[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/03/20 :: Waves Version 9
Waves PluginのV9が出たので早速アップグレードしてみました。継続作業中のモノがあるにもかかわらず[:あせあせ:] 確かに不安はあったもののV9からiLokを必要としないアクティベーション方式に変更された,ってことはV8のiLok上のライセンスは残ったままになるのでは?それなら最悪V9で不具合が出たらV8に戻せる,と考えある意味蛮勇を持ってしてやってしまいました。

WUP (Wavs Update Plan)の期限が切れているものが単品Plugin一つあったのでこれを$24.6で更新。次にアカウントページで「Version Update」を各々バンドル(プラグイン)実行。サーバーが混んでるのかなんなのか結構反応が緩慢だった。後はV9をインストールし(V8などがある場合確認を求めるダイアログ表示後削除される),その終了後『Waves License Center』(WLC)と言うライセンス管理ソフトを起動しライセンスをPC本体,もしくはUSBメモリにダウンロードさせるだけ。

!!$photo1!!

これだけだとNative Instruments等と同じような方式と思えるのだがライセンスはWLCでネット上の「My License Cloud」というところへいつでも戻すことも可能で,例えばPCの環境を変えてMachine IDが変わって再アクティベートしその分アクティベート可能回数が減ってしまう,なんてこともないようだ。またMachine ID(?)はネットワーク接続がアクティブかどうかに依存していないので接続していない環境にしても問題は無かった(Pro ToolsはStuidio Oneみたいなことにはならない)。ちなみにそのライセンスの移動,数秒で完了する手軽さだった。

Pro Tools HD 9.0.6で継続中のセッションをV9で開いてみたのだが,ちょっとドキドキ,全く問題なかった[:チョキ:] User Presetも問題無くV8から引き継がれた。Wavesのページでは「高速なプラグインのスキャン/ロードとプロセシング」と書いてあるけれども印象としては「そう言われればそうかもしれない!?」という程度。起動ディスクがSSDなのでその違いが分からないだけかもしれないけど。残念ながら目を見張る「何か」は今のところ感じられない,って言ってもまだ小1時間触っただけだが[:あせあせ:] PTHDの他Cubase 6.5,Samplitude Pro X(いずれも32bit環境)でも開いてみた程度だけれども取り敢えずは問題無かった。Samplitude Pro XではWaves Tuneが対応していないと書いてあるのだが取り敢えず使えなくはないことが確認できた。

明らかに変わったのはプラグインファイル。これまでWindowsの場合プラグインはDLLファイルのみだったのだがV9ではコンポーネント化されプラグイン名+.bundleのフォルダ以下にWin32,Win64,Linux32用の割とファイルサイズの小さいものが個別用意した上で共通のリソースファイルを別フォルダ内に置くという方式に変更されている。なかなかスマートな方法。インストールも32bit,64bit気にしないで行える。

!!$photo2!!

V9のその他の目玉はGOLD Bundle以上にGTR3 SoftwareがバンドルされるようになったことだけれどもDiamondと個別にGTR3を持ってる自分としては有り難みは少ない。OneKnob FilterとOneKnob Driverが新しくDiamondにバンドルされるようになったけど個人的にはかなり微妙[:あせあせ:] これまでJJP Analog Legendsバンドルの内,唯一(3種の内1種)Platinum以上に含まれないPuigChild 670/660がいい加減バンドルされるだろうと勝手な期待をしていたのだが見事に裏切られた[:スマイルフェイス:] 単品で購入か上位バンドルにアップグレードしろ,と云うメッセージなんだろう,か?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Switched On! @ Fourth Floor | main | Universal Audio 1176AE »»
«« カテゴリ内前記事(Magma ExpressBox1 #2) | rec equip | カテゴリ内次記事(Universal Audio 1176AE) »»
2009/08/31
Magma ExpressBox1 #3
凄くどうでもいい話ですが,「微乳」って言葉を日本語版ウィキペディアで調べてみたらちゃんとヒットして「貧乳」の俗語だってあせあせ 中国語でも「微乳」で通じるようだ。で,その項目の下の方に日本人の女性の平均カップサイズの推移に関する表があって,それによると1980年にはAカップ率が58.6%だったのが2004年には10.2%に減少していることがわかる。四半世紀で約1/6って,そこまでとは思わなかった。いつの間にか希少価値が出てきたってことでしょうか。そうなると希少性を重んじる人たちが増えるのも頷ける。一方,Cカップ率が四半世紀で約2.4倍,Dカップ率に至っては約4.8倍に増加している現実にも驚かされる。ってなんで「微乳」について調べたか忘れてしまったあせあせ

なんてどうでもいい話に続いて機材の話。

PCI Expressの拡張ボックスのMagma ExpressBox1 を付属の「Rack-Mount Face Plate」を取り付けてラック入れるとこんな感じになる。

Magma ExpressBox1 #3
SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM

電源スイッチの操作とかできなくなるけど,リアにレールのあるラックだとこんな風に空きスペースに取り付けて省スペース化,とファンの音を耳につきづらくすることができる。一度セッティングが出来てしまえばフロントパネルは電源及びエラーが発生しているかどうかのインディケーターを兼用するLEDが点灯するだけなのでラックのリアに設置してもさほど問題無かろうかと。普通,この手のハーフラックサイズの機材はトレイなどで固定するのが普通なのだが,ExpressBox1 は大胆,片側だけのネジ止めなんて。確かにFace Panelは結構な厚みがあって丈夫そうだが。本体重量だけで1.27kg,カードを含めても2kg未満だろうからそこそこ大丈夫なのだろう。ただ運搬中にラックを落としたらヤバそうあせあせ

posted at 2009/08/31 20:24:33
lastupdate at 2009/08/31 20:25:02
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字