[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 07   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/01/19 :: Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
去年の11月ぐらいに導入したAntelope Isochrone OCXに,実は割と直ぐにルビジウムクロック・ユニットを追加してました。ただ純正のクロックジェネレータ,Isochrone 10Mはとても手が出ないのでヤフオクで見つけた格安のルビジウム発信器DATUM LPRO-101,コンデンサをカスタムアップグレードしてあるDC12Vの電源装置付2万円弱,を購入して使っています。

去年の段階は間に合わせで某機器の空きスペースにねじ込んでいたのですが,こんな風に。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
年明けてシステムを刷新したついでにちゃんとした1Uラックマウントケースに入れてみました。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
この手のケースはタカチのもの(ER型EIA)を使うのが常道なのですが(?)今回はパネル加工がしやすそうな奥澤(秋葉原,東ラジデパートB1F)オリジナルの1U,奥行き15cmのラックマウントケースを使用。タカチのはパネル厚が3mmなのに対して奥澤オリジナルは1.5mmで半分の厚さ。しかも値段も約半分。ただ,タカチに比べると明らかに剛性に乏しく大きめのトロイダル・トランスを使った電源回路を搭載するのは危険な感じ。今回のようなスイッチング電源だと問題無さそう。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
LPROが丁度収まる高さで上下から放熱出来るようになった,偶然にも。手で触れない程ではないのだが結構ユニットが熱くなるので放熱はそこそこ気を配らないといけない。ついでに端子「LAMP VOLTS」からの出力でウォーミングアップ時にLEDが点灯するようしたみた。IECインレットには念のために(?)ロジウムメッキのFurutech FI10-Rを使って配線にはアクロリンクのモノを使いそこそこ良い具合に[:あせあせ:] ちなみに電源スイッチは装備無し。パネル加工が面倒だったこともあるけど,業務用機器にありがちなマスター電源をONにしたら常時稼働というのにならってみた。LPRO-101のUser's Guideには電源投入後3〜4分でAtomic Lockし,30分で出力周波数がFull Accuracyに達するということなのでむしろ常時電源投入のほうが都合がよいのかも。

肝心の音の方は,純正Isochrone 10Mを使ったことがないのでそれとの比較は出来ないのですが,Isocheone OCX単体と比べるとルビジウムクロックを注入すると明確に変化し,48kHzでは中低域の豊かな感じが内蔵クリスタルオシレーターより更に充実する傾向。また分離の良さ,クリアさは内蔵クロック使用192kHz/4と比べてもひけを取らない感じになる。エッジ感も十分。逆にRubidium Clockを注入したものと192khz/4を比べると後者がやや軽い,低音の充実具合が少し劣る気がする。そして192khz/4と48khzをRubidium Clockを入れつつ比較すると意外に48khzの方が中低域の豊かさが僅かに勝っているような感じ。なので現在はまっとうにメインクロックアウト1〜6を順当に使用。

クロックの世界は果てしなく上がある領域なので,100万円以上がざらにある,とりあえずはこの辺でやっていこうかと思ってます[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Akihabara@depth | main | 2GBの壁を越えてみる »»
«« カテゴリ内前記事(AMD Opteron 275) | pc for daw | カテゴリ内次記事(2GBの壁を越えてみる) »»
2007/03/05
異なるCASレイテンシーのメモリを混在させる
先日,本職がテクノポップなとあるアーティストさんから「生弦を使ったようなオケにしたいんだけど」ってSOSがあったのでCubase用PC(K8N Master2-FAR置換後,Opteron 275装塡前)を担いで出動した。オプ機初外出ダッシュ

最初はVST System Linkを使って持ち込んだPCを音源として使おうと思ったのだが何故かリニアリティが悪くファイルをオプ機にコピーしてやることにした。VST System LinkとはCubaseやNuendoの搭載されている同期システムのことで,Audio I/Oのデジタル同士を繋ぎ任意のチャンネルの1bit分,もしくは任意の1ch分を使ってMIDIの送受信,同期信号の送受信などを行う機能のこと。

アレンジ自体はパート分けも含めほぼ完成していて,後は音源にあわせたアーティキュレーションを細かく与えていくだけなのでさほど難しいことは無かったのだが,PCのほうがメモリ不足でCubaseが落ちまくり無駄に時間がかかってしまった。弦がフルパート(5パート),急ぐので必要な奏法のものだけロードというわけにもいかず,キースイッチで十数種類の奏法を切り替えられるプログラムをまんまロードし,しかも数種類の木管金管も,ということでかなりアップアップ。ソフトサンプラーにはKontakt2を使っていたのだが,OptionsのDFDの項をいろいろ調整して何とか全部再生させることができた。

取り敢えずミックスまで終わり,「さて改善しとかないと」と思い立ち,以前ギタリストでアレンジャーで学校の先生の同じくCubase使いの某氏と,Kontakt2を使っているときやBFDを使っているときメモリ不足で不安定になるみたいなことを話したら,Windows XPはアプリケーションが使うメモリは2GBまでだけど物理メモリを3GBにしておくと割と安定する,みたいなことを言っていたのを思い出し,これを何とかやってみようと。

Cubase用PCはPC3200 1GB CAS 3.0×2 ECC Registerd,の合計2GB。以前使っていたPC3200 512MB CAS 2.5×2の合計1GBはCASレイテンシーが違うから一緒に使うことはできないと思い,録画用PC(MSI K8T Master1-FAR, Opteron 140)に移していたのだが,これを何とか使えないかといろいろ調べてみた。ちなみに予備に256MBがストックしてあったのでこれを録画用PCに使うことにした。

なかなかジャストフィットするページを見つけられなかったのだがHPのとあるページでもしかしたらと思えるようなことが書いてあった。

異なる動作周波数のメモリを混在して使用することは可能ですが、 混在して使用した場合、 動作周波数の低い速度にあわせて動作します。

もしかしてCASレイテンシーが違っても行ける?と考え早速やってみた。BIOSのDRAM Configuration,Timing Modeを「Auto」にしていた状態で「DDR333 (PC2700) CAS 2.5」で見事起動!起動後Cubaseやらなにやらいろいろ動かしてみたが問題はなさそう。でも,333MHz,Memory Bus 166MHzだと200MHzより若干性能が落ちてしまうので,BIOS設定で強制的にクロックやCASの値を変えて使えないか試してみた。200MHzだとCL 2.5,3.0ともに起動プロセスで落ちることもあり,また,起動しても動作が不安定で,Cubaseで前出ファイルを読み込んだ時点で落ちるなどかなり不安定。クロックをちょっと落として180MHz,BIOS起動画面だとDDR200と表示されてしまう設定だと取り敢えず問題なさそう。でも,安全を考えて今のところ166MHz,CL=2.5で運用中。

ということで若干性能は落ちるものの物理メモリ3GB環境ができたので,さてCubase + Kontakt2の具合はどうかと。さすがに前出ファイルは無事再生しているのだが,試しに新たなサンプルを読み込むとなると落ちまくりで思ったほど効果がない。タスクマネージャでみるCubaseのメモリ使用量もそのアップアップの状態で1GBちょいぐらい,まだ未使用部分が結構ある。この未使用部分もガッツリ使ってフルオーケストラもどんと来い,っていう状態にしたいのに。これが2GBの壁か?

さてこの壁は越えられるのか??ということで次回。おそらくWindowsでDAWをやっていて,いつもメモリ不足に悔しい思いをしているひと必見なエントリになることでしょうチョキ

posted at 2007/03/05 2:43:45
lastupdate at 2008/03/05 19:43:10
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字