[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/03/13 :: Dayton
前回,周波数特性測定云々の話をしたが,それはちょっとしたHigh Pass Filterを作るために必要だったからだった。実験の結果必要となるパーツ,コンデンサ,容量が6.8µF〜10µFのものと判明し数年前なら迷わずBlackGateのバイポーラ(無極性の電解コンデンサ)をとなるところなのだが知っての通り最早入手不可能。ストックがあったものの容量が0.47µFで使えない。そこでコスト,サイズ的に不利だけれどもフィルムコンデンサで選んでみることにした。勿論目的の特性を実現するためだけなら普通の電解コンデンサでも構わないのだが音声のラインにまさしくインサートされるモノなのでそれなりのモノを使わなくてはならない。

以前,自作真空管マイクプリアンプ(本人的にはManley Cloneのつもり)に使ったMulticap(当時記事)でいいかもと思ったのだが該当容量のものは国内では入手不可能そうで,かといって海外から取り寄せる程悠長に構えているわけにもいかないので,ネット上でコストパフォーマンスがいいとの評もある,と云ってもスピーカのネットワークで使っての話だが,Dynatonを購入してみた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
購入先は始めて利用した横浜ベイサイドネットというショップ。金曜夜に注文して翌日発送と素晴らしく対応が早い。本当はPrecisionシリーズ許容差±1%の6.8µF,8.2µF,10µFをそれぞれペアで,と思っていたのだが6.8µF以外品切れだったので同社の許容差±5%のMPTから10µFを。バランスラインで使いたいためなるべくばらつきのない1%にしたかったのだが本命が6.8µFなのでまぁよいかと。

実際組み込んだ話はまた後ほど。凄くバカな(無謀な?)ことをやる予定なのでもしかしたら恥ずかしくて公開しないかもしれませんが[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM | main | Deutschland »»
«« カテゴリ内前記事(Blu-Ray) | pc for daw | カテゴリ内次記事(Gadgets) »»
2010/08/08
Premium2 vs Nero
先日,マイ機材持ち込みでの作業の最後にCD-Rを焼くことになりPlexWriter Premium2で,ソフトにはNero Burning Romを使いAudio Masterで焼はじめたらLead-in辺りまでは順調そうだったのだがTrackを書き始めた辺りでエラーが発生しタスクが終了してしまった。その時は原因を検証している場合じゃなかったのでとりあえずAudio Masterではなく通常のTAOで焼いた。

Plemium2にはPlexTools Professionalというユーティリティが付属しているのでそれを使えばいいのだが使い慣れたNeroでやったらこの様あせあせ Neroは先月ぐらいに10へアップグレードしたばかりでそれが原因?!とも思ったり。Neroと言えばNero Burning ROM単品の購入も出来るようになったのだがアップグレード料金とあまり変わらないのでNero Multimedia Suite 10 A型 にしてしまったが結局Burning ROMしか今のところインストールしていないあせあせ

後日原因を探ろうと色々試したらオーディオCDのイメージファイル.cueはAudio Masterで焼けることは判明。CompilationでAudio CDを焼くとエラーが起こるらしい。更にオプションチェックを色々外したり入れたり検証を進めたら,その間無駄にしたCD-Rは十数枚,Writing MethodをDisk-at-once/96等にしておいてWrite Speedを4x (600 kB/s)にしたあとWriting MethodをAudio Master Q.R.にするとCumpilationからのBurningが正常に出来るようになったみたい,数枚その手順でやったらエラーが発生しなくなった。ちなみにAudio Master Q.R.にするとWrite Speedの項目が消えて速度は指定出来ないようになってしまう。Yamaha CDW-F1の時は最大で8x,Autoも選択できたのに。Premium2は4x固定なのか?

はっきりしない解決なので気持ち悪いけどとりあえずなんとかなったようだ。まぁNeroの他にPlexToolsもあるしDiscJugglerも入れているのでそれらを使えば良いだけの話だけれどもスマイルフェイス

Premium2 vs Neroちなみに持ち込み機材はこんな感じ。パッと見,ラックマウントPCだしIOも非デジなのでよもやソフトを立ち上げるまでPro Tools HDとは思われないッぽいチョキ来週末ぐらいにはオヤイデNEO PA-26HDが届く予定なので,発売日に3m2本を速攻注文,外見は更に「らしく」なくなる予定。
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-7

posted at 2010/08/08 23:22:15
lastupdate at 2010/08/08 23:22:15
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
macoteauがエラーしたの?
at 2010/08/09 15:43:22
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字