[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/05/23 :: VistaでCubase,なんだけど
DAW,Steinberg Cubase 4を使うのはDual CoreなAMD Optron 275を2発積んだ自作PC [:吹出し:] でやっているのだが,出先で急遽とかちょっとしたエディット用にThinkPad T60p [:吹出し:] にもCubase 4を入れている。ちなみに使用許諾契約書(EULA)には


2-2 ユーザーはユーザーが所有する1台から,最大3台までのコンピュータの本ソフトウェアのライセンスをインストールすることができます。Steinberg Keyを使用して本ソフトウェアを同時に使用できるこれらのはこれらのコンピュータのうち1台のみです。


と書いてあるので無問題。Cubaseはアレンジ用,リミックス用ぐらいのつもりで当初は使っていたのだが,最近,というか数年前から唄エディット専用機な感じになっています[:あせあせ:] Waves Tuneを使っているせいかPro Tools(HD for MacやLE for Windows)でやるよりもCubaseの方が動作が軽いんですよね。どうせレンダリングするわけだし。

というわけで,ThinkPad T60pにCubase 4を入れたのだがどうも動作がおかしい。正常に動作していると言えばしているのだが,やたら画面表示がもたついてるし反応もきわめて遅い。しかも設定画面やらで文字が見えなくなるとか(カーソルを一度通過させると表示されるようになったり)挙動がおかしい。例えば下のような感じ。VSTコネクションのデバイスポートを設定する画面なのだがポップアップメニューの選択項目の一部が非表示になったりしてしまう。

!!$photo1!!
システムのフォントをレジストリでいじった後だったのでそれが原因かもしれないと何となく元に戻してみたりしたのだがそれでもダメ。Cubaseを日本語表示から英語表示へとしてみたり(いつも英語表示で使っているけど),Vista Ultimateの表示言語をEnglishにしてみてもダメ。

とりあえずThinkPad T60pでCubaseをガシガシ使うわけでもないのでシステムフォントはカスタマイズしたままでCubaseがましに動く条件を探ることにしてみた。といってもフォント関係で動作がおかしくなっているのは明白なのでコントロールパネル「デザインの設定:効果:次の方法でスクリーン フォントの縁を滑らかにする」のチェックを外してみたら案の定普通にほぼXP並みに動作するようになった。普段はその設定をClearTypeにしているのだがこれは標準にしただけでも効果があった。ただ文字表示は汚くなるけど。

しかしその解決法だと今ひとつ納得がいかないこともあり,Cubase自体を英語表示に設定していても日本語OSと英語OSでは使用されているフォントが微妙に違うのか,文字表示の見た目が違うのことを思い出してもしかしたらと思い,試しにコントロールパネル「地域と言語のオプション:管理:Unicode対応でないプログラムの言語:システムロケールの変更」を「日本語」から「英語(米国)」にしてみた。大ビンゴ[:チョキ:] ClearTypeがオンの状態でもCubaseがスムーズに正常動作。でも,この設定にするためには再起動が必要だしUnicode非対応の日本語ソフト,例えばATOK 2008とかは当然のごとく文字化けの嵐。そこで思いついたのが英語版XPでUnicode非対応の日本語ソフトを文字化け無しで(あくまでも一時的に)使えるようにするソフト(?)Microsoft AppLocale Utility。あくまでもXPおよびWindows Server 2003用なのでVistaで使うのは不安だったのですがまぁダメもとで入れてみました。インストールは問題なし。そしてAppLocaleからCubase「アプリケーションの言語」を「英語」で起動してみたら予想通り英語版OS上でのCubaseの見た目になり動作も正常,文字も正常に表示される。ただしちょっとした問題も。一つは日本語を使っているトラック等は文字化けしてしまう。あと当然のことながら言語指定で日本語は選択できなくなってしまう。

!!$photo2!!

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Final Fantasy XIV Official Benchmark | main | Out of the Blue »»
«« カテゴリ内前記事(Pro Tools HD 8.0.4) | rec pt | カテゴリ内次記事(NeoからDigiLink Cable) »»
2010/06/26
Waves CLA Classic Compressors
[rec pt
Digidesign Pro Tools用のPluginにはいわゆるヴィンテージ機器を再現した,というか模したものが豊富なのだが,他のプラットホームよりその傾向が強い印象を受ける,どれもこれも見た目だけ凝っていてその音はというと計算上はヴィンテージ機器と同じ特性になっているかも知れないけど「質」はとてもヴィンテージ機器のそれと比較にならないようなものばかり,という印象を持っていた。特にBomb Factory製のものあせあせ

