[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/09/28 :: Amcron D-150A Series II
Amcron (海外でCrownというブランド,日本国内では商標の関係でAmcron)のパワーアンプ,D-150A IIがとあるネットオークションで1円スタートという形で出品され,数日観察していたところ,終了日近くになってもさほど落札価格が上昇せず,試しに2万円上限で入札したら程なく落札,GETしてしまいました。日本国内だと,状態にもよりますが,最低でも5万円以上,eBay等では$300〜ぐらいで,結構お得感があるところで落札出来た。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
この上位機種,DC-300A IIは大型コンソールを導入しているレコーディング・スタジオでよく見かけることの出来る知られた存在のパワーアンプで,自分もそのひとりなのだが,それとYamaha NS10M Studioの組み合わせに慣れ親しんだ人も多数いるかと,そしてD-150A IIはその出力を半分(4Ω接続時150W+150W)にしたモデル。今回購入したものは,内部を見てみるとメタルCANパッケージのOpAmp,National Semiconductor LF357Hが使われていたので初期〜中期型と思われる。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
落札から品物の到着までの間,いろいろネットで調べてみたら,それなりに年代物であることから音声回路中の電解コンデンサはReCap(コンデンサを置換する行為)したほうがいいとか,OpAmpも交換した方がいいとか,そんな個人的に興味がある情報(あるいは性に関わる情報?)が脳内増幅してしまって,当然のことのように到着後,正常動作確認後そうそうに改造を施してしまった。

電解コンデンサは,音声回路中に使われているELNA製標準品の10µF/50Vのもの4個と,同容量の日本ケミコンのもの1個をすべてELNA Silmic II (オーディオ用小型高級品)にリプレイス。ネットでよく散見するのはニチコンのMUSE KZシリーズ辺りに交換しているのだが,過去の経験則からSilmicのほうが個人的好みに近くなる可能性が高いはず,との理由で選択。OpAmpはBurr-Brown (Texas Instruments)のOPA604に交換。本当は高級オペアンプ(?)OPA627BP(1個3,980円でペアで約8K円)も用意しそれにかえるつもりだったのだが,スピーカーアウトから盛大なノイズ,テスターで測ってみると十数ボルトのDCがでてる,が発生し手の施しようが無かったので,押さえのつもりで用意しておいたOPA604A(1個500円)を使用。627もFET入力なのに何故?

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
こちらのページを参考にしつつ各所テスターを使って調整。サービスマニュアルなどは米国CROWN社のこのページから入手可能。

音質の変化,ReCapによる差違は動作チェック程度の試聴で交換してしまったので比較できないのだが,OpAmp置換,OPA604にしたことで,個々の音がしっかり描写される傾向,粒立ちが向上し,やや賑やかすぎる感じが軽減された。歪みギターなどはより芯がある音になって存在感がある感じになった。あと,ついでに電源ケーブルをBelden 19364に交換しコネクタは5266BLに交換。

それ以前までに使っていたのがSANSUIのAU-α607XRという90年代中頃登場ののプリメインアンプ(仕様などはこちらのページで)で,比較してみるとサンスイの方は音楽観賞用アンプらしく中域をリッチにして分離の良さよりも全体の響を重視した感じなのに対してD-150A IIは分離の良さが際立つ,個々の音に芯があり,低音域も粒立ちもいいながら量感もある,よりモニタらしい傾向になった。長年スタジオで使われているだけのことはある。

何故今まで民生用アンプを使っていたかというと,重いから替えるのが面倒というのもあったけど,10M Studioではミックス時に小音量でバランス調整,音色微調整程度をするだけだったので,パワーアンプどうのこうのの優先順位がかなり低かったせい。今回期せずして安価で入手出来たためのリプレイスは,ちょっとしたハプニング。その代わり,言い訳がましいけど,音作りの大半を行うヘッドフォーン環境は,パーツ費だけで10万円は超えているだろうディスクリート自作HPAと,CardasのケーブルにリケーブルしているUltrasone Editon8を使っているので,投資的には通常ケースと全く逆になっているけどそれ相応なのでは,と思っている。普通数十万モニタ環境に投資するならGenelec辺りをまず揃えるけど[:あせあせ:]

