[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/11/10 :: Black Gate Returns
先週ぐらいからちょっと暇になったので,忙しい時期に思いついたけど手を付けられなかった機材のメンテやチューニング,機材システムのアップグレードなんかを集中的にやってて,実験やら買い出しやら,足りないもので自作できそうなのはDIYでまずは設計から,なんてやり始めたら結構やるべきことが多くなってしまって大変なことに。

!!$img1!!そんな中,真空管使用機材のメンテとチューニングのためにSOVTEK 12AX7LPSを数本,Black Gate VKシリーズの電解コンデンサ(耐圧350V)を,写真では6個だけど先週だけでなんだかんだで十数個買ってしまった,今更ながら[:あせあせ:] Tube Micの音をもっと向上させられないかと思って,マイクの中身や電源を見て使われている電解コンデンサが韓国の聞いたことのないメーカーのものだったのでこれらを置き換えればもしかしたらと。中でもB電源の整流回路に使われている電解コンデンサの置換だったら難易度も低そうだし効果もある程度予想が出来たのでやってみることに,そして在庫状況・値段(一個900円弱)を見てBlack Gateでいけそうだったのでそこそこ大量購入となった。

Tube MicのPSUのB電源用6本を全交換してみたのだが,予想通り,低音の伸びがグンと伸びしかも切れのある感じ,さすがBlack Gateと言ったところ。そして,これに気をよくして別の機器の容量が在庫があって合致するものだけを置き換えてみたらこれもいい具合。ヴィンテージで太いのとちょっと違って現代的な太さ,スピード感があってもたつかない感じ。あとトレブル方向も滑らかな感じになった。どういう機器に使ったかはまた後ほど。自作マイクプリではない。と,Tube Micのほうも,今年春先に買ったんだけどまだレポートしてなかった,これもまたそのうち。日本未発売のもので(おそらく)今一番のお気に入り。の割には改造してるわけだが。先日購入した6072Aもこれに使っています。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Pulse EIA-Rack Aluminum | main | Pitch Shifting with Wavelab »»
«« カテゴリ内前記事(Windows Key vs Pro Tools) | rec pt | カテゴリ内次記事(Pitch Shifting with Wavelab) »»
2010/10/05
Pitch Shift
[rec pt
仕事でたまにオケの音程ものを全部半音上げてとかいうオーダーがあったりすることがあります。最善の方法はアレンジャーさんが半音上げでオケを作り直して生楽器類は再度入れ直し,なのですがいろいろオトナノジジョーで「生楽器はプラグインで……」とか「オケ全部をプラグインで………」とか云う場合もなきにしもあらず。そんなときはAvid Pro Toolsの場合プラグイン,というかAudioSuiteで処理して音程を上げたり下げたりするのですが,この時サード・パーティーも含めたプラグインによる音質の違いはどの程度なのか気になったのでちょっとテストしてみた。よく聞くのはSerato Pitch 'n Timeが一番とか。Gearslutz.com辺りではX-Formのほうが良いとか。結果次第では新たにプラグインを買わなければとかあったからでもありますあせあせ そうPitch 'n Time Proはまだ持っていなくて,しかもオンライン購入でも$800ぐらいで高価。買わなくて済む選択があればというのが正直なところ。従ってPitch 'n Time Proは30日のデモ版で試した。

テストはPro Tools HDに適当に音を並べて,BassとかPianoとかVocalとか,それを複製しそれぞれのトラックにAudioSuiteで単純に2 half tones上げ,全音上げ処理,という感じ。比較は前出Pitch 'n TimeとX-FormSoundtoys Speed

一番ガッカリなのはSpeed。処理速度は速いけど結果もそれなり。Pitch 'n Time ProとX-Formは結構肉薄。でも中低音の生き残り具合はX-Formの方が優れている印象。芯が残っていて扱いやすそうな音。女性ボーカルだとPitch 'n Time ProでもX-Formでもどちらでも良いような印象を受けた。ちなみにX-FormでBassをMonophonicで処理したらノイズっぽくなったのだがPolyphonicでやってみたら問題無かった,ってことがあった。総合的に音質の面ではX-Formに軍配が上がるのだが処理時間はX-Formの方が圧倒的にかかるので,「フリーズしてる?」と不安がらせる程,時間に余裕があるときはゆっくりX-Form,時間と質を両立ならPitch 'n Time Proってことだろうか。時間を取るならとりあえず音程もの全トラックにPitchプラグイン挿入のが手っ取り早いけどあせあせ

そしてもう一つ,Regionを書き出して外部ソフトで処理するとどうなるかも試してみた。試したのはMAGIX Samplitude 11とSteinberg Wavelab 6。

Samplitude 11では一番質の高い,と思われるUniversal HQで試してみたのだが質としてはX-Form並。ただ処理速度は速い。従ってわざわざ外部アプリを使う手間に見合う効果があるとかと言えば結構微妙。それに対してWavelab 6でPitch Correction(ピッチシフト),設定はBest,Use DIRAC processor : Average Time/Frequency localizationを選択のほぼこれ以上ない高品質設定で試してみた。ビックリ,もう別次元キャラ挙手 全音上げたとは思えない品質。これを聞いてしまうとX-FormもPitch 'n Timeも特に唄などはオモチャぐらい,とさえ思えてしまう。ただ処理時間は流石に長い。わがDAW用PC 吹出し でも1分のStereoが約6分40秒かかる。Wavelab 6はMulti Core非対応なので来月登場するMulti Core対応のWavelab 7ならCore分(スレッド分)速くなるのか気になる。

というわけで新しいプラグイン,Pitch 'n Time Proは要らず。ピッチ上げは一晩かけてWavelabでバッチ処理,というのがわが環境のベストチョイスでしょうかチョキ

posted at 2010/10/05 22:53:13
lastupdate at 2010/10/05 23:01:18
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
仕事するの?
at 2010/10/08 15:58:21
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字