[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 06   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/12/08 :: ProTools 888|24 I/O 改造
先日CEC CD3300改造用のパーツを注文するついでにProTools 24|MIX用のAudio Interface,888|24 I/Oのプチ改造用に電解コンデンサ,ELNA SILMIC II (RFS)の10µF/25Vを32個ほど併せて注文していました。

888|24はInputにBURR-BROWNのDifferential Line Recievers,INA137を,Outputには同じBURR-BROWNのSingle OpAmp,OPA134とAudio Balanced Line Drivers,DRV134を使っているのですが,各チャンネル毎に±両電源にディカップリングコンデンサが使用されており,なるべくチャンネルセパレーションが良くなるような設計になっています。そのディカップリングコンデンサ,オリジナルでは3.3µF/35Vの表面実装タイプの電解コンデンサが使われているのですがこれを今回SILMIC IIに置き換えてみようという目論見。

!!$img1!!888|24はBURR-BROWN製品を音の入出力に使っているせいかどうか,ちょっとジャリッとした,というかよく言えばガッツのある元気な音でそれはそれでいいのですが,最近それにもチョッと飽きてきた,というかここ最近「ひとりSILMIC祭り[:クラッカー:]」状態で,試しにそのディカップリングコンデンサに並列にSILMICを入れてみたらいい具合に音が変化したのでそれなら全部換えてしまおうと。各チャンネル±で2個使われていて,これがINPUTで8チャンネル分で16個,OUTPUTも同数で合計32個,全取っ替えしてみました。所要時間は30分ぐらい!?

で,効果の方は,というといい具合にSIMIC IIの特色が出て高音の伸びが良くなったように感じられ,金物の響きとかが良くなっています。ただ,変化は結構微妙ですけど[:あせあせ:]

これまでこの888|24はOutput 1-2のOpAmpをAnalog Devices AD8066ARに張り替え,7-8にUnbalanceを増設し,今回のディカップリングコンデンサの交換でダイブ進化(?)したのですけど更にOUTPUT全チャンネルのOpAmp交換をちょっと考えてる。黒いダイヤの異名を持つOPA627にしてみるかAnalog Deveicesの何かにするか思案中。アナデバの「プロオーディオ用の」とカタログに書かれているOpAmpも激しく気になっている今日この頃[:目がまわる:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 列車でもカツ入れ | main | ウイニー公式サイト »»
«« カテゴリ内前記事(Google Reader) | pc | カテゴリ内次記事(直刺しAC) »»
2007/04/05
USB LANアダプタでプチ発見
[pc
ふとした思いつきで,本体 吹出し 直挿しで使っていたUSBギガビットLANアダプタ,I・O DATA ETG-US2をプリンタ等とともにHUB経由(勿論セルフパワー方式)でつないだらちょっとすっきりするかなとやってみたのだがちょっと気になる問題が発生。何となくやってみたネットワークドライブに対する転送速度ベンチマークの結果が思いのほか芳しくない。以前ETG-US2を買った時のテストと比べると15%から20%ぐらい遅くなっている。

いろいろあれやこれや接続を変えてみたり,もう一度直挿しに戻したりしてみて分かったことは,HUBにETG-US2だけを接続するとロスはないのだが,HUBに複数の機器を接続するとETG-US2の転送速度が落ちるというものだった。同時使用で転送速度が落ちるというのであれば納得できるのだが,接続しているだけでも速度が落ちるってのは新発見だった。試しにUSBインターフェイスの外付けHDDでもCrystalDiskMarkを使って計測してみたのだが,やはりHUB複数挿しは直挿しもしくはHUB単独挿しと比較すると連続読み書き,ランダム読み書き512Kで12%〜17%速度が落ちる。ランダム読み書き4Kはほぼ変化なしだった。ということで速度重視のUSB2.0機器は本体に直接接続すべし,ってことなんでしょうねぇ。

もう一つ,ETG-US2を外したりまた付けたりと試している時気がついたのだが,内蔵Ethernetポートを使う時よりETG-US2を使ってWeb Browsingしているときの方がCPUの空冷ファンが高速度で回る頻度が高いということだった。つまりETG-US2を使う時の方がCPUに負荷がかかるということ。USBだからその分負荷が多くなるのは分かっていたけど,体感(ファンの音)出来るほどとは思っていなかった。これを例えばCardBusにするとどうなるのかちょっと気になるけど……花

posted at 2007/04/05 0:42:52
lastupdate at 2007/04/05 0:42:52
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字