[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« DigiLink Cable | main | PC for ProTools|HD - assembly »»
«« カテゴリ内前記事(AMD Opteron 2387) | pc for daw | カテゴリ内次記事(PC for ProTools|HD - assembly) »»
2009/12/17
PC for ProTools|HD - parts
注文していたパーツ類が届いたので動作チェックを兼ねて軽く組み立ててみました。とりあえず使えるところまで持っていきたかったのでMSI K8N Master2-FARから外したHDD類を移植。調達したパールは以下の通り。
Opteron 2387はClock Speed 2.8GHzのShanhai世代のQuad-Core。そして6-coreのIstanbulにも対応しているマザーボードがTyan S2932G2NR-SI。PCI-Eスロットは形状はX16だけど動作は最高X8だし,買ってから気がついたのだけどオンボードにサウンド機能がないし,USBも4ポートしかないし一般的な板と比べると泣けてくるけどPCI-Xスロット3本以上(これはマストの条件)でIstanbul対応となると,そしてPCI-EX16が改造無しで使えるのがこれぐらいしか見つけられなかったあせあせ

ELSA GLADIAC 998 GT SP 512MBはELSAの区分ではハイエンドモデルながら1スロット占有ですむ省スペース,それとDVI2系統出力を理由に選択。静音を目指してファンレスという考えもあったのだが後々エアフローとか考えなければいけないし,そこそこ高性能でファンレスとなるとクーラーブロックが他と干渉するぐらい大きくなってしまうようなので。

PCケースはOwltechの491GII。基本はATXフォームファクタ用4Uラックマウントケース。EATXにも対応と言うことで選択。でもやや失敗。ドライブベイが思いっきり干渉あせあせ一番下の3.5インチ部分を取り外して(取り外し可能)もかなりギリギリ。というかその辺りにはメモリスロットが来るのだけど干渉してしまうため使えない。でちょっと板がたわむ雫 メモリは推奨されるインストールの仕方はCPUそれぞれにあるスロット群(8本:2)に同数ずつインストールすべきらしいのだがやむを得ずCPU2側にまとめて。それでも動作的には問題無いみたい(見かけ上?)。SKBのラックに入れるつもりで奥行き48cmとサーバー向けケースとしては奥行きが浅いものを選んでみたのだがEATXを入れるならやっぱり奥行き23インチ,約60cmぐらいのものを選んだ方が無難だったかも。フロントパネルの9cmファン2発は3ピン仕様でPWMタイプではなくサーバー向けらしく「騒音より冷却重視」だったので山洋電気のPWM対応のものに変更。リアの6cmにも同じく山洋電気のものをつけてみた。

CPUクーラーはSocket-F対応2Uサーバー以上向けのDynatron A2CGを二つ。DosparaのPT用PC,Digistremaを見てみると横から風を当てるタイプのものを使っていたのでまねてみた。最初マザーボードのファンコントロール機能をオフのままにしておいたら激烈な音だったので速攻BIOSを設定変更。無負荷時2500rpmぐらいでかなり静か。コンパクト(高さが70mm未満)な割には冷却能力が高いのかOpteron 2387の発熱が少ないのかなかなか良好。

電源は前出digistremaにならってNipron ePCSA-650P-E2Sを購入しようと思ったのだが,実際ニプロンのオンラインショップから注文したんだけど在庫が無くて生産スケジュールの関係で来年1月下旬に出荷できる予定(ケーブルとのセットの「みなもっとさん」は少量在庫はあるといったのだが),ってそんな待てないのでNipronと並んで定評のあるZippyにしてみた。Nipronのは昔ながらのファンの位置でエアフロー的にちょっと不安があったと言えばあったのでHU2-5660Vで結果よかったのかも。とはいうもののこれだけまだものが届いていない。発注し直したのでこれだけ遅れています。

仮組みでHD CoreとHD Accelをインストール。ハード的にはブルースクリーンにもならずとりあえず問題なさそう。ソフトは,というと今ダウンロード中。何ギガあるのやらあせあせ

posted at 2009/12/17 7:37:16
lastupdate at 2009/12/19 21:58:24
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字