と云ったわけで,やっぱり10M StudioとAmcronの組み合わせはいい,としみじみ感じております。と云ってもこの感覚は10M Studioと寝食を共に,と云っても過言では無いほど長年付き合ってきた,いかにもRecording Engineerのそれなのかもしれない。ので,ネットや雑誌の評判を鵜呑みにして最早中古でしか入手出来ないテンエムに手を出すと痛い目に合うかも,とは思う。別途,テンエムを良質のモニタとして鳴らすための経験とノウハウが必要になるから。しかしこれは残念ながら売っていない。代価を払ってそれを提供してくれる人はいるが。

と,後半,全然D-150A IIとは関係の無い話となりましたが,このアンプの改造・調整中,横着しすぎ,テンエム接続したままでやってしまったのでウーファーを片方ダメにしてしまいました。運良く近所に交換用パーツを扱っていて,かつ在庫有りのところがあったので事なきを得ましたが。もう販売開始以来20年は経とうかというのに(製造中止から約10年!?)パーツが入手可能なのは有り難いこと。ちなみにトゥイーター,ウーファーどちらも1個7千円前後程度で,取り寄せでOKならば入手困難なものでもない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« type P液晶交換見積 | main | tokyo 'blue' tower »»
«« カテゴリ内前記事(檜町公園) | diary | カテゴリ内次記事() »»
2009/04/28
デジタルカラーグレーディング
[diary
っていうがあるそうです。深夜のTVでやってた。

どういうものかというと映画などの映像をデジタル処理で色補正を加えたり,映像のレタッチみたいなこと(?)をするようです。番組では主に映画(ドラマ)『赤い糸』でどのような処理がされたかを担当した阿部氏が自ら説明されていた。例えば夏祭りのシーンでは照明の足りないぶんを足したり,役者さんの顔に照明が当たりきらないのを顔だけちょっと明るめにしてあげるとか,これらはまさに写真画像で自分でも良くやってるような補正。その他『赤い糸』は夏の間だけで撮り終えたので,例えば冬のシーンなんかは空とか諸々夏っぽい色具合を冬のように細かくエディット(というのだろうか)しているそうだ。例えば冬場の丘の上を走っていくシーンの青々とした草が生い茂っている丘をまとめて枯れた具合にしてしまう。静止画だったらレタッチソフト,Photoshopで簡単にできるけど動画,しかも映画館でスクリーンに映し出せるクオリティの動画でやるってのは凄い。イマジカのここにあるシステムでやっているみたい。

驚くことばかりじゃなく写真のレタッチでも参考になるような技も紹介されていた。例えば主人公が落ち込んでいるシーンにはシアンをちょっと強めにしてあげるとまさに「気持ちがブルー」なのをより演出できるそうだ。その逆に楽しい場面,暖かい雰囲気にするためには赤みを加えてやる。また,撮影の段取り上夕方のシーンを午前中にした場合なども全体に赤みを足して,色温度を下げて,というのか,をしてやると夕方らしくなるそうだ。あと自分もロケ地巡りをしてしまったケーキ屋前のシーン。お店を正面にみるとどうしても左側に街灯が写り込んでしまうのだが,自分の撮った写真でもそうだった,これを目立たせないように,そしてお店の前で2人が向かい合う場面を印象づけるために繪の周辺を意図的に暗くしているそうだ。

以前『赤い糸』について「絵が印象的で思わずじっくり見てしまった」と書いたのですが実はカラーグレーディングを担当した阿部悦明氏の技に魅了されていた,ということだろうか。昔なら晴れるまで待つとかしただろうに何を横着な,と思う方もいるかも知れないけど,自分は音の方で日々デジタル技術を駆使して様々な事情をまさに補正し,やってる本人しか分からないだろう小技で演出を試みているわたしとしてはちょっとしたシンパシーを感じてしまった。

デジタルカラーグレーディングというわけで自分もやってみたあせあせ 右がオリジナルで下が加工したもの(画像クリックで拡大表示)。

デジタルカラーグレーディング
SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

posted at 2009/04/28 23:14:14
lastupdate at 2009/04/28 23:14:14
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字