[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/08/19 :: Precise Scale for 1176
世間ではお盆休みだったという先週の山を越えて一段落,来週の山に向けてぼちぼち下準備他諸々,なんて状況。

そんな流れとは関係なくなんとなくUREIやUniversal Audioの1176LN,AE等のINPUT,OUTPUTノブ用の精密目盛りを作ってみて実装してみました。こんな感じ。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
1176LNってのはレコーディングにおける定番中の定番コンプレッサー/リミッターで,唄ぐらいだった1176LNがあれば他はいらない,と言うエンジニアはどれだけいることか。ただ設定の肝になるINPUT,OUTPUTノブの目盛り,純正だと3刻みの(36以上)目盛りしかないので,その場限りのレコーディングなら問題無いけど継続的なレコーディング,過去やった設定の素早いリコールにはちょっと不便。同じ1176LNの断続的に使うとき,エンジニアによってはドラテなどを貼ってマーキングしたりしてセッティングを残しておいたりするんだけど,その後にきれい好きなエンジニアが来てそれをはがしてしまえば後の祭り。

で,精密目盛りがあれば便利というわけ。1176LNのボリュームノブは羽の部分が透明なのでその下に位置するように目盛を貼り付けるようにすれば全体の見た目をあまり変えず目盛を追加するプチ改造ができる。まずはドロー系のソフトなどで目盛を作って(Universal Audioで0.5刻みにするには線を3.33度間隔にする)それをプリント。ブラックパネル用は白抜きになるようにする。用紙はラベルのものならなんでも,質感重視ならシルバーラベルなどを使うと金属風になる。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
切り抜いたら丁寧に貼って,といってもその上にノブをかぶせるので中心部は汚くても割と平気。ただ凹凸が激しいとノブがスムーズに回らなくなるのでその点は注意が必要。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
「Macoteauはそんな自由にいじくり倒せる1176を持っていたっけ?」って思われるでしょうが,その話はまだ後ほど。

で,その目盛のデータ,一応PDFで用意したので参考までにどうぞ。切り抜いて使うの前提だから周辺部は割とアバウトだけど[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Purple Avalon | main | Final Fantasy XIV Official Benchmark »»
«« カテゴリ内前記事(花?華?) | recording | カテゴリ内次記事(IM@S 5th Anniversary) »»
2010/06/22
Strike Witches 2
先週の土曜日,Shibuya O-EASTで行われた。ストライクウィッチーズというアニメのシーズン2放送開始(来月から)記念のイベントに行ってきました。前作ではチョコッと,今シリーズもそこそこ関わっていて(関わり具合はまだ言わない方が良いのか!?)関係者として。イベント序盤は第一話の上映があり,恥ずかしながら初めて映像を見まして「こういうアニメだったのか」と今更知った次第あせあせ 画の懲り具合が凄くてビックリ。これを毎週って大変過ぎじゃ無かろうかとやや心配になりました!?

キャスティングが,これも今更なのですが,豪華ですよねぇ。正直なところスタジオに行くのが楽しいですチョキ でもキャストの中で一番気になっている,と言うかお会いしたいのが郷田ほづみさん。キャラソン唄わないから会う可能性はかなり低いですが。実は氏がかつて所属していた,というかメンバーだったお笑いトリオ,怪物ランドのファンで,その怪物ランドの本が出版された際サイン会,人生最初で最後,にも行ったことがあるぐらい。ってことをレコーディングの合間の雑談ではなしていたら郷田サンTwitterをやられてますよと教えてもらった。うーん,そうかぁあせあせ

ってところで話が変わりますが,最近一つのエントリに無理矢理複数ネタを放り込む展開ばかりですが,暇なときShakiraのWaka Waka (This Time for Africa)をループしまくってます。そう2010 FIFA World Cupのオフィシャルソング。


良い具合に映像(いきなり原田泰造キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!?)と音でW杯気分が煽られます。アフリカでお祭りイベント,ってのに合っていてなかなかセンスのあるチョイスだと思います。ギターの音色に何故かキング・サニー・アデを思い出した。それに比べ日本のTVの……音よりも大人の事情が,みたいな感じで雨 そんなこともありつつもこのビデオ,気に入ってる理由がもう一つあってダンサーの向かって一番右の娘がSO CUTEでついついReplayしてしまいます。と,バッキング・コーラスのお姉さんの左側,楽しんでいるのかいないのか表情の読めない具合が何故かもう一度見たくなってしまうきらきら

posted at 2010/06/22 2:50:27
lastupdate at 2010/06/22 2:50:27
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字