[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 05   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/01/20 :: Kenko Mirror Lens 500mm F6.3 DX
何を血迷ったかケンコーから出ているミラーレンズ500mm F6.3 DXという超望遠レンズを買ってしまいました。APS-Cだとなんと750mm!!そんな超望遠軽く10万円オーバーと思いきや,なんと,2.5万円(ヨドバシで,もっと安いところも勿論アリ)。ただこのレンズはTマウントという聞き慣れない方式なので各社一眼レフに取り付けるためにはアダプタが必要。でもそれも約2千円ぐらいで,トータル3万円以内で500mm。そりゃぁフラフラッと買ってしまいます!?

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM, Pentax K-5
とりあえず太い。長さはSMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDMとさほど変わらないのだが太さは超望遠らしい御立派さ?!ちなみにMade in Korea。米国ではBowerブランドで売られている。Bowerって米国のカメラ・アクセサリーメーカーらしい。

買ったその足で新宿駅南口辺りで試し撮り。露出は仕様上F6.3固定で当然マニュアル・フォーカスで夜となかなか難しいと思えたのだがK-5の高感度,手ブレ補正の威力で手持ちでこれぐらいは撮れた。結構驚き。

!!$photo2!!Kenko Mirror Lens 500mm F6.3 DX, Pentax K-5
何も望遠で撮るべきものでは無いけれども[:あせあせ:] 今の時期ライトアップされていてそれを撮影している人が多々いたのですが自分一人だけ超望遠で明後日の方をとり続ける変な図でした[:あせあせ:]

!!$photo3!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
陸橋手前からタカシマヤタイムススクエアを。勿論トリミング無し。流石500mmはスゴいけど逆に街中では使い道がかなり限られる,というか無い?

実際撮影してみて,絞り優先にしておいてシャッタースピードをちょっと気にしておけば問題無いぐらい手軽なのだが,様々ブログやレビューで言われている通りピントはかなりシビア。自分程度のスキルだとほぼ運任せ,神頼み状態[:あせあせ:] その前に,夜で手持ちで500mmってあり得ないだろう,ってのもあるけどかなりピント合わせは難しい。あと欠点はアダプタをかましているせいかK-5につけると距離指標が左斜め下辺りに来てしまいちょっと見づらい。でも,それらの欠点を払拭するおもしろさは,まだ購入して数日だけど,あるように感じる。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 2GBの壁を越えてみる | main | ちょっとスムーズ? »»
«« カテゴリ内前記事(2GBの壁を越えてみる) | pc for daw | カテゴリ内次記事(メモリ4GB) »»
2007/03/07
DCT-FUTA1
この前買ってきたPCIカードをPCI Express x1で使えるようにする変換アダプタDCT-FUTA1,試してみました。結論は撃沈!うちの環境吹出しではまるでダメでしたNG

試したPCIカードはサウンドカードAudiotrak MAYA 44 MKII,SATAインターフェイスボードBuffalo IFC-ATS2P2の2種類。両方とも一応カードは認識されるものの正常に機能しないという有様。サウンドカードのほうはソフトからもちゃんと認識されていて専用のミキサーソフトも機能するんだけど音が出力されない。ザーと言うかブーンというかノイズはするものの肝心の音が出ない。SATAインターフェイスボードのほうはBIOS画面ではHDDがちゃんと接続されているように表示されるのだがOSからは見えていないようで当然マウントされない。

インターネットでの評判では割とすんなり行けそうな気がしていたのだが。ガッカリ涙ぽろりものがものだけに相性問題で返品も当然できないわけでブーイング

もうひとつ一緒に買ってきたSCSI SCA80pinを68pinを変換にするアダプタAinex SCA-8068A。こちらはものは問題なかったのだが肝心のHDDがマックでだと認識はするもののまともにフォーマットすることさえできない。試しにWindows機のほうでLow Level Formatをして正常動作することを確認してからもう一度マックに繋いだのだがそれでもダメ。

ダメかもしれないと思ったのがダメだとショックはそれほどでもないけど,問題なしと思っていたものがダメだとショックはでかい。でも最近は「さすがマック」と唱えることでショックも程よく中和できるようになった。単に変に期待していないだけだがあかんべー

posted at 2007/03/10 6:38:24
lastupdate at 2008/03/05 19:43:47
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字