そんな思い込み,偏見と言えば偏見,があったためWavesのPlutinum Bundle以上にversion 7から付属するようになったPultecのEQを再現したPuigTec EQP-1AMEQ-5も「どうせ見た目だけだろう」と全然使っていなかった。ある日たまたま試しにそのプラグインをインサートしたら,もう目から鱗,とりあえず何もしなくても音の存在感が増し,有り体に言えば太くなると言うのか,EQの効きもBomb Factoryのものよりも明確で「これは使える」と今更気づき「Wavesのレプリカは使えるかも」と言う認識に変わった。そんなPuigTec,いっその事全チャンネルにインサートしてみたくもなるのだが一つインサートする毎にHD Accel (PCIx)の1DSPを50%消費してしまう贅沢仕様なのでなかなか全部,と言うわけにはいかない。

その認識の変化で俄然興味が湧いてきたのがCLA Classic Compressorsというバンドル品。Universal Audioの歴代名器,LA-2A,LA-3A,1176 revision B,1176LN revision Dを模したプラグインのセット。普段Mixingするときはこの手のコンプレプリカプラグインはあまり,というか全然使っていなく,アウトボードでEmpirical Labs EL8 Distressorを1176的に使いたまに1176の全押し効果が必要なときだけBomb Factory BF76を使うぐらい,どうしてもAttack,Releaseの自在度が高いMcDSPのコンプを多用するのでWavesのそのレプリカコンプは必要性が低いように思えたのだが,実際1週間使えるDemo版で試してみたらかなり納得のいく,違和感の少ない1176だったので使用期限が切れる前に某海外オンラインショップでライセンス購入。TDM版は日本国内だと復刻版ハードUniversal Audio 1176LNが新品で買えるぐらいの値段なのだが半額ぐらいで購入できました。実は試用のつもりだったのだが継続中プログラムのミックスで使ってしまって,後々再現するために正式版が無いとまずい状態に,自ら退路を断ってしまったため買うしかなかった,と自分に言い聞かせてるあせあせ まぁ試用の段階で大外れでなければ買うつもりではありましたが。

Waves CLA Classic Compressors

音の方はBomb Factoryのものを「よくも本物そっくりと謀ってくれたな」と首を絞めるかわりに全Deleteしてもいいだろうと思えるぐらい,と言うとちょっと大袈裟か。しかしBomb Factoryの音の細くなる加減,存在感の消失加減は容易に確認できるぐらいに差はある。Bomb Factoryはもう一つ1176タイプコンプとしてPuple Audio MC77があるけれどもこちらも芯が無くなる感じは類似している。BF76と比べるとトレブル当たり,2KHzから4KHz当たりが若干控えめでちょっと傾向がつがうけれども。トレブルの感じはBF76とWavesのCLA-76は結構似ている印象。ただハイはCLA-76のほうが入出力トランスを経由したような音をより意識しているように思える音になっていてシルキーで伸びやか。ただ前出Distressor(IOはLynx Aurora 8に訳あってJensenのトランスがかんでいる)と比べてしまうとプラグインの限界か,押しの弱さ,芯の抜け加減が若干気になる。Universal Audio 1176AE(電解コンデンサ全交換の改造版)とも比べてみたけれどもやはり同じ傾向。やはりハードと聴き比べてしまうとCLA-76でもちょっと物足りなさを感じてしまう。

ハードウェアと比べるとさすがにアレだけど,インサートするだけで期待を裏切らない効果を発揮する感じは素晴らしい,「使える」と感じる。少なくとも爆弾工房よりはその気にさせてくれる音質。と,各パラメーターは数値入力も可能なので微調整時などに便利。ただDSP消費量はAccelでCLA-76がモノで約30%,ステレオはその倍。CLA-2A,CLA-3AはCLA-76のそれぞれ倍程度消費するので「あらゆるトラックへ」みたいなことはちょっとキツそう。個人的にはこれらのタイプのコンプが湯水のように使えたとしても数トラックにしか使わないだろうから問題はないけれども。

ところでそのWavesのサイトにTipsとして「Vuvuzela Noise Reduction」と言うトピックが掲載されている。中継を見ているとき手軽に,って趣向じゃなくもろポストプロダクション向け。700Hz当たりをNotch Filterで思いっき切るとブブゼラをオミットできるみたい。ブブゼラと言えばグループCのイングランド対スロヴェニア戦で結構まばらでその代わりにチャントがちゃんと聞こえて(?)これぞFootball Gameって感じで良かった,そしてJohn TerryのPenguin Dive,涙が出ました。これでチームに魂が込められた。あとはWayne Rooneyが覚醒するのみ!?

posted at 2010/06/26 21:33:28
lastupdate at 2010/06/27 2:21:21
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字