[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 05   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/09/10 :: HPF to 1176AE
久し振りに,オーディオ,というかレコーディング機器関連のディープなお話。3月にアップしたあるコンデンサに関するエントリのその後,です。

Daytonのフィルムコンデンサを組み込んだ機器はUniversal Audio 1176AE。電解コンデンサはすべて交換しているし(Elna Silmic IIとJensenに交換),インプットトランスはヴィンテージのオリジナルUTC O-12に交換してるし,もう1176AEオリジナルの音がどんなだったか思い出せない程改造してしまっているのに,さらなる改造を施してしまった。

改造内容は50Hz以下の低音をカットするハイパスフィルターの搭載。今年の初め頃にハイパスフィルター(ローカットフィルター,HPF)を搭載していないマイク・プリアンプを使い始めたので,その関係上。若干時間は前後してしまうのだが,ShureのA15HPというインラインのHPFも試してみたのだが,スタジオ・レコーディングには質の面で今ひとつという印象を受けたので,やっぱり1176AEにHPFを内蔵してしまおうと相成った。

レコーディングにおいて,特にVocal Recording,HPFは必ずしも必要では無いのですが,録音後EQプラグインでカットすればいい話でもあるし。ただ,編集のしやすさ,効率化をはかるなら,録る段階で数十Hzオーダーの周波数はある程度オミットしておいた方が都合がいいからです。例えば空調関係,或いは何らかの振動で20Hzぐらいの音が絶えずある程度の大きさで収録音に混入しいたとします。この時波形のゼロクロスポイント(交流振幅の中心となるぽいんと)は25msecに一回現れ,波形の1周期は50msecとなる。音同士を波形レベルでつなげる場合,ゼロクロスポイント同士で接続すると最もスムーズに出来,20Hzの信号が混入している場合25msec毎,波形の振幅を考えれば50msec毎に接続するポイントがあることになり,接続する音の一方を最大で25ms移動させる必要が出てきてしまう。25/1000秒,1/40秒,たいしたこと無い時間にも思われるが,BPM120の場合,一拍960 ticksのとき48 ticksになってしまう。もうちょっとで64分音符程度の時間。波形を繋ぐためにこれだけの時間を移動させてしまっては,楽曲中におけるタイミングは結構印象の違うものとなってしまう。では,どうすれば,と云っても話は簡単で,殆ど音に影響を与えない数十Hzレンジの低音域を,録音の段階で,ADCに入力する手前でカットしてしまえばいい。それでHPF,というわけ。

1176AEへの組み込みはXLRコネクタの直後にフィルムコンデンサを挿入する形で実現してみた。その後に続くINPUTアッテネータとの組み合わせでHPFが形成される。ただし,INPUTアッテネータのポジジョンによっては若干カットオフ周波数がずれてしまうのだが,それはアッテネータの両端辺りなので実用上問題無いだろうと判断。そして,HPFを必要としない場合はターミナルの方から入力しコンデンサを介さないようにする。音の方は,選び抜いた甲斐あってか(?),殆ど変化無く低音域だけをカットすることができた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
フィルムコンデンサはむき出しのままではなく銅板でシールドしてます。このアイデアはたまたま見かけた『YAMAHA NS-10M フルチューン』というページにインスパイアされたのと,前出「今年の初め頃に導入した」Mic Preampの入力段において使われていた大きめのフィルムコンデンサに似たような処置が施されていて,そのまね。0.5mm厚の銅板をコンデンサに巻き付け,ハンデで封をし,純銀線をハンダ付け,それをケースに接続しグラウンドに落としてます。

殆ど「空中配線だし,念のためのノイズ対策」つもりだったのだが,その銅板によるシールド前と後をそれぞれ録音して比較してみたら意外と違いが出た。シールド後の方がやや落ち着いた,しっとりとした感じになる。この文章を書きつつ,シールドしたことによってグランドとの静電容量を持ってしまったから!?と思ったのだが,ハイ落ちしているわけでも無く,結果オーライと云うことで[:あせあせ:]

と云うわけで,Dayton MPF 10µF (±5%)をバランス信号のHOT,COLD両方に挿入した周波数特性はこのような感じ。

!!$photo2!!

