[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/10/26 :: 1176AE mod#4
少し間を置いてしまいましたが,Universal Audio 1176AE改造記その4です(#1,#2,#3)。

いよいよ電源の平滑回路に使われている電解コンデンサの交換です。Urei 1176LN rev.Eの回路図をみるとC23〜C26がそれで耐圧は違えどもいずれも2000µF以上の容量が指定されています。1176AEで実際使われていたのはC23がMalloryのTCG 2300µF/50V,他の三本がNichicon VX 2200µF/50Vとなっていました。Malloryのはそこそこ良いかもしれないと考え(根拠は無いですが)Nichiconの三本を交換してみることに。

まずは日本メーカーの入手しやすいものから東信工業の音響ハイグレード品,UTSJ 2200µF/50Vを試してみた。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
チューブラータイプのコンデンサを取り付けるようになっている基板なのでかなり強引に取り付けてみた。音の方は中域が整理された感じですっきりする。しかし,VocalのTrackで試してみるとすっきりし過ぎというか物足りない感じがしないでもない。実際その音をオケ中に配置してみると乾きすぎというか軽いというか押しの弱さが見えてしまう。高域はVXと比べると結構スムーズ(ちょっとHiFi傾向!?)なのだが。

次に試してみたのはELNAのDUOREX II 2200µF/35V。Silmic IIを選択したいところなのだが容量と耐圧の条件が合致するものがなかったため。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
音は中低域の押しというか粘りが出てきて,UTSJと比べると尚更,VXと比べてもより腰がある感じで低音の伸び具合も良くなっている。高域はELNAらしく落ち着いていてしっとりしている感じ。

DUOREX IIでほぼ十分と思いつつもヴィンテージものも試してみた。容量・耐圧の条件もあるし更にサイズの制限もあるから使えるものが限られてしまうのだが。

まずは負電圧側のC25,C26をSprague ATOM TVA-1214 3000µF/25V(下写真オレンジ色の電解コンデンサ)に交換してみた。負電源側なのでそれほど音に影響が出ないと想像していたのだが意外にも明らかにムチッとした,低域が力強くなった音になってしまった。中高域にはさほど影響は見受けられないのだがアコースティックギターなどではその響がより豊かになった感じ。と言うことでここは迷わずATOMで決定。

そして正電源側のC24。最初Sprague 53D,青色のコンデンサでよく米国製機器で見かけるチューブラータイプのもの。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
DUOREX IIと比較すると全体的に遜色ない感じなのだが,ちょっと音が硬め,トレブリーな感じ。その次に試したのがSprague MIL Specの2200µF/30Vを試してみた。耐圧30Vはギリギリで本当はよくないのだが[:あせあせ:] これもDUOREX IIと遜色ない感じ。中高域は53Dとは違って滑らか,DUOREXと比べてもスムースになっている感じ。と言うわけで耐圧に多少不安がありつつも採用。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
MIL Specは長さがちょっと想定よりも若干長めでちょっと無理矢理気味。

この体制でしばらく使っているのだがなかなか良い感じで申し分ない印象。個人的にはオリジナル1176AEよりだいぶ使いやすくなったように思う。C24は耐圧とかサイズでもうちょっと詰めるべきなのだろうがなかなか適当なものが見あたらなくて[:あせあせ:]あとMalloryも交換するとどうなるか今後の課題かも知れない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« SATAケーブル | main | Summing Mixer »»
«« カテゴリ内前記事(SATAケーブル) | pc for daw | カテゴリ内次記事(error 126) »»
2010/04/27
Cardas Quadlink-5c Power Cord
前回のエントリで,某スタジオでのケーブル談義の話をしましたがその流れで電源ケーブルに関しての話に及び「お勧めは?」と聞いたところCardas(カルダス,カルタスって読んでると言っていたけど)がお勧めで数種のグレードがありグレード毎にケーブルの色分けがされているらしいのだが,中でも青色のQuadlink-5c Power Cordが高音も出すぎず,低音も膨らみすぎずバランスがいい,と云うことで,諸々一段落したと頃合いにネットで調べてみたら丁度中古のものが定価(約4万)の半値ぐらいであるのを見つけ注文。ネットで調べた限りだと新品でもより上のグレード,GoldenとかGolden Referenceとかは扱っているところがそこそこあるのだがQuadlinkは殆どなくその中で中古を見つけられたのはちょっとラッキーだったかあせあせ

