[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 12   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/12/30 :: UBK Fatso
ここ2年位Kush Audio UBK Fatsoという2ch Compressorを,主にDrumのSumming Busなどで使ってます。もともとこのオリジナルにあたるEmpirical Labs EL7 FATSO Jrを使っていたのですが,ちょっと調子が悪くなり(リレー回路部の不良)修理するかどうか迷っていたときUBK Fatsoのことを知りつい購入してしまった次第。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
UBK FatsoはオリジナルFATSO Jrの公認改造モデル,Gregory Scott a.k.a ubkによってコンプレッション設定が変更されていた機種。フロントパネルは一見すると大きく違うように見えますが,パネルだけオリジナルに交換しているだけです。内部はFATSO Jrのままでコンプレッション特性の設定に関わる部分だけがオリジナルから変更されてるだけ。もともFATSO Jrは特性設定は容易に変更出来るように設計されていて(基板を見るとそう推察できる),その意図を汲んだ製品がUBK Fatsoともいえる。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
オペアンプなどを含むIC類は型番を削って黒塗りする程のある意味秘密主義なのに……

しばらく前はKush Aduioの公式サイトにはFATSO Jrに改造を施す有料サービスが掲載されていたのだが,設定変更とフロントパネルの交換,今は見付けることが出来ない。料金は約$400程度!?

音の方は単純な設定変更だけと思っていたのだが,実際オリジナルと比較してみるとCompressorをOFFにしている状態での比較でも違いがあり,UBK Fatsoのほうが音の粒立ちがいい,より押し出しが強い印象。倍音付加具合が変更されているからかもしれない。

Compressionはおしなべてオリジナルと比べると強めに設定されていて特にSPLATというモード,一番最初に選べるモードは何でもかんでもつぶしまくる程の強烈さで,いつそのモードを使うのか想定出来ない程[:あせあせ:] 個人的によく使うモードは最も控えめでオールラウンド的に使えるGLUEモード。ちょっと暴れた感じを出したい場合はSMOOTHとかを。

Compressionの量はモードを固定した場合1176のようにINPUTで調整しなければならないのだが,マニュアルにも掲載されている方法でINPUT,OUTPUTを固定したまま変更が可能にする方法がある。それはリアパネルのTRSタイプのINSERT端子に音量をコントロールする機器を接続すると、通常固定Thresholdであるところを可変にすることが出来る。これはオリジナルFATSO Jrでも同じ。このInsert端子はVCA回路のCV(Control Voltage)を生成する回路手前にあり,その音量をコントロールすることによってCVを,つまりCompressorの掛かり具合をコントロール出来るようだ。単純にアッテネータを接続すればCompression量を減らし,増幅出来る機器を接続すればよりCompression量を増やせる。試したことはないのだがEQなどを接続すればDe-esserのような使い方が出来るのかも。また,このInsert端子は直接メイン音声の音質に影響を与えないので,オーディオ機器としての特性云々は気にしなくても大丈夫。ということで全体的にきつめのCompressionなUBK Fatsoのためにこのようなアッテネータを接続して使っています。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
帝国通信工業(NOBLE)のAS2519Uという1dBステップのアッテネータ。今はAS2114シリーズなどが入手しやすいのか。非常にコンパクトでディップSWによるので再現性がよく便利です。このアッテネータ,最大31dbの減衰が得られるのですがFatsoのInsertで使う場合-16dBぐらいまでが有効で,それ以下はGain Reduction量に変化が見られない。従って0.5dBステップでも事足りるかもしれない。

それにしてもUBKのマーク,ただのガクブルにしか見えない……

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 深海魚フィルター for Becky! | main | ビンタガール オーディション »»
«« カテゴリ内前記事(深海魚フィルター for Becky!) | pc | カテゴリ内次記事(Kaspersky Anti-Virus 6.0.2.614) »»
2007/03/11
ATOK 2007
[pc
ATOK 2006からATOK 2007に,ダウンロード版を購入してアップグレードしてみました。2006に不満があるというわけでもなく,かと言って2007に5千円弱の価値を見いだせているのか非常に微妙なところではありますが,なんかもはや春先のIT的年中行事化しつつあるような。そんな感じのアップグレードスマイルフェイス

インストールされたATOKのバージョンは20.0.2.1。なんかキリがいい。ウィキペディアによると記念すべきバージョン1,名称は今のようにATOKではなかったがMS-DOS版がver.1とするなら1983年に登場したことになる。パソコンソフトで20年以上の歴史があるってのは凄い。わたしがATOKを使い始めたのはマック版初のATOK8からで(動作環境は漢字Talk7ふっ),それでも10年以上か歩く人

ATOK 2007とりあえず,入れたばっかりで候補ウィンドウが綺麗になったぐらいしか実感できてない。一応新しく変換エンジンにATOKハイブリッドコアとかを新たに導入し変換精度が上がったらしいけど今ひとつ実感できてないてれてれ 前バージョンでも全機能を満遍なく使っているわけではないので,もったいない話だが,いつものことながらアップグレードしても今ひとつその有り難みを味わい切れてない。アップグレードしたばかりはそれなりに意欲的なのだが,暫くすると従来の機能だけで十分事足りてしまっう状態になり,ついついその多機能をなおざりにしてしまいがち。ちなみに直前の「なおざり」で意味が通じるかどうかってのを迷ってたら「【なおざり/おざなり】の解説表示:home」と出てきて,homeキーを押したらその違いが表示された。こりゃすごい?

ただ,IMEが進化し便利になるのはいいのだけど,その分使い手は馬鹿になるというか怠惰になるというか,ショートカットキーを覚える分,なんて近頃感じてします。例えばATOKには「入力支援機能」というローマ字入力時のちょっとした入力間違いを補正してくれる機能があるのだが,これに頼り切っていると日本語入力時のタイピングが雑になるような感じがする。パラタイプを試したとき身に染みてわかった。まぁタイピングの正確性を向上させたければそのオプションを外しておけばいい話なのだが。

と言いつつも,馬鹿ついでに!?『角川類語新辞典 for ATOK』っていう連想変換用拡張辞書も併せて購入。この角川類語新辞典,学生の頃論文用にと購入し愛用していたので個人的にはちょっと懐かしさ半分。こう見えても一応文学部文学科仏文専攻でした,はい平謝りで,まだ入れたばかりなので使い勝手をまだ実感できていないけれども見やすさとかはまぁまぁいい感じがします。これ,基本的には変換中にしか使えないのだけれども,調べたい単語を「再変換」し(単語を選択した状態でShift + 変換),さらにctrl + tabで「連巣変換」を呼び出せば辞書アプリ的な使い方も可能,だね。

posted at 2007/03/13 11:39:51
lastupdate at 2007/03/13 11:41:02
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks
男の愛の告白タイピング昨日見付けて、これにはまっておりますwまず、「男の愛の告白タイピング」ってタイトルにセンスを感じられずにはいられません。だけど、内容はわりと現代の尻に敷かれる男性向けかも知れませんwwwタイピングを鍛えたい貴方。PC初心者でお金をか...
blog name :: スーパーサイヤ人
at 2007/03/15 10:51:49
 

Comments
ATOKを使うっていわれても、あんまりわかんないや
at 2007/03/12 10:13:36
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字