[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 09   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/03/17 :: 1176AE and Rhodium
ちょっとついでがあったのでUniversal Audio 1176AEのXLRレセプタクルをコンタクトがロジウムメッキのものに換えてみました。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
写真では分かりづらいですけど,元々ついていたモノはNeutrikのおそらくDLシリーズ(コンタクトは銀メッキ)で,これを同サイズで簡単にリプレイスできるNeutrik DLC-HE-RHシリーズに交換。DLX-HE-RHというのはNeutrikのハイエンドタイプのDLX-HEシリーズ(コンタクトが金メッキでハウジングがベリクロームメッキ)を更にトモカ電気が特注でコンタクトにロジウムメッキを施したもの。値段が通常タイプのモノの3倍以上,DLX-HEの1.6倍以上,と相対的に高い。ちなみにFemaleとMaleのセットで2,330円。ピュアオーディオ・ワールド視点からすれば廉価!?

音に関しては「ついで」だったのでそんな違いは期待していなかったのだが,殆ど自己満足のつもり,意外にも違いが出て嬉しい誤算。最初低音域が出てきた!?と思ったのだがよく聞いてみると全体的に押し出しが強くなった,より芯がある音になった。「録音レベルが違っていた」と一瞬思ったのだがレベル差は0.0xdB程度しか無かったので音質に変化があったと言っていいだろう。いつものことながらその差異は些細と言えるかも知れない程度なのだが,1176AEを通した音を交換前と交換後それぞれPro Tools HDで録音し,音比較にはSteinberg Wavelabで行い二つのWAVファイルを目をつぶりながら目茶苦茶な回数のCTRL+TABで切り替えてどちらの音がフォアで再生されているか分からない状態にしても「こっちがロジウム」と分かる程,いわゆるブラインドテストでも100%認識出来る違い。

ただ交換前のレセプタクルは3〜4年間のモノなので,それを新品に交換したから,とも言えるかもしれないけど,取り敢えず向上はしたので良しとしましょう。

ちなみに1176AEのメーカーサイトのページは消えてしまっているので,なんたって2008年に全世界500台限定だもね,代わりにYoutubeの紹介ビデオはこちら。国内代理店のサイトにあったGoh Hotoda氏のインタビューも消えていてGoogleのキャッシュで辛うじて拾える有様にちょっと淋しい感じ[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Dell E207WFP | main | drama »»
«« カテゴリ内前記事( 一年ぶりOLIMEX) | diy | カテゴリ内次記事(2ch to mono Combiner) »»
2009/03/10
電源ケーブルの色
[diy
Marincoの5266BLに付属する「Wiring Instructions」という説明書を見るとケーブル内部の電線の色により接続する端子を断定的に書いてある。緑色の線は緑色のネジのところに,白い線はシルバーのネジのところに,黒い線は真鍮,もしくは黒いネジのところへ,というように。でも,自分が電源コードを自作する際決まって使うBelden 19364の色の構成はちょっと違う。一本は緑は緑なのだが黄色の線も入っている配色。後は茶色と青。てっきり,こういったものは各社各様であまり気にとめていなかった,Marincoの断定的な書き方は多少気にはなっていたけれども。

先日Dolby Model 363という業務用機材,ノイズリダクションシステム,の調整法を確認するためにUsers' Manualを読んでいたらInstallationの章のPower Cableに関する記述で線の色によって接続する端子が決まっているので注意するように,みたいな部分を発見した。Dolby 363はもろ業務機材で,電源スイッチもついていない常時電源投入している状態で設置されるのを前提としていているから,そして世界中で同じ機能を果たすもののない唯一無二の製品だからそんな記述があるのかもしれない。

InternationalU.S.
live or hotbrownblack
neutralbluewhite
earthgreen/yellowgreen or green/yellow

というわけで疑問が瓦解。Marincoの説明書は米国のローカル・ルール(?)に基づいていて,Beldenのケーブルは国際ルールに沿ったケーブル色となっているようだ。

電源ケーブルの色
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

蛇足だけど,Marinco 5266BLに関してMarincoのWebを見てたら5266にも色々種類があることを発見。YellowとかWhiteとか,Right Angleもあるみたい。

posted at 2009/03/10 20:47:44
lastupdate at 2009/03/10 23:50:47
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字