[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 05   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/02/27 :: 中央環状線
大橋ジャンクションの建設現場を見上げてふと思うのは「あれ,ずれた?」ってことは無いのだろうか,ということ。勿論,精密な設計をして測量計測などをしてやっているからそんなことはないのだろうが,ビルのような立方体ならいざ知らず,螺旋構造はありの思いっきり複雑な3D構造,それこそ高性能なCADで3DCGにしてもらってぐりぐりやってやっと素人にも分かる,ような。

そう思うと,首都高,特にC1,都心環状線は凄い。なんたってCADも無い時代に,環状線の全線開通は1967年だそうだ,あんな上ったり下ったり,地中に潜ったり,言ってみれば縦横無尽。それを2Dの設計図だけで作った,模型は作ったかもしれないけど,なんて想像出来ない。専門家的にはどうなんだろう?たいしたことないのかだろうか?それとも専門家的にも凄いのだろうか?

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
写真は建設中の中央環状線の初台交差点付近。幾重にも重なる構造物,思わず惹かれる!?

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
そこから富ヶ谷方面へ山手通りの上を伸びていく。なんかこの曲線を見る度に「美しい」と思ってしまう[:あせあせ:] ファンタジーを感じる!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Sampling Rate Conversion | main | Beckii Cruel »»
«« カテゴリ内前記事(Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium) | rec equip | カテゴリ内次記事(Audiotrak AT-GQ mini) »»
2010/02/14
Ultrasone Edition 8
やっと?とうとう?Ultrasoneの現行ハイエンドedition 8を購入しました。中古だけど。

Ultrasone Edition 8
SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM

去年の秋ぐらいからヘッドホンの買い換えを何となく考えていたのだが,諸々迷っている内に,システム刷新とか色々しているうちに延び延びになってしまっていた。しかもシステム入れ替えでかなりの出費で本当はヘッドホンどころの話ではないのだが,どうせ変えるなら合わせ技でヘッドホンも新しくしたほうが良いだろうと考えプチ暴挙に出てみた。ほぼ還付金期待。

実はずっと最新のedition 8か旧機種で既に限定生産完了してしまっていたedition 9かのどちらかで迷っていた。様々なブログのレポートなどを見てみるとedition 9の方が低音の出方が勝っているなどの評価があったもので。先週ぐらい,丁度「ヘッドホンを買い換えてやる」気運が行動に直結する程度に高まっていた頃,とある中古も扱う中野方面のお店の在庫情報でedition 9の出物を発見。翌日店頭に買いに行こうと思い,当日出かける前に再度情報をチェックしてみたら既に「売約済」となっていたあせあせ 一応ダメ元でお店に電話してそのキャンセルの可能性云々に関して聞いてみたが見込みは無さそうだったので断念。ついでに色々話を聞いてみたら,edition 9が入荷する頻度が減ってきていて,品物が入っても直ぐ売れてしまうらしくなかなか入手しづらい状況にあるとか。去年の秋頃は数日迷っていてもまだあるような状況だった。それはオークションなどでの転売の夢破れて流れてきたモノがそこそこあったらしいのだが,今はその状況も一段落しているそうなのだ。と云うことで,当てのないモノを待てる状況でもそう無いのでedition 8を購入することに決定,丁度edition 8の方は中古在庫があったもので。新品との値段差は2万円程度で新品でもよかったのだが中古にしたのはエージングの手間を省きたかったから,というと格好つけすぎでしょうか。

これまで使っていたのが同社のDJ1 Proの一世代前のモノなのですが,それと比べると音の全体の厚みが半端なく違う!! 最初はその分厚さからこもっているような錯覚を起こすぐらい。特に極小音量時はその差は顕著。パッシブのテンエムをそこそこ良いアクティブのモニタに,ニュアンス的にはGENELECというよりもDynaudio AIRあたりに変えた感じに近い!?気になる低音の出方はド新品じゃないからかも知れないが自分的には結構十分な,小音量でも低音域の伸びも十分確認でき,それでいてにじみも少なくタイトで音が見えやすい。高域の方は最初中低音の充実ぶりから感覚的にマスクされたように感じたのだが綺麗に出ていてこちらも問題なし。

問題があるとすればまずケーブル。据え置きのHPAにつないで使うには1.2mは短い。延長ケーブルは付属しているのだが4mと逆に長すぎる。これに関したはまた次回に。おおむね装着感に問題は無いのだが長時間装着のままだと,まだ慣れていないせいか穏やかにアイアンクローをかけられたみたいな(?)ちょっと痛みが。その分,かどうか遮音性は抜群。自分はポータブル機器で音を聞くことはほぼ無いのだがこれでポータブルで歩きながらだとかなり危険な遮音性かもとふと思う。

posted at 2010/02/14 17:25:07
lastupdate at 2010/02/14 17:27:18
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字