[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/06/13 :: Toolbar on Taskbar
先日触れたDAW用PC [:吹出し:] でのツールバー「デスクトップ」をタスクバーにタイトルだけの最小表示にし項目をポップアップメニュー表示したとき,手動でアイテムの順番を変更しても再起動後その順番が再現されないという問題。

解決のためにレジストリとか設定ファイルとかどこかに転がっていないか探してみたのだがこれといったものが見つけられずに板野だか,ちょっとしたひらめき,デスクトップ上にフォルダを作ってみたらなんと見事解決。順番が保存されるようになった。それまでデスクトップにゴミ箱,英語版ではRecycle Bin,だけを表示していただけだった。そんなわけで,起動ディスクは80GBのSSDで容量的余裕がないので「デスクトップ」フォルダを別ボリュームに移して(ユーザーフォルダの「デスクトップ」のプロパティからターゲットを変えると別ボリュームにあるフォルダを「デスクトップ」として機能させることが出来る)仮置き用フォルダを作って運用中。

デスクトップにほぼ何も置かないようにしているのはデスクトップ非表示のままツールバーの「デスクトップ」からフォルダ・ファイルへのアクセスをポップアップメニューだけでしたい,そこでそのメニューを見やすくするためにデスクトップをなるべくシンプルにしておく,って訳です。ポインタが辿っていった先のフォルダ内に大量のファイルがある場合などそのリスト表示に時間がかかるとかちょっと難点も無くはないのですが,どのフォルダにどんなファイルがあるかとかポインタを動かすだけでフォルダを次々に渡り歩けるのでかなり便利,と自分は思ってます[:あせあせ:]

ちょっと関係はないのですがWindows 7から搭載されたライブラリ機能は,最初なんか使えなくて邪魔臭いぐらいに思っていたのですが,例えば複数ボリュームに置いてあるファイルを目的別にまとめることが出来たりして結構便利に,特にDAW用では重宝している。ポップアップ化したメニューではボリューム毎にサブメニュー化されるのでファイルの所在が分かりやすくなる。

!!$photo1!!

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 夏ですか? | main | Lynx AES16e #2 »»
«« カテゴリ内前記事(Lynx AES16e #1) | rec equip | カテゴリ内次記事(Lynx AES16e #2) »»
2009/08/19
Precise Scale for 1176
世間ではお盆休みだったという先週の山を越えて一段落,来週の山に向けてぼちぼち下準備他諸々,なんて状況。

そんな流れとは関係なくなんとなくUREIやUniversal Audioの1176LN,AE等のINPUT,OUTPUTノブ用の精密目盛りを作ってみて実装してみました。こんな感じ。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

1176LNってのはレコーディングにおける定番中の定番コンプレッサー/リミッターで,唄ぐらいだった1176LNがあれば他はいらない,と言うエンジニアはどれだけいることか。ただ設定の肝になるINPUT,OUTPUTノブの目盛り,純正だと3刻みの(36以上)目盛りしかないので,その場限りのレコーディングなら問題無いけど継続的なレコーディング,過去やった設定の素早いリコールにはちょっと不便。同じ1176LNの断続的に使うとき,エンジニアによってはドラテなどを貼ってマーキングしたりしてセッティングを残しておいたりするんだけど,その後にきれい好きなエンジニアが来てそれをはがしてしまえば後の祭り。

で,精密目盛りがあれば便利というわけ。1176LNのボリュームノブは羽の部分が透明なのでその下に位置するように目盛を貼り付けるようにすれば全体の見た目をあまり変えず目盛を追加するプチ改造ができる。まずはドロー系のソフトなどで目盛を作って(Universal Audioで0.5刻みにするには線を3.33度間隔にする)それをプリント。ブラックパネル用は白抜きになるようにする。用紙はラベルのものならなんでも,質感重視ならシルバーラベルなどを使うと金属風になる。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

切り抜いたら丁寧に貼って,といってもその上にノブをかぶせるので中心部は汚くても割と平気。ただ凹凸が激しいとノブがスムーズに回らなくなるのでその点は注意が必要。

Precise Scale for 1176
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

「Macoteauはそんな自由にいじくり倒せる1176を持っていたっけ?」って思われるでしょうが,その話はまだ後ほど。

で,その目盛のデータ,一応PDFで用意したので参考までにどうぞ。切り抜いて使うの前提だから周辺部は割とアバウトだけどあせあせ

posted at 2009/08/19 4:25:01
lastupdate at 2009/08/19 4:25:01
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字