[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 11   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/04/03 :: DVDドライブを修理してみる
!!$img1!!ヤフオクでCD-Rが書き込めないと言うことでジャンク扱いのPlextor PX-716Aを落札してしまった。去年末に同じくPX-755SAを落札したので我がPCはプチプレクスター祭り!? PX-755SAは一応動くことは動くのだが太陽誘電の16倍速対応DVD-Rを使っていてもたまに書き込みエラーがあったり,最高速が8倍速もなかなか超えないなど何となく不調だったので,代替えというより比較研究用にPX-716Aを落札してみた。

早速我が家の旗艦PC [:吹出し:] に取り付けてみたのだが,DVDの読み込みは問題ないもののDVD-Rの書き込みが全く出来ない。書き込み動作に入るところでエラーが表示が出てしまう状態。「さすがジャンク」とあきらめたら特攻した意味がないので,原因を見極めるべくプレクスターのユーティリティソフトPlexTools Professionalを使っていろいろテストをしてみた。 それで分かったことは「Write Transfer Rate Test」(書き込み転送速度測定)でオプションの「テストライト」(Simulation mode)をONにした状態では問題なくテストが出来るものそれを外した状態,実際にDVD-Rに書き込みを行う状態でのテストではエラーが発生しテスト自体が行えないということだった。

プレクスターのドライブには自己診断機能というものが搭載されていて(PX-716Aの場合IDEケーブルを外した状態で背面ジャンパスイッチを診断用の設定にしイジェクトボタンを押しながら電源を入れると自己診断モードに入る),パソコンとの接続しない状態で動作チェックが出来るようになっている。この自己診断機能を使いDVD-Rでチェックしてみたのだが,それでは書き込みも含めて問題なしだった。

以上二点のことから,パソコンからの書き込みする命令はコントローラなどが乗っかっている基盤までは正常に行ってるものの(パソコンとドライブの接続に関しては問題ない),その基盤からピックアップへ正常に信号が行っていない,もしくはピックアップからのフィードバック信号がちゃんと戻ってきていない,みたいなことがありパソコンからの書き込みが出来ないと推察。おそらく致命的なハードウェアの故障はないものの,例えば半田付けしているところが割れているとか,コネクタの接触不良あたりではと考え(2005年5月製だからそんなに古くはないのだが),取りあえずドライブの底板を,セコいけれども「WARRANTY VOID IF SEAL IS BROKEN」のシールを剥がさないようにあけてみた。

!!$img2!!ザッと見た感じでは半田付けが浮いていたり割れたりしていたりしているよう箇所はなく,また経年劣化しやすいだろうピックアップ部の半田も見た感じでは問題もなかったので,取りあえずコネクタの接点を「接点洗浄剤」というもので洗浄してみた。この接点洗浄剤,サンハヤトのRC-226というのを使っているのだが,音楽機材のメンテ用に常備している(ここらへんはエンジニアの性ですな[:てれてれ:]あと無水アルコールも常備品だったりする)アイテムなのだ。こういう場合は接点復活剤ではなく速乾性の接点洗浄剤を使うのがベター。コネクタ洗浄後再び組み直して,まずはPlexTools ProfessionalのWrite Transfer Rate Testを「テストライト」を外した状態でテストしてみたら正常に書き込みが出来,見事直ってしまった[:びっくり:] その後実際のデータでDVD-R,CD-R。CD-RWのライティングをしてみたのだが全く問題なかった。めでたしめでたし[:キャラ挙手:] ついでに何となく不調だったPX-755SAの方も底板を外しコネクタ類の洗浄をしたところ,Write Transfer Rate Test(simulation: off)で16倍まで達するようになった[:チョキ:]

読み通り万事うまくいって何よりなのだが,よくよく考えてみると,例えば今や20倍速対応のDVDドライブが実売六千円ぐらいで売ってたりするわけで(AV Watch「リンクス、DVD±R 20倍速対応スーパーマルチ」),中古を買って,しかも自前で修理するのってあまり賢い選択ではないのかも。ただのマニアってことか[:ふっ:] ところでLITE-ONって「りておん」じゃなくてやっぱり「らいとおん」と読むのだろうか?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« フィギュアスケート世界選手権 | main | Vanilla Closing »»
«« カテゴリ内前記事(フィギュアスケート世界選手権) | diary | カテゴリ内次記事(Vanilla Closing) »»
2007/03/30
Sony Renaissance?
[diary
以前,エントリで「一度「ケータイでピュアオーディオやるぜ」と号令がかかれば社内のそれ系技術者達が黙っていなかろう」と書いたことがあるのだが,実際号令をかけたらこうなったみたいな記事が掲載されていた。AV Watchの「西田宗千佳のRandomTracking」の『吉岡オーディオ事業本部長が語る「ウォークマン再生」』がそれ。先週発売されたNW-A800シリーズが好調な売れ行きを見せている原因を,吉岡氏へのインタビューを交え分析している。

いうまでもなくソニーは、ずっとオーディオを手がけてきた企業だ。内部には、音質に関する研究を続ける部隊もいる。そういった成果を商品に生かすのは、ある意味当然ともいえる。

「オーディオを手がけてきた」どころかプロ・オーディオにおいてはリーダーシップをとっていたと言っても過言ではなく,その技術の蓄積量は昨日今日オーディオ部門に進出してきた企業には逆立ちしてもかなわないモノがあるはず。そういうのをウォークマンに限らずいろんな製品に反映できればかつてのソニーブランドの輝きを取り戻せるんじゃないだろうか。

また,「パソコンが使えない顧客」を大切にしてそれが好調の一因になっているのも興味深かった。まぁパナソニックなどは以前からパソコンレス環境に着目した製品を出しているが,ソニーもそこに加わるのは全くの他人事ながらちょっとうれしい気分。前々から「パソコンが無いと使えないミュージックプレイヤーなんて死んどけ」ぐらいに思ってるわたしとしては大歓迎な傾向。

ところで,その記事に「アップルは,先進国の高所得男性にかなりフォーカスしています。」という一文があり,「へぇそうなんだぁ」と一つ勉強になった。よく米国あたりでiPod強奪傷害(殺人)事件があったりして「なんでまた?」と思ったものだが,ある意味iPodを持っていること自体がステイタスで,見せかけのセレブリティがために人を凶行に走らせてしまうのか,なんて思った。

posted at 2007/03/30 22:19:03
lastupdate at 2007/03/31 0:44:57
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字