[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 11   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/02/07 :: TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II
実は先月下旬ぐらいにこんなレンズも買ってました[:あせあせ:]

!!$photo1!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16というもの。高層ビルを下から迫力あるように撮ろうと思ったもののその時装着していたTAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACROでは画角が足りない,やっぱ広角!?なんてことがありつつ,ヤフオクでいろいろ物色していたらTAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di IIが出品されていて,中古ながら使用頻度も少なく状態が良さそうだったので頑張って落札してしまった。もぅいい加減新品レンズ買えよッ!純正買えよ!って感じですが[:うっしっし:] さすがに新品の半値,とはいかなかったもののまぁまぁそこそこな(?)お値段だった。

最近はもっぱらSP AF17-50mm F/2.8 XR Di IIを取り付けたままウロウロしてます。先月末の自由が丘の写真もこれで,夜景,暗がりを撮したがりなわたしとしては,ってほぼそればっかりな気がするが,F2.8はなかなか具合がよろしい。写りがどうとか言う程スキルが無いのでそうそう語れませんが,TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Diよりも鮮明な気がするのは気のせいだろうか。

落札してから気がついたのだがこのレンズのメーカーの紹介ページのコラム,『西平式”二刀流撮法”のススメ』のお勧め組み合わせ(スタイル2)に偶然にも合致したものになってしまった。別にTAMRON好きってわけではないのですが,手頃な値段についフラフラしてしまいます[:あせあせ:]

これでレンズ4本目,と言いたいとこですが実は厳密に言うとデジタル一眼レフにして4本目で実はPENTAXのフィルムカメラに使っていた,というかなんかのセット販売でついてきたレンズがあって,それもTAMRON[:あせあせ:] MFだけど一応K20Dでも使える。けど,何年も押し入れの奥に放っておいたのでレンズはカビだらけ。

!!$photo2!!TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
TAMRON SP 70-210mm/F3.5-4 (Model 52A)というやつ。なんと約30年前ぐらいのもの。解放F値が望遠端でF4っていうのは凄い。でもカビだらけでもったいない[:泣き笑い:]

全然話は違うけど4月に発売されるOlympus CAMEDIA SP-590UZって凄い。まだその前々機種のSP-560UZは手放さないでいるんだけど,光学26倍ズームって[:あせあせ:] 35o版換算で676mmだそうだ(K20Dだと焦点距離約440mmのレンズで実現できるからまぁそれほどでもない!?)。SP-560UZの光学18倍ズームでも当時は凄いと思ったんだけど。それにしても「背景ぼかし機能」って一体[:なると:] とかデジカメWatchの紹介記事でみる「ビューティーモード」って正直気持ち悪い気がするんだけど。そういえば今時のプリクラの目を大きくする機能ってのも気持ち悪い。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 3D | main | MSI KA790GX-M »»
«« カテゴリ内前記事(Benchmark RM Coupler) | rec equip | カテゴリ内次記事(Lynx AES16e #1) »»
2009/07/28
ADC1とDAC1で
ビッグコミックで連載中の『そばもん ニッポン蕎麦行脚』というマンガで主人公の蕎麦職人,八代綾の台詞「俺は自由なんかじゃないですよ。そばに 完全に自由を奪われています‥(略)‥そういうものを持っている方が,俺は自由より幸せだと思う。」ってのに共感を覚えた。その感じ。年々その傾向が強くなっている気がする。

なんて前置きをしつつ,ここのところスタジオでのレコーディングが少ないので,ひたすらミックスが多い,ADC1とDAC1をレコーディングで試せていなかったのだが,この前とある撥弦楽器で試せた。ちょっと楽器名は出せないけどあせあせ マイクには自前のNeumann TLM127とマイクプリにAvalon M5,コンプはUREI 1176LN rev.H。192 I/Oだとこの組み合わせではアタックきつめな,ちょっとパキパキした音になってしまうのだけどADC1だと痛い感じは全然無く(192 I/OとはAES/EBUで接続。ケーブルはBelden 1696A),それどころかボディの鳴りも十分に再現されていて「ヨシッ親指サイン」と。と同時にちょっと懐かしいというかPro Tools以前の慣れ親しんだ音,3348の音?といっても明確に記憶している訳ではないのだが,のようにも若干感じられた。もしかしたらここ数年何となく感じていた違和感を解消できるかも知れない予感。

そしてついでにADC1のWord Clock Outに192 I/Oを同期させた場合と192 I/Oインターナルでの音の違いも念のため確認してみた。ADC1のWCを使った方は全体的にシャキッとして分離が良い感じ。それに対して内蔵クロックを使用した場合は厚みがあるけど悪く言えばモッサリしているというかこれは好みによって意見が分かれそう。

全然関係ないけどここ最近の感動の一コマ!?

ADC1とDAC1で
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

posted at 2009/07/28 20:51:17
lastupdate at 2009/07/29 0:07:31
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字