[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 04   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/07/26 :: T60p HDD置換
取り立てて手狭になったわけではないのですが,ThinkPad T60p [:吹出し:] のHDD,発売当時のHGST Travelstar 7K100 HTS721010G9SA00 (100GB 7200rpm)を交換してみた。

新HDDの候補は先月店頭に出始めたばかりで,結構速いとの評判のHGST Travelstar 7K320 HTS723216L9A360 (160GB, 7200rpm)。今時160GBは中途半端な感じの容量なのだが,値段(1.3万円弱)と160GBプラッター1枚で速さと静音性で有利かと思ったのと,ノートにはファイルを溜め込まない主義なので(使用頻度が極端に低いものはNASに保存するし,仕事関係はマスタリング終了次第バックアップをとって内蔵HDDから消すし,だいたい溜め込むと定期的バックアップが大変になるから嫌だし)その上の250GBはほぼ必要ないと決断。

狙いを定めていざアキバへ行ったものの,暑くて歩き回るのが億劫だったのでちょっと高めでもヨドバシカメラでと思ったら7K320シリーズ自体置いてなくて,駅近くのショップでと思ったら人気が高いのかそれとも出荷量が少ないのか160GBだけ在庫がないお店ばかり。やっとTwo Topで発見。12,480円で購入。

自宅に戻って早速作業開始。最初ThinkvantageのRescue and Recovery 4(Lenovo製バックアップ復元ソフト)でやってみたのだが中身は新HDDに復元されるもののBoot出来ない。起動ディスクとしては復元はしてくれないようで,次に使い慣れたDrive Image 2002を,新HDDを内蔵し旧HDDをUSB外付けにして丸コピしようとしたのだが両方のHDDは認識されるものパーティションをうまく認識できないようでエラーが発生してコピーが出来ない。そこでネットで調べてみたらAcronis True Imageというのが評判が良く体験版(True Image 11 Home)もあると言うことでさっそくダウンロードして試してみた。

ThinkPadだけで作業するのも面倒そうだったので地デジ用および実験用自作PC [:吹出し:] にTrue Imageをインストールし,新旧二つの2.5" HDDを接続し(こういうときは変換コネクタを用意しないでいいSATAは便利)ディスク・ユーティリティの中の「ディスクのクローン作成」を選択。ステップバイステップで説明してくれるので非常に分かりやすい。パーティション分けは自動だと容量が増えた分,プライマリに割り当てられてしまうので「手動レイアウト」で調整。だいたい2分割プラスリカバリ,Disk to Disk用のパーティションをオリジナルと同じ4.376GBに設定してコピー開始。合計で使用容量約55GBがだいたい30分ぐらいでコピー完了。ターゲット,新HDDの方をThinkPadに入れて起動。無事問題なくVista起動[:拍手:] ただWindowsライセンス認証を再度しなければならず電話で再認証作業をする羽目になってしまったが。また電源投入後すぐにThinkVantageボタンを押してRescue and Recoveryを起動させてみたがこちらも問題なくコピーされているようだ。

!!$img1!!若干の紆余曲折はありつつもHDD置換終了。恒例のベンチを等をやってみた。CrystalDiskMark 2.1だとこんな感じ。ちょっと前の3.5"並!?「パフォーマンスの情報とツール」の「プライマリ ハードディスク」も7K100の時は5.1だったのが5.7に向上。

速さはまぁ期待通り過ぎであまり驚きはなかったのだが,動作音には驚いた。静かすぎ[:パンチ:] ThinkPad筐体内に入れてしまうとパームレストに耳をくっつけないと動作音が聞こえないぐらい。シーク音も聞き耳を立てないと分からないぐらい,と言っていいかもしれない。裸の時もあまりにも音がしないので「もしかして動いていない?」と疑ったぐらい。長年2.5" 7200rpmものを使ってきたがここまで静音になるとは正直びっくりした。もっぱら高速で静音性に優れたSSDが話題だけどHDDもまだまだ捨てたもんじゃない,というか予算の関係で選択しはHDDしかないのだけど,大満足な買い物だった,みたい[:チョキ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 軌陸車 | main | Lynx AES16e update »»
«« カテゴリ内前記事(1176AE mod#3) | rec equip | カテゴリ内次記事(Lynx AES16e update) »»
2009/10/26
1176AE mod#4
少し間を置いてしまいましたが,Universal Audio 1176AE改造記その4です(#1#2#3)。