赤いラインは元々の特性。減衰カーブは割と緩やかでAvalon DesignのM5のHPFと似たような特性になっている。この程度でも,完全カットとは行かないけれども,上記目的には効果有り。

お勧めな改造,と云うわけでは無いですが,ノイズ対策を工夫すれば外付けでも行けそうなので1176系を使っていて録音段階でローカットしたい場合,一考の価値がある処方,かも!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« トラックポイントキーボードを分解 #2 | main | 連休ハザード!? »»
«« カテゴリ内前記事(テニプリフェスタ2009) | recording | カテゴリ内次記事(変わるわよ) »»
2009/09/20
9月9日発売でした
すごくランダムに取り上げる「関わったお仕事」のリリース情報などを。と言っても9月9月リリースで遅すぎ感は否めないあせあせ

一つ目はシングルCD『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00 "HELLO!!"』の『"HELLO!!" (M@STER VERSION)』(ダブルクォーテーションマーク込みが正式表記なのだろうか?)のミックスを担当させていただきました。9月17日発売のアイマスDSのテーマ曲のフルサイズです A型 IM@S関連ではどちらかというと飛び道具的楽曲だったり混沌に秩序を構築するようなケースに召喚されることが多いような認識だったので(?)今回の正当派な曲(JCBホールで聴いただけだけど)ミックス依頼は実はちょっと意外に思ってしまった,とここだけの話!?ちなみにクレジットはmixed by macoteau Tとは書いてないですけど印刷工程の都合上だそうですあせあせ

もう一つはミニアルバム,岡めぐみさんの『Animalia』。こちらは全曲のミックスと,なんと人生初めてかも知れないマスタリングを担当あせあせ ミックスは前々から話を頂きつつマスタリングについてもどうしようか相談されていて,自分的には今までマスタリングはたとえインディーズと言えども専門家に任せるスタンスだったのですが,折角マスタリングソフトも持っていることだし(持っているだけでマスタリングが出来るというわけではないけど)「チャレンジさせてもらっていいだろうか」と提案したところ快諾していただいたのでマスタリングもやってみました。ただ,自分がミックスする際はいつもマスタリングでEQ操作を必要としないぐらいに作り込んでいる(つもり)なので音的にはさしてる問題はないかと考えていた。

一番の懸念は,ミックス時の48kHz24bitをCD用の44.1kHz16bitに落とすかだった。マスタリングソフトとして使ったSteinberg Wavelab 6内のプラグインCrystal Resampler(サンプルレート変換)とDitheringにUV22HRを順当に使うつもりだったのだが,その当時マスタリングをちょっと念頭に置いて買いそろえたBenchmark ADC1 USBとDAC1を使いLynx AES16e経由のDAC1から48kHz24bitで再生し44.1kHz16bit設定のADC1で受けると云う一度アナログにする方法とで比べてみたら,空気感があるというか雰囲気があるというか全体として良い方向の結果が得られたのでアナログ変換にした。プラグインで処理した音は「指定された通り計算しましたが,何か?」という音に無頓着な‥‥的印象がちょっとしてしまった,比較してみると。これでDACとADCの間にAvalon(AD2077)かSPL(Model 2050あたり)かSontecかを挟み込んだら完璧なのに,ってそこまでしたらマスタリングを本業にしないと元が取れないけどあせあせ と,マスターもYamahaのAudioMasterを使った焼いたので音質的にちょっとひと味違うかも!?曲のダイジェストはオフィシャルページからたどれると思うので興味がある方は是非。

posted at 2009/09/20 23:05:18
lastupdate at 2009/09/22 0:29:27
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
お疲れさまです。
オイラもこの前マスタリングまでやってしまいました。
ミックスは他の人(アレンジャーさんProToolsHD Mix)のが5曲で自分が4曲(LogicでMix)。
ProToolsにて96kHzで全曲の音を作って、レベルを揃えて全曲44.1kHz/24BitにバウンスしてA社のWaveBurnerにて並べて曲間を揃える事をしてました。

レベルもあまり突っ込まない方向だったので比較的に楽ではあったのですが、ProToolsとLogicの音の差よりも、ミキサーの差を埋める事の方が先決になってしまいました。

良い機会ではありましたが、やっぱりマスタリングは本職の方に任せたいきがしましたね〜キャラしょんぼり
by ミノやん?
at 2009/09/20 23:42:43
他の人,しかもちょっと畑違い,のものはなかなか難しそうですな。何を持って整合性をとるのかとか。
at 2009/09/21 22:07:47
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字