[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/11/11 :: RME HDSP Digiface 改造
RMEのAudio I/O,HDSP Digifaceを高音質化するため改造してみた。

DigifaceはHDSPシリーズ専用のPCIカードまたはCardBusと接続して使用するインターフェイスボックスで,その名が示す通りDigital信号の入出力が豊富な,ADAT 3系統,S/PDIF 1系統,Word Clock入出力装備,I/Oでアナログはモニタ用のステレオ出力1系統があるだけとかなり割り切った仕様になっている。そのアナログ出力も非常にシンプルでLine OutとHeadphone Out兼用のステレオフォーンジャンクが一つ付いてるだけ。アナログ回路はヘッドフォーンに対応しているとはいうもののアナログデバイセズのAD1852を使ったDAC(Digital to Analog Converter)にDual OpAmp1個で構成された出力バッファ兼ローパス・フィルタのみで,その後にMuteなどのための電子スイッチ(AD451BR)はあるが,非常にシンプルな設計になっている。シンプルな分,チョッと手を加えれば高音質かが図れるんじゃないかと。まぁある程度複雑でも改造してしまいたい時は改造してしまけど,ね[:チョキ:]

!!$img1!!使用されている元々のOpAmpはJRCの確かNJM4580で,至って普通のありきたりの音,まぁ地味目の音だったので,これをだいぶ前にBuur-Brown OPA2124に変え,その後Analog Devices AD8066ARに変更していた。でも他の機器の出音と比べると,高音域は十分に出ているし粒立ちもしっかりしていているのだが低音の迫力が足りないというか見劣りする感じで何とかならないかと思っていた。ナントカしようと基板を眺めていたら(思いつきだからさらなるOpAmp交換はひとまず置いといて)ふと気づいたことが。それはOpAmpに±5Vの電源が供給されているのだが,電源ラインに高周波除去用のバイパス・コンデンサ(パスコン)がOpAmpのすぐ側に見あたるものの電圧の揺れや低い周波数のノイズを抑制する割と大きめの容量の電解コンデンサが直近に見あたらない。「これはもしかしたら」と,手持ちの電解コンデンサをパスコンとかなり強引に平行にくっつけてみた。試してみたのはオーディオ用途で定評のあるBlackGate標準品 220µF/16Vとnichicon MUSE KZシリーズ 220µF/25V。BlackGateは効果覿面。狙い通り低音が量感がグッとアップした。KZの方は確かに低音が出てくる感じにはなるのだが上の方がBlackGateと比べると一枚膜で覆われた感じ,高音域が物足りない感じになってしまったのでBlackGateの方を採用。

!!$img2!!これで一応許せる領域に達しはしたのだがもう一息,ちょっとまだ物足りない気が。そこで出来れば手を出したくはなかったACアダプタからの電源,またはBus Powerからの電源のすぐ直後に配置されている電源平滑用コンデンサを交換してみることにした。オリジナルはLELON(台湾のメーカー) RXJ 1000µF/50V(一般用と向けだろうか?)で,これを壊れたCDプレーヤーから取り出したオーディオ的には申し分のないELNA SILMIC 1000µF/35Vに変えてみた。サイズが収まり切らないので純銀線で足をたし横置きにして。これが効果覿面パート2[:100点満点:] BlackGateを加えて諸々ややもすると五月蠅くなる感じを見事に調和させ個々の粒立ちがよくなり解像度が上がった感じ。低音部も量感はそのままに粒立ちがよくなった印象。低音部への伸びもスムーズになっているかな。全体的にもその名が示す通り滑らかで心地いい。あくまでもモニタリング用だからあまり心地よくてもよくないのだが,解像度が上がって特定の帯域が出っ張らない感じになった点では,超低音まで見渡せるようになった感じも含め改造大成功,って感じです。これをシルミック2αにするとどうなるか気になるところですがそれはまたの機会に[:八分音符:]

