[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 11   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Avid Pro Tools HD 8.1 | main | Cats in the dark »»
«« カテゴリ内前記事(Avid Pro Tools HD 8.1) | rec pt | カテゴリ内次記事(One Song) »»
2010/08/21
Auxiliary
[rec pt
XLogic Alpha-Link MADI-AXDelta-Link MADI-HDとの組み合わせでは1台でAnalog 24ch + Digital 8ch,或いはその逆のDigital 24ch + Analog 8ch,合計32chを独立で入出力出来き普段はAnalog 24chをパラ出し用とし残りDigital 8chは使用していなかった。将来的にはそのデジタルアウトにDAC新たに追加し,そしてその分のサミング・ミキサーを,なんてことを何となくずっと思っていたのだが,ふと,コンビニへ買い物に行く途中,ReverbやDelayのSend Busとして使うとどうなるだろうか,と思いついた。きっとPro Tools HDを8.1へアップデートした際I/O Settingをいろいろ弄っていた後だったためそう思いついたのかも。

早速帰宅後試してみた。MADI-AXはデジタルアウトはADATオンリーなのでオプティカルケーブルを,ケーブルも廉価なものだと逆効果になる可能性もあるのと考え以前購入したそこそこ良いお値段のREQST Z-OPT01でin-outを接続,

Pro ToolsでBounce to Diskの代わりにDigitalで一度外出ししたものを録音するという手法が用いられることがありますが,Auxiliaryでも効果としては同様で内部バスではソリッド過ぎるきらいがある傾向が一度デジタル外出しすることによってそのソリッドさが軽減されよりナチュラルになる感じ,人によっては刺激的な部分が削がれるので物足りなくなるかも知れないが,オケに馴染みやすい,扱いやすくなる(あくまでも個人の感想)。そしてそのリターンを受けるAux TrackにReverbをインサートすると内部バス経由とはひと味違うテイストになることが確認できた。ウォームと言うと言い過ぎかも知れないが,中域が整理され過ぎないでしっかり残っていてソース音とリバーブ音がしっかり同じ風景の中にいるような,絡み具合がしっかりしているというか。その風景を体験しつつ内部バス経由に戻ってみるとリバーブ音が別レイヤーにいるかのような馴染み加減の悪さを感じてしまう。通常の用法による「プラグインのリバーブだからこんなモンでしょ」と云う認識を改めるに足る効果は少なからずあるように思える。

勿論ディレイ,リバーブに限らずパートをまとめる際のサブミックスでも有効な方法だと思われる。また,ADATではなくAES/EBU経由だとまた違ってくる(一般的には後者の方が音質的に有利と言われている)。実際Lynx Aurora8のAES/EBUで試してみたら更に腰が強いというか,力強い音になった。機種が違うので単純に比較は出来ないけれども。ちなみにこういうことをやりまくると遅延補正(Delay Compensation)は必須。

posted at 2010/08/21 21:16:31
lastupdate at 2010/08/22 1:16:46
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字