[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/08/21 :: Timbre Balanced
最近こんなものを買いました。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
Kimber KableのTimbre Balanced interconnect。日本では約3万円ぐらいするものがeBayで約$100であったものでつい[:あせあせ:] 送料が約$16,換算レートが手数料込み80円の頃だったので約9K円,安い[:!!:]

Vocal Dubbingなどの時等Mic Pre→Comp→ADCの接続にBelden 88760をずっと使っていたのだが,ちょっと気分を変えて,使ったことのあるCardasかKimberのどれかに換えてみようと思っていたところにTimbreが値段共々目に付いた,というのが購入の理由。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ケーブル部は一目でKimberと分かる構造。XLRコネクタはSwitchcraft製のものが使用されている。商品紹介のページでは銀メッキコンタクトだそうだ。

Belden 88760にNeutrik NC3XXX-HE-RH (コンタクトロジウムメッキ)をつけたケーブルとその音質を比べてみるとハイエンドの伸びがよく,かつシルキー。中低域もリッチ。Timbreで聴いた後に88760を聴いてみると地味というか迫力不足を感じてしまう。逆に言えば88760はそれだけナチュラルでフラット,Timbreはよりリスニング向けと言えるかもしれない。ただこれらの傾向は購入目的にむしろ合致しているので「つい」の割にはGood Choice!既に何回かRecordingに使用しましたがいい具合にシルキーで満足。こうなると上位のHEROとか興味が湧いてしまうが……

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Benchmark ADC1 USB #2 | main | type Pの音が意外と »»
«« カテゴリ内前記事(Benchmark ADC1 USB #2) | rec equip | カテゴリ内次記事(Benchmark DAC1) »»
2009/07/08
メーター電球交換
いつの間にかAvalon Design M5,ハーフラックサイズのマイクプリアンプのレベルメーターの電球が切れていたので,使用上支障は無いもののそれも淋しいので交換してみた。しかし国外から個人輸入したものなので国内代理店のサポートは受けられないからあくまでも自力。

ただ電球を交換するだけではつまらないのでこれをLEDにしてみたらどうだろうかと思いパーツを求めにアキバへ。問題は基板上のソケットにキチッとはまるパーツの入手。まずはラジオセンターのお店をくまなく見ていったらサンライズというお店でまさにこれというパーツを発見。

メーター電球交換
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

お店の人に使い方をレクチャーしてもらって,といっても半田でLEDと適当な抵抗器を真ん中をプラス,側をマイナスとしてつければいいだけと言うことで直径9mmの口金を二つと8mmの白色LEDを購入。電球色のLEDの方がいいかと一瞬思ったのだが白色でも問題無いだろうと。一応念のために普通の電球を東ラジデパート2Fの鈴喜デンキで12V 0.11Aを購入。2個1パックで150円。ちなみにM5は電球が2個必要になる。

帰宅後早速製作開始。抵抗は経験と勘で1kΩにしたら丁度良かったので1kに決定。切れていた電球は一つだけだったので片方をLEDにしてみたら一方の方の電球は点灯しなくなってしまった。おそらく二つは直列でつながっていて抵抗値が高いと電球は点灯しないのかも知れない。というわけで両方ともLED化してみたら二つとも無事点灯。むら無くメーターを照らすためには光を拡散するそれようのキャップがあればそれを,なければ適当なもので拡散するようにすれば問題無いでしょう。

メーター電球交換
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

で完成後のメーターは下の写真の通り。って分かりづらいかあせあせ まさにクールな感じ。LEDの色をオレンジとか紫にすると派手になって面白いかも!?おそらくU5も,その他Avalon製品は同じ口金が使えると思うので電球交換代わりにLED化してしまうのもありかなと。とりあえず長寿命だし。ただしあくまでも自己責任でお願いします。

メーター電球交換
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

蛇足。ついでというか本当はこっちがメインだったのだがまたまた電源ケーブル製作のためのパーツを求めに東ラジデパート2Fの桜屋電機店に行って,いつも買っているMarinco 5266BLが見あたらないので店員さんに聞こうと「マリ」と言いかけたらかなりくい気味に「無いです」と言われた。もうすっかり覚えられてしまっているようだあせあせ 今までの仕入れ先から入手出来なくなって新しい仕入れ先を見つけている最中とのこと。しょうがないのでオヤイデで同じメッキ無し真鍮のHUBBELL HBL8115Vを購入。

【7月10日加筆】
上記の口金,千石電商で更に安く種類も豊富に置いてあった。

posted at 2009/07/08 20:16:42
lastupdate at 2009/07/10 14:03:49
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字