[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 04   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/12/30 :: UBK Fatso
ここ2年位Kush Audio UBK Fatsoという2ch Compressorを,主にDrumのSumming Busなどで使ってます。もともとこのオリジナルにあたるEmpirical Labs EL7 FATSO Jrを使っていたのですが,ちょっと調子が悪くなり(リレー回路部の不良)修理するかどうか迷っていたときUBK Fatsoのことを知りつい購入してしまった次第。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
UBK FatsoはオリジナルFATSO Jrの公認改造モデル,Gregory Scott a.k.a ubkによってコンプレッション設定が変更されていた機種。フロントパネルは一見すると大きく違うように見えますが,パネルだけオリジナルに交換しているだけです。内部はFATSO Jrのままでコンプレッション特性の設定に関わる部分だけがオリジナルから変更されてるだけ。もともFATSO Jrは特性設定は容易に変更出来るように設計されていて(基板を見るとそう推察できる),その意図を汲んだ製品がUBK Fatsoともいえる。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
オペアンプなどを含むIC類は型番を削って黒塗りする程のある意味秘密主義なのに……

しばらく前はKush Aduioの公式サイトにはFATSO Jrに改造を施す有料サービスが掲載されていたのだが,設定変更とフロントパネルの交換,今は見付けることが出来ない。料金は約$400程度!?

音の方は単純な設定変更だけと思っていたのだが,実際オリジナルと比較してみるとCompressorをOFFにしている状態での比較でも違いがあり,UBK Fatsoのほうが音の粒立ちがいい,より押し出しが強い印象。倍音付加具合が変更されているからかもしれない。

Compressionはおしなべてオリジナルと比べると強めに設定されていて特にSPLATというモード,一番最初に選べるモードは何でもかんでもつぶしまくる程の強烈さで,いつそのモードを使うのか想定出来ない程[:あせあせ:] 個人的によく使うモードは最も控えめでオールラウンド的に使えるGLUEモード。ちょっと暴れた感じを出したい場合はSMOOTHとかを。

Compressionの量はモードを固定した場合1176のようにINPUTで調整しなければならないのだが,マニュアルにも掲載されている方法でINPUT,OUTPUTを固定したまま変更が可能にする方法がある。それはリアパネルのTRSタイプのINSERT端子に音量をコントロールする機器を接続すると、通常固定Thresholdであるところを可変にすることが出来る。これはオリジナルFATSO Jrでも同じ。このInsert端子はVCA回路のCV(Control Voltage)を生成する回路手前にあり,その音量をコントロールすることによってCVを,つまりCompressorの掛かり具合をコントロール出来るようだ。単純にアッテネータを接続すればCompression量を減らし,増幅出来る機器を接続すればよりCompression量を増やせる。試したことはないのだがEQなどを接続すればDe-esserのような使い方が出来るのかも。また,このInsert端子は直接メイン音声の音質に影響を与えないので,オーディオ機器としての特性云々は気にしなくても大丈夫。ということで全体的にきつめのCompressionなUBK Fatsoのためにこのようなアッテネータを接続して使っています。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
帝国通信工業(NOBLE)のAS2519Uという1dBステップのアッテネータ。今はAS2114シリーズなどが入手しやすいのか。非常にコンパクトでディップSWによるので再現性がよく便利です。このアッテネータ,最大31dbの減衰が得られるのですがFatsoのInsertで使う場合-16dBぐらいまでが有効で,それ以下はGain Reduction量に変化が見られない。従って0.5dBステップでも事足りるかもしれない。

それにしてもUBKのマーク,ただのガクブルにしか見えない……

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« SoundToys TDM Effects V4 | main | Classic Dome Cap »»
«« カテゴリ内前記事(Switched On! @ Fourth Floor) | musique | カテゴリ内次記事(Secret Borderline) »»
2010/04/01
堀江美都子
あまりTVの歌番組を見ないのですが,先週末放送の『ミューズの晩餐』と云う番組に堀江美都子さんが出演したので,正座はしなかったけど,しっかりじっくり見てしまいました。相変わらずの透明感のある素晴らしい歌声でビックリ。デビューは12歳で『アクビ娘の歌』を歌ったのもその頃でなんと恐ろしい12歳だったのでしょうか,とも。デビューから40年以上経っているのも凄い。

エピソード話もいろいろ面白かった。『キャンディキャンディ』の「ねっ」はその表現に苦労した渾身の一音だとか,大御所作詞家先生の話によると「同じ単語を3回続けると強烈に印象に残るものになる」とか。

近年ではアニソン歌手育成の教室を開いているそうで,その授業風景,とある生徒がテンポゆっくりの熱唱系の曲を歌い終えたところで「あなたの歌には隙がない,隙をつくるように」みたいなことをアドバイスしていた。これは自分も日頃思っていることでなんか共通する認識を持っていることにちょっとニマニマあせあせ 歌っている当人としては徹頭徹尾力で押し切ってさぞ気持ちいいかも知れないけどその気持ちよさが聴く人と共有できるかと言うと意外にそうでもない,ってことが多々あるんですよね。そういえばその前日秋元康氏が出演している番組を見てたら,ニューヨーク在住の頃に書いた美空ひばりさんの『川の流れのように』に関するエピソードを披露していたのだが,そこで流れたいた『川の流れのように』,改めて聴いてみると一音一音に個別の表情が付加されているように思え改めて凄い,と。そして,意外に力を入れている,というかこぶしも入れつつ押している音がワンフレーズに一音ぐらいなのにもかかわらず雄大で力強い感じを出していることにビックリした。

話を戻して,その番組後半,代表曲をメドレーで弦楽四重奏をバックに歌ったのだが,これが見たかった,一番ピッチが安定していて心地よかったのが堀江さんの歌だったあせあせ 日頃コンピュータベースの音を聴いているから殊更そう感じたのかも。むしろアカペラでも良かったのでは!?ちょっと弦が邪魔だったスマイルフェイス

posted at 2010/04/01 21:04:22
lastupdate at 2010/04/01 21:04:22
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字