いよいよ電源の平滑回路に使われている電解コンデンサの交換です。Urei 1176LN rev.Eの回路図をみるとC23〜C26がそれで耐圧は違えどもいずれも2000µF以上の容量が指定されています。1176AEで実際使われていたのはC23がMalloryのTCG 2300µF/50V,他の三本がNichicon VX 2200µF/50Vとなっていました。Malloryのはそこそこ良いかもしれないと考え(根拠は無いですが)Nichiconの三本を交換してみることに。

まずは日本メーカーの入手しやすいものから東信工業の音響ハイグレード品,UTSJ 2200µF/50Vを試してみた。

1176AE mod#4
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

チューブラータイプのコンデンサを取り付けるようになっている基板なのでかなり強引に取り付けてみた。音の方は中域が整理された感じですっきりする。しかし,VocalのTrackで試してみるとすっきりし過ぎというか物足りない感じがしないでもない。実際その音をオケ中に配置してみると乾きすぎというか軽いというか押しの弱さが見えてしまう。高域はVXと比べると結構スムーズ(ちょっとHiFi傾向!?)なのだが。

次に試してみたのはELNAのDUOREX II 2200µF/35V。Silmic IIを選択したいところなのだが容量と耐圧の条件が合致するものがなかったため。

1176AE mod#4
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

音は中低域の押しというか粘りが出てきて,UTSJと比べると尚更,VXと比べてもより腰がある感じで低音の伸び具合も良くなっている。高域はELNAらしく落ち着いていてしっとりしている感じ。

DUOREX IIでほぼ十分と思いつつもヴィンテージものも試してみた。容量・耐圧の条件もあるし更にサイズの制限もあるから使えるものが限られてしまうのだが。

まずは負電圧側のC25,C26をSprague ATOM TVA-1214 3000µF/25V(下写真オレンジ色の電解コンデンサ)に交換してみた。負電源側なのでそれほど音に影響が出ないと想像していたのだが意外にも明らかにムチッとした,低域が力強くなった音になってしまった。中高域にはさほど影響は見受けられないのだがアコースティックギターなどではその響がより豊かになった感じ。と言うことでここは迷わずATOMで決定。

そして正電源側のC24。最初Sprague 53D,青色のコンデンサでよく米国製機器で見かけるチューブラータイプのもの。

1176AE mod#4
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

DUOREX IIと比較すると全体的に遜色ない感じなのだが,ちょっと音が硬め,トレブリーな感じ。その次に試したのがSprague MIL Specの2200µF/30Vを試してみた。耐圧30Vはギリギリで本当はよくないのだがあせあせ これもDUOREX IIと遜色ない感じ。中高域は53Dとは違って滑らか,DUOREXと比べてもスムースになっている感じ。と言うわけで耐圧に多少不安がありつつも採用。

20091026c.jpg
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

MIL Specは長さがちょっと想定よりも若干長めでちょっと無理矢理気味。

この体制でしばらく使っているのだがなかなか良い感じで申し分ない印象。個人的にはオリジナル1176AEよりだいぶ使いやすくなったように思う。C24は耐圧とかサイズでもうちょっと詰めるべきなのだろうがなかなか適当なものが見あたらなくてあせあせあとMalloryも交換するとどうなるか今後の課題かも知れない。

posted at 2009/10/26 2:23:47
lastupdate at 2009/10/26 2:23:47
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字