安い機材ならいざ知らず,もともと10万円ぐらいする機材を,見た目はそんなするようには見えないのだが,こう容赦なく改造してしまうのは如何なものか,とは思うものの音がよくなる快感(おそらくオリジナルとは見違えるほどになっている思うけど)には抗えない。というか,最近はハンダごてを持ってると落ち着く,みたいな,ちょっとヤバいです[:スマイルフェイス:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 今後ともよろしくお願いいたしますm(BlogPet) | main | iLok »»
«« カテゴリ内前記事(no data) | rec pt | カテゴリ内次記事(Look back in Anger!) »»
2006/11/23
SD2が読み込めない
[rec pt
SD2ってのは別に化粧品とかの名前ではなく,マック系DAWではお馴染みのサウンドファイル形式。元々はDigidesignのSound Designer IIという波形編集ソフトで扱うファイル形式なのだが,そのソフトは20世紀中にディスコンになってしまいファイル形式だけが何故か生き残ってしまっている。マックにおけるDAWの先駆者となったDigidesign Pro Toolsのデフォルトのファイル形式がSD2だったためそれに追従してしまった結果なのだろうか。Windowsの世界では地味な存在ながらひとつのファイルサイズの制限が事実上無制限なW64という比較的新しいフォーマットがあるというのに。

なんて文句たらたらなのもつい先日Mac OS X上のPro ToolsでそのSD2のファイルが読み込めないってことがあって非常に困ったことになったからなのだ。試しにわがノートPCで試したらQuicktime Playerで読めたのでそれをWAVに保存し直してLAN経由でPro Toolsが入っているPowerMac G5にコピー,という面倒臭いことをして何とかしのいだけど。

読めなかった原因はFATフォーマットのUSBメモリにMac OS 9でSD2を保存してしまったため。Mac OSでFATフォーマットに保存する際勝手にリソースフォークとデータフォークを分離して保存する仕組みになっているのだが,SD2の場合おそらく重要なインフォメーションがリソースフォークの方に書かれており,これがOS Xでは分離したままにほっとかれてしまうため読めない,と思われる。ただWindows XPで読めてしまうのはちと悲しい,というかちょっと間抜け!?ちなみにOS XでFATフォーマットにSD2を書けばOS Xで読むことは可能(当然のことだけど)。

SD2が読み込めないあとでその他のファイル形式,WAVやAIFFで試してみたのだが,これらはおそらくデータフォークに,ステレオであるか否かとかファイル長とか,ビットデプスとかサンプリング周波数とか開く際に重要な情報が含まれているためそれらをOS 9でFATフォーマットのメディアに保存してもOS XやWindowsで読める。SD2の場合,Windowsの時でもどうも読めるときと読めない場合があるようで万全ではないようだ。ただWavelab等ではPro Toolsで書きだした場合元のレイト,ビットを指定し「バイトの順序」を遅番,じゃなくて「ビッグ エンディアン(Motorola)」を指定してやると読めるようだ。

SD2のリソースフォークってことでネットを探してたら木本靖夫氏のブログ「OSXで作ったZIPアーカイブファイルはOS9じゃNG!?」っていうエントリを見つけた。逆もまた色々問題があるようなのだ。

じゃあ解決策はというとOS9でSD2ファイルを持ち出したり持ち込んだりする時は要注意,ってことかな?マック同士であればメディアはHFSあるいはHFS+フォーマットで(USBメモリとかフォーマット済外付けHDDはそのまま読み書き出来るからたちが悪い,そういうのって大概FATフォーマット)。ネット経由等相手環境が不確定な場合はAIFFかWAV,WAVだったらファイルそのものが壊れていない限りどんなところでも通用するでしょう,ってことでしょうか。SD2ってマックでDAWやっている人にとってはメジャーだけどそれ以外ではかなりマイナーな形式ってことを知っておいて損はないでしょうな。というかリソースフォークと切り離されるとダメになってしまう凡庸性のないファイルがメジャーになれるわけがないんだけど爆弾

posted at 2006/11/23 5:37:49
lastupdate at 2008/03/05 19:33:28
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字