[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/10/18 :: Nobels MS-4
わがMix Systemは基本的にPro Tools HDからの32chパラアウト(Lynx Aurora 8, SSL Alpha Link)をSumming Mixer(API 8200A, SPL MixDream XP)で受けてSub Mixを作り更にもう1台のAPIでまとめる,と云う方法をとっていて,Outboardの類はその経路の中でインサートされるかあるいはPro ToolsのHardware Insertを使用する,としています。Outboardの中にはややノイズが大きめのものがあって,と云っても-60dBm以下なのですが,これをHardware Insertとして使用する場合はPTHD内のMUTEスイッチでノイズカットをするのですが,場合によってSub Mix後に配置しなければならないこともありその際はNUTEスイッチによるノイズカットをあきらめてそのまま最終Mixerに繋ぎ込んでいました。一度PTHDに戻してAux Track経由させコントロールするのも可能なのですがこれだとMUTEだけのために余計な回路を通ってしまうのと(Hardware Insertでも「余計な回路」を通っていると言えますが)レイテンシーがその分増える(Hardware Insertの場合はPTHDで補正される)等の理由でこの方法はとっていませんでした。他,考えられるのは外部でMUTEなどをこなせる機器を接続する,例えばSSLのXlogic X-Matrix,これだと繋ぎ換えも楽で良さそうなのだが音質のためにSumming Mixerはすべてディスクリートにこだわった意味が無くなると思えたので,おそらくリレーなどを使用した機械スイッチではないものを使用しているためOpAmpを使用したバッファー回路を経由していはず,不採用。

となればイメージを端的に具現させるために得意の自作,となるところなのですがミュート回路はともかくミックス曲中で自動的にON/OFFさせるためMIDI制御回路を実装する必要がありそのためにはプログラムを書いてそれをROMに焼いて,と自分には未知の領域に踏み込まねばならず,ネットで調べた限りではそれほど敷居の高いことではないようなのだが,躊躇,ほぼ断念。次に考えたのがギター用などのMIDIスイッチャーの転用,それでダメだったらCustom Audioに特注?ギター用であるからバランスラインには即使えないのだがMIDI駆動部だけ使って外部のリレーを駆動すれば,なんて考えつつネットでいろいろ探して見つけたのがNobels MS-4,そしてヤフーオークションで中古で出ていたので15K円で試しに購入。新品でも相当レアで扱い店もあまりなく中古で見つけられたのは相当ラッキー,かも。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
MS-4は普通にある音声信号の切換機ではなくギターアンプ等のリバーブやトレモノのフットスイッチコントロールをMIDIで操作するためのもので,MIDIでリレーをコントロールする仕組みになっている。これは当初イメージしていたものにかなり近い。ちなみにココで言うリレーは電気回路で使われる電磁石駆動によるスイッチのこと。オーディオではパワーアンプの電源投入時のノイズからスピーカーを保護するための回路に使われたり(電源投入後暫くたった後「カチッ」と云う音がするのはこのため)業務用,高級機器では音質への影響を少なくするため,複数回路を一度に切り替えるためにリレーが使われたりする。このMS-4,購入後テスターで回路の具合を調べてみたら4個あるリレー(スイッチ)の接点はそれぞれ完全に独立していて,スリーブも完全独立していてグラウンドにも落ちていないのでまさに転用するに打って付けであることが確認できた。

