら,足りないもので自作できそうなのはDIYでまずは設計から,なんてやり始めたら結構やるべきことが多くなってしまって大変なことに。

!!$img1!!そんな中,真空管使用機材のメンテとチューニングのためにSOVTEK 12AX7LPSを数本,Black Gate VKシリーズの電解コンデンサ(耐圧350V)を,写真では6個だけど先週だけでなんだかんだで十数個買ってしまった,今更ながら[:あせあせ:] Tube Micの音をもっと向上させられないかと思って,マイクの中身や電源を見て使われている電解コンデンサが韓国の聞いたことのないメーカーのものだったのでこれらを置き換えればもしかしたらと。中でもB電源の整流回路に使われている電解コンデンサの置換だったら難易度も低そうだし効果もある程度予想が出来たのでやってみることに,そして在庫状況・値段(一個900円弱)を見てBlack Gateでいけそうだったのでそこそこ大量購入となった。

Tube MicのPSUのB電源用6本を全交換してみたのだが,予想通り,低音の伸びがグンと伸びしかも切れのある感じ,さすがBlack Gateと言ったところ。そして,これに気をよくして別の機器の容量が在庫があって合致するものだけを置き換えてみたらこれもいい具合。ヴィンテージで太いのとちょっと違って現代的な太さ,スピード感があってもたつかない感じ。あとトレブル方向も滑らかな感じになった。どういう機器に使ったかはまた後ほど。自作マイクプリではない。と,Tube Micのほうも,今年春先に買ったんだけどまだレポートしてなかった,これもまたそのうち。日本未発売のもので(おそらく)今一番のお気に入り。の割には改造してるわけだが。先日購入した6072Aもこれに使っています。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Monster Digital Firelink Cable | main | P様 »»
«« カテゴリ内前記事(初猫撮影) | photo | カテゴリ内次記事(花屋?) »»
2009/02/27
中央環状線
[photo
大橋ジャンクションの建設現場を見上げてふと思うのは「あれ,ずれた?」ってことは無いのだろうか,ということ。勿論,精密な設計をして測量計測などをしてやっているからそんなことはないのだろうが,ビルのような立方体ならいざ知らず,螺旋構造はありの思いっきり複雑な3D構造,それこそ高性能なCADで3DCGにしてもらってぐりぐりやってやっと素人にも分かる,ような。

そう思うと,首都高,特にC1,都心環状線は凄い。なんたってCADも無い時代に,環状線の全線開通は1967年だそうだ,あんな上ったり下ったり,地中に潜ったり,言ってみれば縦横無尽。それを2Dの設計図だけで作った,模型は作ったかもしれないけど,なんて想像出来ない。専門家的にはどうなんだろう?たいしたことないのかだろうか?それとも専門家的にも凄いのだろうか?

中央環状線
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

写真は建設中の中央環状線の初台交差点付近。幾重にも重なる構造物,思わず惹かれる!?

中央環状線
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

そこから富ヶ谷方面へ山手通りの上を伸びていく。なんかこの曲線を見る度に「美しい」と思ってしまうあせあせ ファンタジーを感じる!?

posted at 2009/02/27 2:51:22
lastupdate at 2009/02/27 2:51:22
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字