[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 05   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/08/19 :: Precise Scale for 1176
世間ではお盆休みだったという先週の山を越えて一段落,来週の山に向けてぼちぼち下準備他諸々,なんて状況。

そんな流れとは関係なくなんとなくUREIやUniversal Audioの1176LN,AE等のINPUT,OUTPUTノブ用の精密目盛りを作ってみて実装してみました。こんな感じ。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
1176LNってのはレコーディングにおける定番中の定番コンプレッサー/リミッターで,唄ぐらいだった1176LNがあれば他はいらない,と言うエンジニアはどれだけいることか。ただ設定の肝になるINPUT,OUTPUTノブの目盛り,純正だと3刻みの(36以上)目盛りしかないので,その場限りのレコーディングなら問題無いけど継続的なレコーディング,過去やった設定の素早いリコールにはちょっと不便。同じ1176LNの断続的に使うとき,エンジニアによってはドラテなどを貼ってマーキングしたりしてセッティングを残しておいたりするんだけど,その後にきれい好きなエンジニアが来てそれをはがしてしまえば後の祭り。

で,精密目盛りがあれば便利というわけ。1176LNのボリュームノブは羽の部分が透明なのでその下に位置するように目盛を貼り付けるようにすれば全体の見た目をあまり変えず目盛を追加するプチ改造ができる。まずはドロー系のソフトなどで目盛を作って(Universal Audioで0.5刻みにするには線を3.33度間隔にする)それをプリント。ブラックパネル用は白抜きになるようにする。用紙はラベルのものならなんでも,質感重視ならシルバーラベルなどを使うと金属風になる。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
切り抜いたら丁寧に貼って,といってもその上にノブをかぶせるので中心部は汚くても割と平気。ただ凹凸が激しいとノブがスムーズに回らなくなるのでその点は注意が必要。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
「Macoteauはそんな自由にいじくり倒せる1176を持っていたっけ?」って思われるでしょうが,その話はまだ後ほど。

で,その目盛のデータ,一応PDFで用意したので参考までにどうぞ。切り抜いて使うの前提だから周辺部は割とアバウトだけど[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« SpitFunk - BROTHERHOOD the documentary | main | MSI KA980GX-M returns »»
«« カテゴリ内前記事(ADC1とDAC1で) | rec equip | カテゴリ内次記事(Precise Scale for 1176) »»
2009/08/07
Lynx AES16e #1
昨日寝しなに,ちょっと疑問に思ったことがあったので「酒●法● 所持品検査 渋谷警察署」で調べてみたら単語の組み合わせが悪かったのか,単にスルーされているだけなのかGoogleでも数件しかヒットしなかった。で,ノートPCの蓋を閉じて就寝。翌日昼過ぎTVをつけてみたらビックリ,というか「そう言うことだったのか」と納得!?それにしても日本中を手玉にとって逃走中って凄すぎる。

と,どうでもいい前置きをしつつ,先月末ぐらいにLynx AES16eというPCI Express x1対応のAudio Interfaceを購入しました。またもや海外から直買いで新品7万弱。かなりお得。同時期にノートPC,Thinkpad T60p 吹出し で使うためのブツも注文したのだが遅れに遅れてまだ未着。どうにか飛行機には積み込まれた模様だけど。

今回のAES16eはMixの時などのMaster Recorderとして使っているRME Digifaceの置き換え用。DigifaceにはS/PDIF inputしか無くMaster OutのAES/EBU(バランスタイプのデジタル音声)をCANAREのBCJ-XJ-TRAという110Ωを75Ωに変換するインピーダンストランスを経由後,両端をCANAREのBCP-H3Bという半田取り付け式のBNCコネクタをつけているBelden 1506Aを使ったケーブルで接続(メーカー不明のBNC Pin変換コネクタを取り付けて)していて,それでも結構十分と考えていたのだが,Benchmark DAC1をシステムに追加してからDigifaceの音がマスターアウトの音と微妙に違うのが,違うのは当然なのだが改善すべきと思わせる違いが気になり始めてしまった。やはりAES/EBUで受けられるインターフェイスを使った方がいいのかと色々物色開始。

