[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 07   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/08/25 :: Lynx AES16e #3
Lynx AES16eレポートの第3回目(第1回,第2回)。今回はAES16e用の自作ケーブルの話。

AES16e用のケーブルは特殊で,BNCが1本とAES/EBUのIn-Outが4組,通常は純正品のCBL-AES1604という型番のマルチケーブルが必要となる。Lynxのページには$60となっていて案外安い。第1回目で触れたのだが,純正品は品質が今ひとつと言うことなので,当然自作してみた。というか過去にオーディオ系のマルチケーブルって買った記憶がないんだけど[:あせあせ:] アシスタント時代に「マルチケーブルは自分で作るもの」と調教,じゃなくて教育されたからかもしれない。

AES16eの使用目的はMaster Recorderとしてなので必要なのはWord Clock InとAES/EBUのIn-Outのワンセットと非常にシンプル。使用したパーツはいつもチョイスしているものばかり。ケーブルはWord Clock用にBelden 1506A,AES/EBU用に1801B。1801Bの細さはマルチにするとき便利。コネクタはBNCにCANARE BCP-H3BとAES/EBU用に今回は普通にNeutrikのNC3FXXB,NC3MXXBを。ちょっと特殊なD-SUB 26ピンは東ラジデパート1Fの神保商会で購入。カバーとあわせても700円程度で安価。もうちょっと高級なものをと思ったものの選択肢がそんな無さそうなのでしょうがない。D-SUBのネジは後日手回し式のインチネジに交換(千石電商で購入)。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
D-SUB26ピンはちょっと厄介かもと思ったもののWord ClockとAES/EBU in-outが1系統だけなのでそれほど難しくなかった。ピンのピッチも激狭ではないし。おそらく難易度はピンが2列の普通のD-SUB 25pinを扱えるスキルがあれば大丈夫かと。

完成後実装。問題なし,と思ったのだが一つ気になることが。それはAES16eにはSynchroLockシステムという,外部クロック同期する際ジッターを1/3000に軽減する機能を搭載しているのだが,これが割と頻繁に,と言っても最短で十数分に一回ペースでロックが外れてしまう。このSynchroLockは入力されるクロックを解析して完全ロックするまでに数分かかるのだが,そのロックが外れてしまう。ケーブルが悪いのかソースとなるクロックが悪いのか,Rosendahl Nanosyncsを使っているのだが,今ひとつ不明。純正ケーブルも購入して検証した方がいいのか思案中。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« AMD Opteron 275 | main | 異なるCASレイテンシーのメモリを混在させる »»
«« カテゴリ内前記事(バベルの塔) | diary | カテゴリ内次記事(ビンタガール オーディション) »»
2007/03/04
Akihabara@depth
[diary
買い出しに,久しぶりに秋葉原に行ってきた。いろいろ小物,大陸志向のDCT-FUTA1,これは後日レポートする予定,とSCSI HDD SCA80pinを68pinに変換するアダプタAinex SCA-8068Aとチップセット用に使う4cmのファンとか。今時SCSI関連パーツを買うのも気が進まないのだが,去年の末ぐらいに間違ってSCA 76GBをヤフオクで落札してしまい,安さに目が眩んでコネクタ形状まで気が回らなかった,それを何とか利用できないかとアダプタを買ってきたのだ。68pinなら兎も角SCA 80pinは人気が無いから転売は効果的じゃないし,中古店で下取りしてもらっても二三千円ぐらいだから,なんとか使う方向でという事情もありつつ。音楽の制作現場でももうSCSIも時代遅れな感じだけど,DVDマスタリング職人の友人に言わせると連続読み書きが常時発生する用途ではSCSIのほうがいいそうだ。

もう一つ,見つけられたら買おうと思っていたアナログデバイセズのAD8066ARを4個ほど(一部で話題の??),東京ラジオデパート2F奥のお店で購入。5個1パックになっているのでおばちゃんの手を煩わせてしまった平謝り そんな面倒をかけたにもかかわらず端数をザックリおまけしてくれて,感謝感謝。缶珈琲1本分得しましたチョキ 去年末に中古で購入した機材が思いのほか音が薄くてその対策用。一応ストックにバーブラウンのOPA2134UAもあったのだが今回はアナデバでということで。

Akihabara@depthアキバも昨今の再開発の波に飲み込まれて,行くたびに,インターバルが長いからなおさら,その変貌ぶりにおのぼりさんがごとくキョロキョロしてしまう。三菱銀行や日通が入っていたビルも無くなっているし。でも,東ラジ界隈に行くと変化が極小でなんかホッとしてしまう(写真はいつもの通り道)。楽器用自作エフェクターのパーツを買いに北関東から買い出しにきた頃からだから,ウーム,もう四半世紀かも,アキバ歴。80年代初頭ぐらいにはMSXというおもちゃみたいなパソコン(?)にはまって,その拡張用のパーツなんかもあさりに来てた。当時,MSX用のテンキーを自作してたりしてたし。そういえばその頃の外部記憶装置はFDDが買えなかったからもっぱらカセットテープで自作プログラムを保存してた。ピーヒョロヒョロってFAXの送信音みたいなものをカセットに録音して。たぶんその転送レイトは数百bpsだったんじゃないかな。おそッキャラしょんぼり

posted at 2007/03/04 0:11:01
lastupdate at 2007/03/08 17:49:01
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字