[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 04   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/02/02 :: XLogic Alpha-Link MADI AX #3
!!$photo1!!最近のMixing時の我が相棒達。20Uを楽に超えるようになってしまった。去年末ぎりぎりに注文して年明け早々に届いた某1Uの8chミキサー,ボリュームやパンは基本弄らないのでセキュリティー・パネルで覆ったらパッと見タダのブランクパネルにしか見えなくなってしまった[:あせあせ:] そこそこ見せびらかし甲斐のある機材なのに[:チョキ:]TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
ちょっと時間的余裕があったので去年からの持ち越し課題,ちょいとスタジオにあった一般的なPro Tools HDセット(192 I/O + SYNC)とわがPro Tools|24 MIX (High-Reso)+ ADAT Bridge 24 + XLogic Alpha-Link MADI AX + Nanosyncsとの出音比較をしてみた。Versionは違うけど両方のPro Toolsで同じ2mixファイルを再生しての単純な比較。厳密に言えば比較のための条件を揃え切れていないけれどもそれでも割とInterfaceによる違いはわかるのでは!?と。

感想から先に言ってしまうと,出音がそうなら入力も当然同傾向になるだろうからダビングの時もI/O持ち歩こうかな192 I/O使いたくないなぁ,って感じ。高音域は滑らかで伸びがある。綺麗と言った感じ。192 I/Oからすれば「このチャラつきやがって」っていちゃモンもつけられるかもしれないかな。中低音のほうは豊かになった感じ。192 I/Oのほうは引き締まってタイト,Alpha-Linkを聞いたあとだとなんかコンプがかったような感じさえしてしまう。アコギのボディーのなりもいい具合だし何よりKickとかリッチになる感じでコりゃぁたまらん!?ダンス系のクリエイターでPro Toolsに不満を持っているとか苦労しているという方は是非デモ機でも借りて試してみるとよろしいかと。今まで音が堅すぎにならないよう腐心していたけど,その原因の一つが192 I/Oのせいだと思うとひどい脱力感。

比較をして思ったことなのだが,「音を太くする」といった一種の脅迫概念にとらわれたようにヴィンテージ機器,そのレプリカを漁る前にI/O自体に疑いの目を向けてもいいのではと。商用スタジオユースでは汎用性が重要であるからしょうがないとしてもプライベート環境であるなら192 I/Oである必要は無いと思うし。ただディーラー的には192 I/O以外無いですよ一番無難ですよみたいなことは言うだろうし,確信がないと他の選択はなかなか出来ないとは思うけれど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« XLogic Delta-Link MADI-HD | main | AES16e and PTHD »»
«« カテゴリ内前記事(Antelope Isochrone OCX #1) | rec equip | カテゴリ内次記事(Ultrasone Edition 8) »»
2010/01/19
Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
去年の11月ぐらいに導入したAntelope Isochrone OCXに,実は割と直ぐにルビジウムクロック・ユニットを追加してました。ただ純正のクロックジェネレータ,Isochrone 10Mはとても手が出ないのでヤフオクで見つけた格安のルビジウム発信器DATUM LPRO-101,コンデンサをカスタムアップグレードしてあるDC12Vの電源装置付2万円弱,を購入して使っています。

去年の段階は間に合わせで某機器の空きスペースにねじ込んでいたのですが,こんな風に。

Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

年明けてシステムを刷新したついでにちゃんとした1Uラックマウントケースに入れてみました。

Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

この手のケースはタカチのもの(ER型EIA)を使うのが常道なのですが(?)今回はパネル加工がしやすそうな奥澤(秋葉原,東ラジデパートB1F)オリジナルの1U,奥行き15cmのラックマウントケースを使用。タカチのはパネル厚が3mmなのに対して奥澤オリジナルは1.5mmで半分の厚さ。しかも値段も約半分。ただ,タカチに比べると明らかに剛性に乏しく大きめのトロイダル・トランスを使った電源回路を搭載するのは危険な感じ。今回のようなスイッチング電源だと問題無さそう。

Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

LPROが丁度収まる高さで上下から放熱出来るようになった,偶然にも。手で触れない程ではないのだが結構ユニットが熱くなるので放熱はそこそこ気を配らないといけない。ついでに端子「LAMP VOLTS」からの出力でウォーミングアップ時にLEDが点灯するようしたみた。IECインレットには念のために(?)ロジウムメッキのFurutech FI10-Rを使って配線にはアクロリンクのモノを使いそこそこ良い具合にあせあせ ちなみに電源スイッチは装備無し。パネル加工が面倒だったこともあるけど,業務用機器にありがちなマスター電源をONにしたら常時稼働というのにならってみた。LPRO-101のUser's Guideには電源投入後3〜4分でAtomic Lockし,30分で出力周波数がFull Accuracyに達するということなのでむしろ常時電源投入のほうが都合がよいのかも。

肝心の音の方は,純正Isochrone 10Mを使ったことがないのでそれとの比較は出来ないのですが,Isocheone OCX単体と比べるとルビジウムクロックを注入すると明確に変化し,48kHzでは中低域の豊かな感じが内蔵クリスタルオシレーターより更に充実する傾向。また分離の良さ,クリアさは内蔵クロック使用192kHz/4と比べてもひけを取らない感じになる。エッジ感も十分。逆にRubidium Clockを注入したものと192khz/4を比べると後者がやや軽い,低音の充実具合が少し劣る気がする。そして192khz/4と48khzをRubidium Clockを入れつつ比較すると意外に48khzの方が中低域の豊かさが僅かに勝っているような感じ。なので現在はまっとうにメインクロックアウト1〜6を順当に使用。

クロックの世界は果てしなく上がある領域なので,100万円以上がざらにある,とりあえずはこの辺でやっていこうかと思ってますあせあせ

posted at 2010/01/19 0:21:59
lastupdate at 2013/06/29 3:43:42
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字