[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/11/03 :: mounted the muting cirtuit on D-150AII
1ヶ月前ぐらいに購入したAmcron (Crown) D-150A Series II,基本的には問題なし,快調なのだが,前回書かなかったけれども,電源投入時,OFF時,「バツ!」とか「ボツ!」とかそこそこ盛大な音がして,一瞬のことだしスルーしようかとも思ったのだが,たまに接続しているYamaha NS10M Stuidoに大ダメージを与えかねないような音の時もあるし,これは電源連動のミュート回路をつけないまずい,と考えるに至り取り付けてみました。

ネットで回路図を拾ってきて完全自作,は面倒だったので完成品もしくはキットで,と探して値段的にも回路的にも良さそうなイトウ電子部品・販売のこれ,NECのステレオパワーアンプ用保護回路IC,µPC1237-Aを使ったキットを購入。取り付けてみました。

製作には詳細な解説ページが用意されているのでかなりに容易に作ることが出来る。

D-150A IIの電源トランス2次側からのAC取り出しは写真のように,ダイオードブリッジの足に接続し(細めの白い線),センタータップ(Ground)はすぐ脇の電解コンデンサのマイナス側のポイントに接続(黒い線)。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
定数はほとんどキット通りなのだが,電源電圧がマックス±36Vなのに対してD-150A IIは45Vなので,リレーの電圧調整用抵抗R7を,470Ωから1KΩに変更。これでリレーには21.5Vの電圧がかかる。もう一つ電源投入後リレーがONになる時間はキットの通りだと約1秒なのだが,これをちょっと長くするためにC4の33µF/16Vを100µF/25Vに変更。これは計算通り,と云うよりも余っていた電解コンデンサで合いそうなのがこの値だったための選択。これで約電源投入後3〜4秒でリレーがONになるようになった。

そしてターミナル付近の接続はこんな感じ。結構雑だけど。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
仕様線材は,これまた余っていたオヤイデで購入した絶縁被膜ありの純銀単線0.8mmを使用。本来ならば,一定以上のDCがパワーアンプ出力を切断する保護回路を有効にするための配線も必要なのだが(パワーアンプ出力をパラにして検知用端子に接続),必要ないだろうと,ちゃんと調整もするし,ミュート機能だけを使うのでその配線は省略。

音の変化は,厳密に言えばあるはずだろうけれどもほとんど無視できるレベル,でしょう。これでノイズが消えて,ようやく普通になりました[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint again | main | DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM »»
«« カテゴリ内前記事(foobar2000 and ASIO) | pc for daw | カテゴリ内次記事(Premium2 vs Nero) »»
2010/08/01
Blu-Ray
先月頭ぐらいにDAW用PC 吹出し のオプティカルドライブを全面的に入れ替えてました。DVDドライブはPioneer DVR-116DSV(DVD最大書込速度20倍速)のバルク品だったものをブルーレイドライブの現行リテール品のPioneer BDR-S05J-BKに。CD-Rドライブは長年使い続けているYamaha CRW-F1(AudioMASTER搭載のヤマハ最後のCD-Rドライブ)をPlextor PlexWriter Premium2へ。久しぶりに1万円を超えるドライブを買ってしまった,というか両方あわせると5万に迫るぐらい,結構な大盤振る舞いスマイルフェイス

Blu-Ray
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-7

BDR-S05J-BK購入の動機はもうそろそろブルーレイドライブを買っても良いかなと思っていて,どうせなら久しぶりに光学ドライブで贅沢してみようと,結構軽い理由。同じ中身を使っているバルク品のBDR-205BKという選択もあったのだが見た目と静音性と付属ソフトでBDR-S05Jにしてしまった。と,ディスクの汚れや傷によるデータ欠落などによる音質変化を最小限に抑えるというPureRead2という機能にも惹かれたので。ただ実際使用のメインとなるDVDの書込が最大16倍(DLは8倍速)でDVR-116Dの20倍速(DL12倍速)と比べると下がってしまうのだが実際使用ディスクによってそこまで速度が出ないからたいした差ではないと判断。

折角ブルーレイドライブを導入したのでPro Toolsのデータの納品などに安くなってきているBDで,とは思うモノの如何せん周囲の普及率がかなり低そうなので当分データの受け渡しなどには使えないだろうと考えてる。2層で50GBだからかなり便利なのに。おそらく周りにコアなVAIOザーがそこそこいればBlu-Ray移行もそれほど難しいものでは思うのだが音楽業界圧倒的多数のMacユーザーがBlu-Rayを選択するというのは,現行機種がデスクトップでさえ未だにブルーレイドライブ搭載機が無くBTOでさえ選択できない状況を鑑みるに当分あり得ない感じ。Apple的にはライセンスとか二次的に金が入って来ないから積極的じゃないのか,ブルーレイディスクによらない映像コンテンツ戦略があるから敢えて無視しているのか?

PlexWriter Premium2のほうはAudioMaster機能搭載している唯一の現行品なので以前からいつか買おうとは思っていて,いざそのつもりで新宿西口のヨドバシカメラに行ってみたらいつも棚の上にあったブツが無くなっている。慌てて帰ってきてネットで調べてみたら内蔵タイプは在庫無しか取り寄せ,そして中には「取り扱い終了」となっているモノまであって,だったら外付けUSBでもと思って探し在庫があるところから取り寄せたもの。中のドライブだけ取り出して内蔵,PATAで接続している。このエントリを書くに当たってあらためて調べてみたらPlextorの現行品の製品一覧ページからも消えて販売終了製品に移っている。プレクスターのネットショップからも消えているので生産終了,メーカー在庫も無くなったと言うことだろう。ネットで見てみると在庫を持っているところだけが辛うじて販売している状況になっているようだ。

殆どAudioMaster搭載機の押さえとして買ったような物なのだがYAMAHAのCRW-F1と違って横置き設置に対応しているしトレイ開閉音も高級とは言わないまでもプレクスターらしい落ち着いた動作音でかなり良好。試しに,そんなに違いは出ないと思いながらBDR-S05J-BKとオーディオ・リッピングの音質比較をやってみた。使用ソフトはWaveLab 6でドライブだけ違うという条件。すると意外と,いつもこういう比較をすると神経質に厳密にやってしまうという意味合いでなのだが,差が出た。Premium2のほうが音全体に厚みがあるというか情報量の充実度が違っている印象を受けた。BDR-S05JのPureRead2に期待していたのだがPremium2の音響コンデンサを使用するとかオーディオCDに対する基本的な作りの良さが音に反映されていると思われる。ただデジタルデータを読み込むだけのことにそんな差が出るのか不思議ではあるけれども。ちなみにCRW-F1とも比べてみたけれどもやはりPremium2のほうが質的には勝っている印象だった。

posted at 2010/08/01 17:29:55
lastupdate at 2010/08/01 17:29:55
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
バルクってなに?
at 2010/08/02 15:40:19
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字