[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/01/19 :: Antelope Isochrone OCX #2 : Rubidium
去年の11月ぐらいに導入したAntelope Isochrone OCXに,実は割と直ぐにルビジウムクロック・ユニットを追加してました。ただ純正のクロックジェネレータ,Isochrone 10Mはとても手が出ないのでヤフオクで見つけた格安のルビジウム発信器DATUM LPRO-101,コンデンサをカスタムアップグレードしてあるDC12Vの電源装置付2万円弱,を購入して使っています。

去年の段階は間に合わせで某機器の空きスペースにねじ込んでいたのですが,こんな風に。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
年明けてシステムを刷新したついでにちゃんとした1Uラックマウントケースに入れてみました。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
この手のケースはタカチのもの(ER型EIA)を使うのが常道なのですが(?)今回はパネル加工がしやすそうな奥澤(秋葉原,東ラジデパートB1F)オリジナルの1U,奥行き15cmのラックマウントケースを使用。タカチのはパネル厚が3mmなのに対して奥澤オリジナルは1.5mmで半分の厚さ。しかも値段も約半分。ただ,タカチに比べると明らかに剛性に乏しく大きめのトロイダル・トランスを使った電源回路を搭載するのは危険な感じ。今回のようなスイッチング電源だと問題無さそう。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
LPROが丁度収まる高さで上下から放熱出来るようになった,偶然にも。手で触れない程ではないのだが結構ユニットが熱くなるので放熱はそこそこ気を配らないといけない。ついでに端子「LAMP VOLTS」からの出力でウォーミングアップ時にLEDが点灯するようしたみた。IECインレットには念のために(?)ロジウムメッキのFurutech FI10-Rを使って配線にはアクロリンクのモノを使いそこそこ良い具合に[:あせあせ:] ちなみに電源スイッチは装備無し。パネル加工が面倒だったこともあるけど,業務用機器にありがちなマスター電源をONにしたら常時稼働というのにならってみた。LPRO-101のUser's Guideには電源投入後3〜4分でAtomic Lockし,30分で出力周波数がFull Accuracyに達するということなのでむしろ常時電源投入のほうが都合がよいのかも。

肝心の音の方は,純正Isochrone 10Mを使ったことがないのでそれとの比較は出来ないのですが,Isocheone OCX単体と比べるとルビジウムクロックを注入すると明確に変化し,48kHzでは中低域の豊かな感じが内蔵クリスタルオシレーターより更に充実する傾向。また分離の良さ,クリアさは内蔵クロック使用192kHz/4と比べてもひけを取らない感じになる。エッジ感も十分。逆にRubidium Clockを注入したものと192khz/4を比べると後者がやや軽い,低音の充実具合が少し劣る気がする。そして192khz/4と48khzをRubidium Clockを入れつつ比較すると意外に48khzの方が中低域の豊かさが僅かに勝っているような感じ。なので現在はまっとうにメインクロックアウト1〜6を順当に使用。

クロックの世界は果てしなく上がある領域なので,100万円以上がざらにある,とりあえずはこの辺でやっていこうかと思ってます[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Cardas Headphone Cable | main | LED化 »»
«« カテゴリ内前記事(type Pの音が意外と) | vaio | カテゴリ内次記事(no data) »»
2010/06/10
type PにWindows 7を
[vaio
インストールしました,ようやく,わがVAIO type P VGN-P90HS 吹出し に。約一年前にWindows 7 RCをインストールしていたのですが今月になってとうとう使用期限となってしまい「正式版にしろ」的なアラートが出まくるようになったので仕方なく!?導入したのはWindows 7の日本で販売されている中で一番下位のグレード,Home Premium。Windows 7 RCはUltimate版でそこから上書きでHome Premiumにダウングレードできないので仕方なく一度元々のVistaをレストアして 「VAIO Windows 7アップグレードユーティリティー」を使って時間はかなりかかったけれども,暇を見つけてという感じだったので丸二日ぐらいはかかったか,手順・注意事項なども事細かく説明されているので迷う点もなくその点ではスムーズにアップグレードできた。

Windows 7 Home Premiumのアップグレードパッケージを買いに行ったときついでに新しいPシリーズ(VPCP11Aシリーズ)がノートPC売り場に並んでいたのでちょっと触ってみたのだが,最新版はWindows 7に最適化されているのか店頭モデルでも(Atom Z530 1.6GHz)結構意外にキビキビ動くのでやっぱり新しいのが良いのかと,ついでにデザインをポップな風にふったせいかキーボードなんかもちょっと安っぽい印象だけど,あとクリックボタン周りのデザインが変わったので旧機種になれているとちょっと違和感を感じるなんてことはあるがちょっと羨ましく思いつつ,ステップバイステップでようやく正式版Windows 7にアップグレードできたわがtype Pを操作してみたら意外にも店頭で触った新しいP並,CPU的にはそれ以上のハズなんだけど,にきりきり動くのにビックリ。Vistaから7RCの時に常に感じていた「まぁしょうがないかぁ」感が結構払拭出来たかも知れない。これならもっと速くアップグレードしておくべきだったあせあせ type PではWin7にアップグレード後Aeroをオフるべしとされているのだがオンのままでもそれほどストレスに感じない。普通に使う分には7RCで起こっていた画面がリドロー出来なくてところどころ黒くなるってこともない。Windows Media Centerで不都合が起こるようなことが書かれているがそれを使わなければAeroオンのままでも問題無さそう。

ってところでOSをアップグレードしたもののそりゃぁ新しいのが欲しいのは山々だけど今年はThinkPad 吹出し を新調することに注力すると言うことで見送りか?一応SonyStyleの下取りサービスを使うとどうなるかシミュレーションしてみたのだが,何も付いていない最初のモデルなもんで下取り価格2万円にもならないので即断念あせあせ ところで世間的にはCore i7のClarksfield,Arrandaleの後継Calpella(i7-940XM,i7-840QM等)を搭載したPCが出始めているのだがThinkPadはいつ頃選択可能になるのだろうか?それとももう半年我慢してSandy Bridgeが出るまで待ってみるか,悩ましい。W510のフルHDマルチタッチ付が,とは思っているのだが。

posted at 2010/06/10 0:09:07
lastupdate at 2010/06/10 4:06:13
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字