[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/12/16 :: Tube Mic-Preamp 製作記:LL1517
!!$img1!!9月から亀の歩みで作っていた真空管マイクプリアンプの出力トランスをルンダールのLL1524からLL1517に交換してみました。いよいよこれで完成です,おそらく[:きらきら:]

Lundahl LL1524はトライテック(MA関係のスタジオ設備工事とか関連機器の販売などをしている会社)から通販で入手したのですがLL1517はトライテックでは扱われていないので,Lundahlの国内販売代理店のアムトランスに注文(WEBの通販ページにリストアップされていないがメールで問い合わせると該当製品の在庫状況や値段を教えてもらえる)。最初,在庫がなく1ヶ月ぐらいかかるかもしれない,ルンダール自体の生産が遅れ気味なので,とか言われたのだが1週間後ぐらいには入荷してしまった[:チョキ:] 値段は1個¥8,000。ステレオ分で¥16,000。出力トランスとすればどちらかと言えば安い方だが,たかが電子部品と考えるとそれなりに手応えのあるお値段[:あせあせ:] タモリ倶楽部でコブクロも出演したハイエンドオーディオの世界を見たけどアレに比べたら1個8千円のパーツなんて超安物って感じ。

LundahlではUnbalance用でもいろいろ種類があり,Gyraf Audio G9でも使われているLL5402でよいかと思ったのだがLundhahlのリストには「Max Prim. Level@30Hz : +18dBU」とちょっと低めだったので+24dBUまで受けられるLL1517にしてみた。Static resistance of each primaryの値が高いLL1585の方が今回製作しているものにはより合っているのか,と今更思っているのだがこれは今後の課題,でしょうか[:あせあせ:]

周波数特性の比較は下の通り。赤線がLL1517で青線がLL1524。高域の0.5dB程度の減衰はAudio I/Fの特性でプリアンプ自体はフラット。


グラフで見るとほぼ一緒。LL1517の方がピークが20Hz以下に移動しているでしょうか。音質は,予想ではそれほど変わらないと思っていたのですが意外と変わった。中低域がよりふくよかになった感じで,有り体の言い方をすればより太くなった感じ。周辺回路の定数との兼ね合いなのかトランス自体の個性なのか判別できないのだがまぁ結果オーライ。20Hz当たりでは1kHzと比較して15dB上がってしまっているが,これはお手本となっている某Dual Mono Mic PreAmplifierとほぼ一緒なのでスルー。ただお手本の方が傾斜がやや急なのだが。 余ったLL1524はパッシブのダイレクトボックス,というかバランスラインのアイソレーター的なものとしてケースに入れて使うつもり。これを挟むことでシルキーになるのは実験済なのでお手軽エフェクターとして使う予定。CD3300のアウトに使うのも面白そうだ。

と云うわけで完成,なのだが新たな課題もあって,また違うダンジョンに足を踏み入れてしまった感じ。出力トランスもそうなのだが電源ラインに使用している電解コンデンサ,現状JJ製を使っているのだがこれを換えるとどうなるのか,なんて思うとハァハァしてしまう!?こんなことしてたら製作費数十万円になってしまうわけですが。一応既に大台は超えてますが[:くす玉:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« あけました | main | XLogic Delta-Link MADI-HD »»
«« カテゴリ内前記事(T60p ファン交換) | thinkpad | カテゴリ内次記事(FireFox 3.6) »»
2010/01/04
T60pにWindows 7
ずっと保留にしていたThinkPad T60pのWindows 7アップグレードを年も明けたと言うことでようやくアップグレードしてみました。

当初は新規インストールをするつもりだったのですが面倒なので,不都合が出たら改めて新規インストールするつもりで上書きインストール(一応フルバックアップはしといて)。念のために,と云うか殆ど使っていないThinkPadのアプリ,Windows 7で用意されているであろうドライバ類は全部アンインストールして,足りないドライバはデバイスマネージャを見て後で入れることにして,残したのはUltra Navi関係,指紋認証関係,HDDプロテクションぐらい,でアップグレードしようとしたらKaspersky Anti-Virus 2009をアンインストールしないとアップグレードできないと言うのでこれもアンインストールして(対応版は1月下旬に出るらしい)アップグレード開始。最初の数十分ぐらいで眠くなったので就寝。起きてみたらすっかり完了していた。だから実時間どのぐらいかかったか不明あせあせ

アップグレード後は何点か問題があったモノの結構順調。起動後にHDDへのアクセス集中が無くなっただけでも結構快適。でもSSDの快適さを知ってしまっているからそれでもやや不満。Vistaのときよくスリープの時フリーズしたりFirefox終了時に正常終了できないアラートが出るなど結構ぐずぐずだったのだがどうもいっぺんに治ったみたい,気がする今のところ。と,ドライバ類はWindows Updateで引っかかったものを入れたら改めて入れるものは無かった。

ただ問題もあって,その一つT60pのクーリングファンの回転数をコントロールするサードパーティ・ユーティリティ,TPFanControlが起動出来なくなってしまったこと。これはAdministratorとして実行したら無事起動出来た。

もう一つは,パブリックフォルダの中身が消えてしまったことあせあせサブフォルダ類などは残っているのだが中身のファイルが消失。実はVistaのときパブリックフォルダを本来起動ディスク内Userフォルダ以下にあるものをレジストリをいじって別パーティションに移してしまったため,と考えられたのでまずはWindows 7でレジストリをいじって,その箇所はHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileListにある「Public」を「%SystemDrive%\Users\Public」を「D:\Public」に書き換え,後はHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Foldersの「Common〜」を変更。その後バックアップからPublicのあるパーティションまるごと復元,で解決チョキ

あとは手動でQuick Launchを復元したりUltimateなので言語パッケージの英語を入れてほぼ完了。かかる時間はともかく以降の手軽さはアップデート並みにさえ感じる。ガジェットもちゃんとVistaの時と同じように並べてくれるし。それと驚いたのは起動ディスクの空き容量が一気に20GBぐらい増えたこと。いろんなモノをアンインストールしたけれどもそれだけではそこまで食ってないと思うので,Vistaが溜め込んでいた何かが大量に消されたのだと思う。

T60pにWindows 7

何か快適さがアップしたのでこのまま更に1〜2年はT60pとの付き合いになりそう。これで頃合いを見て160GBのSSD辺りにしたらあと3年は行けそうな気がする!?とりあえずNehalemの次だろうな興味が湧くとしたらあせあせ

posted at 2010/01/04 18:58:31
lastupdate at 2010/01/04 18:58:31
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字