[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 07   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/02/17 :: La Vita
自由が丘のスタジオについてバイクから荷物などを下ろしている最中,ほぼスッピンながら綺麗なお嬢さん二人連れに道を聞かれた。たどたどしい日本語,「ここに行きたいんだけど」的なことを言いながら見せられたガイドブックはハングル文字。旅行ガイドには一応自由が丘近辺の地図は掲載されているのだが,自由が丘を地図で見る上で肝心の線路が十字にクロスしてなくて逆T字型になってる。ってことでどっちが渋谷方面でさえかわからない。無下に「わからない」というのもなんだし,スタジオの人を呼んできて「彼女たちここへ行きたいらしいんだけど,わかる?」って地図を見せたらなんとかわかって道を教えてあげられた。「一つ目の信号を右」とか思いっきり日本語で説明したんだけどなんか通じた感じ[:うれしい顔:]

彼女たちの行きたかったところは「La Vita」という施設。韓国語のガイドブックに載っているぐらいだから有名な観光スポットと思いきやスタジオの人も名前だけでは分からないところだった。後でGoogle Mapで調べたらなんと「自由が丘」というタイトルのエントリで掲載した写真の場所がまさしくLa Vitaの一部分だったみたい[:あせあせ:] 写真の路地の先にガイドブックなどに載っている橋のところに行けるようだ。

!!$photo1!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
!!$photo2!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
!!$photo3!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« summary or full-content | main | Sony Renaissance? »»
«« カテゴリ内前記事(デデュー?ドデュ?) | diary | カテゴリ内次記事(Sony Renaissance?) »»
2007/03/28
フィギュアスケート世界選手権
[diary
先週行われたフィギュアスケート世界選手権,土曜の女子フリーでは瞬間最高視聴率が50%越えだったそうで(CONFIDENCEランキング&ニュース「世界フィギュア,スポーツ番組の中でもダントツの視聴率」),藻前ら釣られ杉,って言ってる自分も釣り針をノドの奥底まで飲み込んでしまっている有様だから人のことは言えないのだが。

でも,この過剰気味なフィギュアスケート人気って,去年のトリノオリンピックで荒川静香選手が日本唯一の金メダルを取った余韻が一年たった今でもまだ続いていると言うだけでは説明しきれないのではないだろうか。勿論,予想以上の日本人選手の活躍というのもあるけれども,去年あるいはもっと前から続いている「物語」にみんな魅入られてしまっているからではとも思える。安藤美姫選手の挫折からの奇跡的な復活や,天才エリートスケーター浅田真央選手の紙一重での敗北,そして第三のライバルキム・ヨナの存在,それを見守るイケメン高橋大輔(!?),とちょっと三枚目キャラの織田信成,そして喜んでも悔しくても人目をはばからず号泣してしまう主人公たち。

「貧乏」というキーワードこそ出てこないものの往年のスポ根デファクトスタンダード『巨人の星』をもしのぐスポ根ドラマが現在進行形で展開されているからこそみんなハマってしまっているのでは,と思えてしまう。または少女漫画における根性モノの金字塔『ガラスの仮面』やスポ根モノ代表『エースをねらえ!』とか。イケメンだけど厳しいコーチ,モロゾフの存在,なんてのはまさにずっぽし!?また,選手を食い物にし私腹を肥やす協会の権力者たち,そして『白い巨塔』ばりの権力争い。サイドストーリーも充実している。これでまだ「物語」の中盤,もしくは序盤って言うんだから末恐ろしいクラッカー

posted at 2007/03/28 19:38:28
lastupdate at 2007/03/28 20:36:42
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks
先日の世界選手権、惜しかったですね。ショートのミスさえなければ、ダントツの1位でしたのに・・でも、あの銀メダルは、奇跡でした。やはり天才ですよね。
blog name :: 速報!芸能ニュース&うわさ話&スポーツ情報
at 2007/03/28 23:19:48
 

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字