MOTUのTravelerだとWord Clock I/Oも付いていて,しかもノートPCにも便利そう,型落ちだったら中古でそこそこ安いし。と思ったのだが多機能すぎて逆に怪しい,信頼性に不安,というと言い過ぎかも知れないけど,極端に言えば必要なのはAES/EBU inputだけなのでどうせならAES/EBUに集中している製品がよいだろうと,そうなるとモバイル向け製品は皆無のようなのでPCI製品で探索。といってもそれほど選択肢はなくRMEのHDSPe AESLynx AES16AES16eか。その頃,某マスタリング・ルームで暇つぶしで読んだプロサウンドの記事で小鐵氏のところでシステムを刷新してLynx AES16eを導入したというのを読んでそれに決定チョキ 早速eBayで探して注文。前出記事では純正ケーブルよりカスタムのほうが音がいいというので自分も自作で。ホストになるPCはMacの何とかというやつでWindowsを走らせて使うと音がいいと書いてあったと思うのだがThinkpadで使うことを前提だったのでそこら辺はオミット。

Lynx AES16e #1
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

丁度,とあるアルバムのMixing & Masteringをしてる時期に品物が届いたので(一応間に合わせるつもりだったけど)早速実戦投入。詳細はまた後ほど,だけどクオリティアップを実感できる品質だったので結構満足。

posted at 2009/08/07 23:37:27
lastupdate at 2009/08/08 4:16:07
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
大変参考になりました。ありがとう。
S/PDIF->AES->Macという経路を検討しています。Lynx AES16eがいいだろうと思い、
S/PDIF->AES変換について調べていたところ、トランスが一番楽だとの結論に達しましたが、
入手法が分からず困惑していたところこのサイトを見つけました。
記事の中でケーブルを自作されたと書いてありますが、Lynx AES16eに合致する自作用の
コネクタはどのようにしたら入手できるのか、また、関税はいかほどでしたでしょうか、
よろしければ教えていただけないでしょうか?
また、BCJ-XJ-TRAでS/PDIF->AES変換が上手く行くと思われますか?
必要なら、簡単な信号増幅回路を追加しようと思います。

私は、DTMには無縁で、ラジオ等をMacに録音してiTunesやiPodで聴くのを趣味にしています。
コンシューマー向けのオーディオインターフェイスですと、A/D変換をその中で行いますが、
グランドノイズがチューナーに影響を及ぼすので、それを用いる事は出来ません。それで、
A/D変換はDATやMDで行い、それのS/PDIF出力からUSBオーディオインターフェイスを介して
Macに入力しています。最近古くなったせいか、このシステムでノイズが発生するようになり、
別のインターフェイスを検討しましたが、一つのインターフェイスで複数のデジタル入力が
可能な物がコンシューマー向けでは見つかりません。そこで、プロ用のものを、S/PDIF->
AES変換で使おうかと考えています。私のMacにはToslinkもありますが、それは、衛星放送
ラジオ専用になっています。
by chulapantaka
at 2010/10/07 19:39:04
コネクタの類は

» link here «

で書いたのですが全部秋葉原で入手可能です。コネクタはTOMOCAかサウンドハウスから通販出来ます。

AES16eはSPDI/FをXLRコネクタ変換で入力しても認識し音もちゃんと出ます,一応。ただマニュアルにはSPDI/Fに対応しているとは一言も書いていないので推奨されない使い方ではあるとは思います。心配であれば変換コネクタの代わりにフォーマットコンバータなどを介した方がベターかも知れません。

書かれていたことで一つ気になったことなのですが,現在使用のUSBIFは他のパソコンに接続でもノイズが発生するでしょうかねぇ?もし他のMAC,あるいはPCでノイズが出なければMACのUSBでノイズがのりやすくなっていてUSBのPCIe拡張カードを入れそれ経由だったらもしかして,なんて気もしないでもありません。USBのカードだったら数千円程度なのでちょっと試すぐらいならそれほど懐も痛まない気がします。
at 2010/10/08 20:44:04
ご返答ありがとうございます。
S/PDIF入力可能ですか。素晴らしいです! Lynxで問題なさそうです。
現在、DDVOXという安価なUSBインターフェイスを複数使っていまして、SonnetのUSBカードに接続しています。ご指摘の通り、MacビルトインのUSB端子に挿しますと、ノイズが酷くなります。以前似たようなノイズが出たときは、ビデオカードをスリープさせないようにして、対応できたのですが、今回は原因が特定できていません。また、PCを所有しておりませんので、他では試せません。
私的なトラブルのため、お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
by chulapantaka
at 2010/10/22 9:51:14
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字