[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 04   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/12/17 :: LYNX 3D SH-03C
先週末ぐらいからの連日Studio作業,皆さんそろいもそろって,日替わりでくる歌い手さんも含め某社のスマートフォンだけなのにいても立ってもいられなくなったのでドコモから発売されて間もないシャープのLYNX 3D SH-03Cを買ってしまいました[:!?:] 「OSのバージョンが上がったら」とか「モバイルsuicaが対応してから」とか考えていたのですがモバイルsuicaに関してはSIMカードを旧携帯に差し替えれば最悪使えるらしいので,ということもあり購入と相成りました。実に4年ぶりの買い換え[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
色は紫,公式にはFair Blueを選択。機種変で定額制コースのコース変更などの他にSPモード(スマートフォンでiモードメールアドレスが引き続き使えるようにするサービス)のほかiモードも,必要性はかなり低いのだが,継続にしてみた。こうするとSIMカードを抜き差しすることで旧ケータイでiモードが使えるままにできるそうだ。

あわせてSH-03C付属のmicroSD2GBが心許ない気がしたのでレキサー・メディアの16GBのmicroSD [:A型:] ,Class6で普通のものより読み書きが速い,とバッファローのmicroSDをminiSDスロットで使えるようにするアダプタ [:A型:] を購入,ドコモポイントを使うなどして合計4万円ぐらいで収まってしまった。

電話帳の移動は2GBのmicroSDとアダプタで何とかできた。最初16GBでやろうとしたら旧ケータイのSO903iのほうで認識できなくしかたなく2GBで。ヨドバシカメラで購入したのですが、店内に電話帳移動用の機器があって無料ながらセルフで行うことも出来るらしい。実際使ってみて,触ってみてと言った方が正確かも、他のスマートフォンを使ったことがないので比較は出来ませんがそんな遅いとかストレスを感じるほどではないように思います。ただ今まで4年前のケータイを使い続けて平気だった奴の感想だから当てにはならないと思いますが。これがAndroid OS 2.2で更に速くなると言うことなのでそれはそれで楽しみ。店員さんに2.3が発表されたけれども対応予定は?と聞いてみたら「海外では搭載機種が出ましたが今のところ未定です」とのこと。

ソフトは,アプリというのか,は標準搭載のものをで結構十分な気もしたのだが今のところTwitterクライアントのHootsuitのウイジェットと,PCで使っているから,divxに対応しているビデオプレーヤーyxplayerをいれてみたぐらい。Googleマップは初期状態のものヴァージョンが4.1.1,だったかな,だったので最新版の5.0.0にしてみたらちょっと動作が緩慢(地図データの読み込みが遅め)になったような気が[:あせあせ:]

まだ購入後1日ですが,お気に入りはUSB接続をして(カードリーダーモード)マウントされるヴォリュームの適当なディレクトリ,最上階層直でも構わない,に音楽ファイルや映像ファイルをコピーし(転送速度が2MB/sec程度で遅いですが)そのヴォリュームをアンマウントしSH-03C側でアプリ『コンテンツ』を起動してみるとすぐにコピーされたものがリストアップされ再生可能となころ。母艦パソコンと専用ソフトを使って同期なんて面倒な手間は全然要らない。当然パソコンはUSBが認識されればどれでもOK,なハズ。ちなみにWAVは流石に48kHz 24bitはホワイトノイズ状態でだめだったけど16bitなら48Khzでも44.1Khzでも再生できた。ってことはスタジオ作業の終わりにWAVをコピーしてもらって帰り道聴きながら,なんてことも出来,多忙な音楽業界関係者向けかも[:スマイルフェイス:] 音質は,SH-03Cが3台は買えてしまうUltrasone Edition 8で聞いた感想なのであてにはなりませんが,なかなかよろしい印象を受けた。音場が変に狭くなることもなくどっかの帯域が妙に強調されることもあまりなく素直で聴きやすいと感じた。確かにローエンド,ハイエンド,音の分離,透明感等々いつも使っているセット(Benchmark DAC1 [:A型:] + 自作ディスクリートHPA)には及ばないものの全体的なニュアンスに共通するものがあって違和感をそれほど感じることがなかった。試しにOS標準搭載のプレイヤーとSH-03C用のプレイヤー「millmo Media Player for SH」とで聴き比べてみると後者の方が落ち着いている音色で元音に近いと感じた。前者はイコライザ無しの状態でもちょっとジャキジャキしているかも。これでスピーカーがステレオだったらよかったのに,ちょっと残念。

そして,目は結構疲れるかも。PSPも結構しんどい年頃なのでこれはしょうがない[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« 夏ですか? | main | Lynx AES16e #2 »»
«« カテゴリ内前記事(Lynx AES16e #1) | rec equip | カテゴリ内次記事(Lynx AES16e #2) »»
2009/08/19
Precise Scale for 1176
世間ではお盆休みだったという先週の山を越えて一段落,来週の山に向けてぼちぼち下準備他諸々,なんて状況。

そんな流れとは関係なくなんとなくUREIやUniversal Audioの1176LN,AE等のINPUT,OUTPUTノブ用の精密目盛りを作ってみて実装してみました。こんな感じ。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

1176LNってのはレコーディングにおける定番中の定番コンプレッサー/リミッターで,唄ぐらいだった1176LNがあれば他はいらない,と言うエンジニアはどれだけいることか。ただ設定の肝になるINPUT,OUTPUTノブの目盛り,純正だと3刻みの(36以上)目盛りしかないので,その場限りのレコーディングなら問題無いけど継続的なレコーディング,過去やった設定の素早いリコールにはちょっと不便。同じ1176LNの断続的に使うとき,エンジニアによってはドラテなどを貼ってマーキングしたりしてセッティングを残しておいたりするんだけど,その後にきれい好きなエンジニアが来てそれをはがしてしまえば後の祭り。

で,精密目盛りがあれば便利というわけ。1176LNのボリュームノブは羽の部分が透明なのでその下に位置するように目盛を貼り付けるようにすれば全体の見た目をあまり変えず目盛を追加するプチ改造ができる。まずはドロー系のソフトなどで目盛を作って(Universal Audioで0.5刻みにするには線を3.33度間隔にする)それをプリント。ブラックパネル用は白抜きになるようにする。用紙はラベルのものならなんでも,質感重視ならシルバーラベルなどを使うと金属風になる。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

切り抜いたら丁寧に貼って,といってもその上にノブをかぶせるので中心部は汚くても割と平気。ただ凹凸が激しいとノブがスムーズに回らなくなるのでその点は注意が必要。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

「Macoteauはそんな自由にいじくり倒せる1176を持っていたっけ?」って思われるでしょうが,その話はまだ後ほど。

で,その目盛のデータ,一応PDFで用意したので参考までにどうぞ。切り抜いて使うの前提だから周辺部は割とアバウトだけどあせあせ

posted at 2009/08/19 4:25:01
lastupdate at 2009/08/19 4:25:01
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字