[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/09/10 :: マイクプリ電源部
チューブマイクプリ,2ch分ほぼ完成。ファンタム用電源回路も装備し,後はマイクインプットトランスを取り付けるだけ。まだ注文もしていないですが[:スマイルフェイス:] 一応Focusrite製品でも使われていると言われているLundhalのLL1538を搭載予定。

!!$img1!!全体的には某有名マイクプリのクローンなのですが電源部だけはGyraf AudioのG9 Micpreと同じ設計にしてみた。というのは1Uのケースに収めるためにはどうしても電源トランスの大きさに制約が出てしまい(しかも奥行き何故か20cmしばり),市販品では高さ36mmで250Vをとれるトランスはまず見あたらない。そこで,G9の電源部をそのまま採用。チョッと変わった設計になっていて110V (220V) : 15V,110V (220V) : 12Vという一般的な電源トランスを二つ使って真空管用の高電圧を得るようにしてある。15V出力に110V:12Vの二次側を接続し一次側の出力を両波整流して245VDCの高電圧を得ている。これだとコンパクトサイズのトロイダル電源トランスを使えるので1Uケースに十分収納することが出来る。

本当は100V:15Vの電源トランスがあればよかったのだがトロイダルのそれがなかなか見つけられなかったのでおなじみRSコンポーネンツでNubotem 91231-P2S2 110V+110V : 18V+18V 30VAと同じく91229-P2S2 110V+110V : 12V+12V 30VAを購入。18Vというのは本来110V用のものを日本国内100V
に接続するため二次側の電圧低下を防ぐため。一応これで組んである一点をのぞいて問題はなかった。その問題はトランスから「ジー」と言うノイズを発する現象。オーディオラインにはそのノイズは乗っていないので我慢すれば使えなくはない,けどやはり気になるので12V用のものを91230-P2S2 110V+110V : 15V+15V 30VAに交換してみた。今度はノイズも発生しなくなった。あまり欲張って差があるものを使うと(物理的に?)ヤバいのかもしれない。

これで完成した電源で1ch当たり2本のプリ用真空管を使っている回路に接続してみたら実測値は235VだったのでG9の回路で言うところのR35+R36,470Ω+47ΩのTL783のVoutをVadjに戻す抵抗値を470+(1/47+1/47)=470+23.5としてみたら約245Vに到達。本当ならオシロスコープで確認すべきところなのだが,一応持っていても年代物で押し入れの奥底にあるので簡単に取り出せず,まぁオーディオを聴いた限りでは問題なさそうなので一応成功しているのではないかと[:雫:] ただチョッと気になるのは真空管ヒータ用の12V。入力と出力の電圧差が大きめのせいかレギュレータ7812の発熱がものすごい。一応12AX7とか一本当たり200mA未満で×4,1A用の7812でもなんとか使える。アナログ電源用に使われる一般的なサイズのTO-220用のヒートシンクでは全然間に合わない感じ。出来るならもっと大きなヒートシンクを使うかケースに直づけして放熱する必要がありそう。自分の場合はケース内の余裕がないので普通サイズのヒートシンクの上に厚めの伝熱性シリコンシートを乗せて天板と接触するようにしてケースに放熱するようにしてみた。一応なんとかなっていそう。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ETCが | main | Spyder2 express »»
«« カテゴリ内前記事(パ,パネルがっ!!) | rec equip | カテゴリ内次記事(G) »»
2009/03/21
GPC-T
ようやくvoltampereのGPC-T,ステップアップトランス付電源コンディショナーと言えばいいような,機材を買いました。

GPC-T
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

Sound House辺りで購入しようかと思っていたのだが,時間がかかりそうなのでネットで調べてみたらPower Recでも,というかSound Houseより値段が安く,在庫ありと言うことなので買いに行った。最近販売価格を下げたそうな。限定プレゼントとしてテスターがもらえたのだが,テスター既に持ってるし断ってしまった。

バイクに乗っけて持ち帰りをして,重量15kgなんで歩きでは持ち帰れなさそう,早速セットアップ。まずはヘッドホンアンプだけを普通のコンセント直とGPC-T経由とで比較。Power Recの展示のところにサンレコの記事も併せて展示されていたのだが,そこに書いてある通りの効果が確認できた。一枚膜がとれたような,高域の伸びがすっきり滑らかになった。次にPro ToolsのSessionファイルで比較。GPC-Tに全機材を接続した状態で2mixファイルを作り過去のファイルと聴き比べ。やはりヘッドホンアンプで試した通りの傾向の違いが出た。

もう一つ,某スタジオで信濃電気 GPC-1500を使ってmixしたものと比較してみた。前出のサンレコの記事ではGPC-1500では確か「良くも悪しくも厚い音」ってあったのだが。実際聴いてみると確かにGPC-1500のほうが全体に厚みがありGPC-Tのほうはすっきりしている。100Hz〜500Hz辺りぐらいだろうか,GPC-Tのほうがすっきり整理されて聞こえるので(GPC-1500のほうは悪く言うとモワーッとした傾向),分離がいいようにも聞こえる。例えばGPC-1500だと両サイドに振ったDistortion GuitarとAcoustic Guitarがややもすると「渾然一体」な感じになってしまい個々の粒立ちが今ひとつなのだが,GPC-Tだとポジショニングが明確に分かるのでクロスもあげやすい!?とか。なので,GPC-1500環境で作ったものをGPC-Tにするとちょっと「アレレ!?」って感じになってしまうかもしれない。

そんなこんなでここ数日GPC-Tを導入した環境で作業をしたのだが,意外に以前の環境との感覚のズレの修正がちょっと大変だった,かも。ちょっと綺麗になりすぎる,感じかな。慣れれば余計なことをしなくて済むので楽なのだがまだその差違を体が覚え切れていない感じ。まぁそれだけ効果覿面な機材といえるけれども。

説明書に書いてなかったのだが,フロントパネルのコンセント左にあるトリマー,弄ってみたらLED式の電流計の調光をするためのトリマーだった。

posted at 2009/03/21 23:25:37
lastupdate at 2009/03/21 23:25:37
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字