Cardas Quadlink-5c Power Cord
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

品物が到着したので早速,というかとりあえずDAW用,というかProTools HDで使っているPC 吹出し に使っているケーブル,Belden 19364に電源プラグにMarinco 5266BL,IECプラグにShurter 4781を取り付けた自作ケーブルと交換してみた(いずれもVoltAmpere GPC-Tに接続)。それほど違いは出ないと思っていなかったのだが意外にも効果覿面で驚いた。全体的には諸々整理されて見通しが良くなった。自作の方はQuadlinkを聴いたあとだとちょっと五月蠅い,というかワシャワシャしている,個々の音が前に前に出ようとして,まるで張り切りすぎたひな壇芸人に収拾がつかなくなって鬱陶しい,感じにさえも思える!?Quadlinkは中域辺りが割とすっきりとして印象。そのおかげで視界がいいように感じられるのかも知れない。低音の方は,KickとかBassとか,ちょっと重心が下がり腰がより据わった感じになりつつもブーミーになることなくまとまりがよく「形が良くなった」印象を受けた。

こうなると他の機材のケーブルも,と思うのだがコストがあせあせ 常時使う機材だけで15本ぐらい必要なんだけどまず無理!! でもあと2本ぐらいは。米国のオンラインショップを見てみると1.5mものが$234で結構安い。2本送料込みで$500ぐらいか!?

ところでこのQuadlinkに使われているIECプラグはShuter 4781だと分かったのだが電源プラグの方は今までに見たこと無いもの(そんな数多く見たわけではないのだが)でちょっときになる。ブレードは見た目ニッケルメッキっぽい。

Cardas Quadlink-5c Power Cord
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

posted at 2010/04/27 22:20:04
lastupdate at 2010/04/27 22:22:07
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
おおお。いいですよね!
電源ケは劇的な分、私もずいぶん浪費旅したのですが、これにしぼり買い替えました。機材付属のケーブルに変えても、Mixサイズが変わるだけでバランスがかわらないのがすてきだと思ってます。
しかし、Cardasはプラグがコロコロ変わるので、本物だか偽物だかよくわかんないんですよね。ほんとにもう。プラグの材質は私の所のも、ブラスオンリーとニッケル混だったりしてます。w

ところで、DigilinkCableの自作なんですが、SAECからSH1010ってのが出てますけども、HDMIケーブルで芯数は足りるかごぞんじですか?
» link here «

P.S.
モトコンポの記事にびっくり。私、モトコンポの初期だけですが、録音やってました。デビューのきっかけのコンピレーションとかだったかな?
by gizmonord
at 2010/05/10 22:25:04
自分が購入したのは中古の方は日本国内代理店もので個人輸入の方は米国内登録正規ディーラーからなので本物だと,信じるしかない(^_^; IECコネクタなどをよくよく見てみると樹脂で固めるなどして材質よりも構造を重要視しているように思えます。

Digilink CableですがDVI-IかDVI-DのDual Link仕様のものだと24本の信号線が使われているようなのでDigilink Cableに使えるかと想像してます。Digilink Cableのコネクタは25pinあるのですが以前ザックリ調べた限りでは1ピンは未結線だったので。

Motocompo,奇遇ですねぇ。ここ何年かはMotocompoそのものよりDr. Usuiとの関係性が深い感じです。
at 2010/05/11 11:24:57
うれしい顔there is the japan pse <a href="» link here « title="power cords">power cords</a> to IEC 60320 C13 connector.自分が購入したのは中古の方は日本国内代理店もので個人輸入の方は米国内登録正規ディーラーからなので本物だと,信じるしかない(^_^; IECコネクタなどをよくよく見てみると樹脂で固めるなどして材質よりも構造を重要視しているように思えます。

at 2012/04/24 15:42:47
おっしゃるとおり信じるしかありませんよね。

CardasのXLRケーブルの中身をちょこっと見たことがあるのですがメッキ材質に頼らないところでの工夫が素人にはまねできないようなことをしてますね。
at 2012/04/24 23:23:22
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字