最初,実験的にバランスラインのHOTとCOLDをそれぞれグラウンドに落とすことでミュートするようにしステレオ分4個のリレーで試してみたのだが,確かに確実にミュートは出来るものの予想は出来ていたことなのだがリレー開閉時に僅かながらノイズが発生。やはりリレーでノイズレス・ミューティングは無理かもとあきらめほっといた数週間後,今度はHOTとCOLDをショートさせることで無音にしてみたらどうだろうか,しかも問題無ければそのまま業務で使えるぐらいのつもりで専用ケーブルを作ってみて,とやってみたら,なんと成功!!ノイズ無し!音質も未接続時と比較しても認識できる違いはなかった。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ケーブルは写真の通り。XLRコネクタ間はなるべく短くしてHOTとCOLDをフォーンプラグのチップとスリーブに接続しMS-4のリレーでオープン,ショートをさせる。フォーンプラグは熱収縮チューブで覆って保護。もっと丁寧にするなら更にシールド用チューブを被せるべきなのだがちょっと省略。ミュート具合は100%完全ミュートにはならないのだが,と云っても60dB以上は減衰しているのでノイズをオミットするには十分。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
参考までのMS-4の中身。今時珍しい巨大なIC。リレーは聞いたことのないメーカーのもの。しかしプリント基板は腺も太くベタグランドもしっかり施されているのでノイズも問題なさそうな見た目。

MIDI制御によるON/OFFで気になるのはその遅延なのだが,PTHDからAlesis USB-MIDI Cableで接続した場合16ms±10msとの測定結果になった。最長で26ms。数ミリオーダーの精度は必要は無いので許容範囲内。振れ幅はもっと精度の良いMIDI Interfaceを使えば改善されるかもしれないが取り敢えずはこの精度でも問題なし。

と云うわけで相も変わらずマニアックな内容でした。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« PC for ProTools|HD - OS | main | PC for ProTools|HD - IRQ »»
«« カテゴリ内前記事(PC for ProTools|HD - OS) | pc for daw | カテゴリ内次記事(PC for ProTools|HD - IRQ) »»
2009/12/28
Intel X25-M Mainstream SATA SSD
Digidesign Pro Tools HD用にセットアップ中の自作PC,Windows 7で安定動作させる目星がつき,当初はXPとのヂュアルブートと考え起動ディスクにHDDを新調したしたのですが,XPはESATAにしてしまい内蔵はWindows 7オンリー,どうせならと云うことでSSDにしてしまいました。ものは早くて安いと言う噂のIntel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1 80GB A型 。在庫がないところも多いのですがドスパラ秋葉原本店で買ってきました。おまけに3.5インチマウンタがついてた。

Intel X25-M Mainstream SATA SSD
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

非常に軽量で両面テープで貼り付けるだけでも十分な気がしたけど一応ネジ止め。コンパクトでもあるので立て込んでいるケース内に設置するにはもってこい。

Intel X25-M Mainstream SATA SSD
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

いつものAcronis True Image Homeで A型 起動ボリュームをコピーしてSSDから起動。Windows 7が元々起動が速いせいか起動時間は余り縮まった感じはしない。起動後いろんな操作をしてみると細々したデータを読み込んで表示するような操作,アイコンのデータもそうだけど,が明らかに速くなっていて結果軽快な操作感。Pro ToolsのPluginの読み込みも同様のハズなんだけどこれは確かに速くなっているけれども感動的には速くなっていないかも。CrystalDiskMarkによる測定結果は以下の通り。

20091228b.jpg

一応スペック以上の結果となっています。Windows 7のExperience Indexはこんな感じ。

20091228c.jpg

ここまで来ると全部7点台にしたいとは思うもののスペースの関係上2スロット占有のグラフィックカードが使えないのでまぁしょうがない。

80GBの容量で十分かというとOSとプログラムだけならまぁまぁ問題無いと判断。Pluginのライブラリとか他ボリュームに移してインストールするものも厳選すればなんとかなるとあせあせ

ところで全環境から持ち越しのHDDのうちSeagate ST31500341AS (Barracuda 7200.11) 1.5TBがWindows 7で認識されるもの中身が見えない,って状態になってしまっている。仮でいれたVistaでもダメだった。でもXPだと問題無い。このHDDバグがあることで話題になった型番のものでそれが原因かとおもったのだがSeagateのサポートページで調べてみるとシリアルナンバーでは該当しないとなってしまう。一応中身は,800GBぐらい,別HDDに移したけど,大容量のHDDがトラブルにあうと大変,とりあえずバックアップするにだけども時間がかかりすぎる。

posted at 2009/12/28 8:27:51
lastupdate at 2009/12/28 8:27:51
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字