[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 06   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/05/31 :: 入力セレクタとバランス出力回路,電源回路もね
前回に続いて今回はセレクタ回路部分とバランス出力回路,そして電源回路部分のお話。

例によって回路図はPDFで用意したのでこちらをご覧ください。不便な割にはIllustratorでしこしこ作ってます[:スマイルフェイス:]

!!$img1!!セレクタ部分(計画性に乏しい感じで進めたので写真で見るとかなりごちゃごちゃになっています,所々空中配線だし),最初は機械式のスイッチでもいいかなと,あるいはロータリースイッチでもと思っていたのですが,ケースを選定した時点でフロントパネル部分(44o×193o)に大きめのパーツを付けられくなってしまったことと,切り替え時に隣り合わない入力へ瞬時に切り替わるようにした方がいいと考えロータリースイッチは却下。鑑賞目的ならロータリースイッチでも構わないのかもしれないけど,ミックスダウン等をしている時聴き比べで頻繁に切り替えをすることがあるので多少手間はかかってしまうけれどもC-MOSロジックIC(NANDゲート4011とインバータ4069)による3者択一回路とリレーとの組み合わせで製作することにしてみた。今時だと信頼性の高いアナログスイッチ,アナデバのADGナントカとかあるのだけどオン抵抗とかやっぱり気になるのでリレーで行くことに。三者択一回路は,今時だともっとシンプルだけどインテリジェントなIC等があると思うんだけど調べるのが面倒だったこともあり某書籍からのもろパクリ[:あせあせ:] その本の名前は『ロッキンf別冊 エフェクター自作&操作術 version 3.0』という「昭和60年6月30日改訂増補版発行」とか書いてある古い本でわたし的にはバイブル的本なのです[:キャラ挙手:] リレーはちょっと音質的によさげな富士通コンポーネントNA-12W-Kを使用。接点に「接触信頼性に優れた金張り銀合金」が使われているのが気に入った[:親指サイン:] マランツのSACDプレーヤの最上位機種にも使われているみたい。スイッチはタモリ倶楽部にも登場した世界の肉界,日開こと日本開閉器工業の照光式押ボタンスイッチ,φ8のseries HBを使用。

出力回路はミュート用のリレー経由後ボリューム(今回は東京光音CP-601を使用)に行き,その後Dimmer経由してバランス出力回路へ。回路図を見て分かるとおりバランス出力回路はSSM2142以外パスコンのみという超シンプルさ。音質的なところは後でチェックし直して後ほどレポートします(引っ張ります)[:あせあせ:] ところで「Dimmerって何?」とお思いでしょう。英和辞典で調べると「調光器」,この場合は音量を絞る回路,といってもただの抵抗(SSM2142の場合入力に抵抗を入れるだけどOK。10kΩで約-6dB)ですが,のことです。中級以上のミキサーにはだいたいついていてSSLなどの大型コンソールではDIMスイッチ及びその減衰量をコントロールするトリマーがついています。本来はトークバックでスタジオと会話する時,モニタスピーカーから出ているマイクの音でハウルのを防ぐためモニタ音量を下げるためのものなのですが,ミックスダウン等で極小音量で聴く時などボリュームを限りなく絞るよりDIMスイッチで下げた方がボリュームの端っこのリニアリティの悪いところを使わないですむので(安いパーツを使っていると片チャンネルが消えたりする)結構便利。自分の場合バランスをとる段階など,ヘタするとひそひそ声より小さい音,ナントカブリーズより小さい音,って実際聴いたこと無いけど,で作業するので必要不可欠。

!!$img2!!電源は,今時ならスイッチング電源なのでしょうが80年代の知識で未だに電気工作をしてしまうわたしとしてはどうしてもスイッチング電源が信じられずリニア電源を採用。ただちょっと変わっていて78M15を二個使って±15Vを得ています。これはわたしにとってのもう一つのバイブル『ミュージック・エレクトロニクス実用講座』(1985年第一版発行) [:A型:] からのパクリ。要は二つのうち一つのレギュレター出力をグラウンドに落としてしまい,OUTとCOMの電位差は15VあるのでOUTが「0」ならCOMは「ー15V」でしょ,という理論。わかる?[:雫:] また同一ロットの78M15を使えば当然出力も似通った値になりやすくなり正負同じ電圧を得られやすい利点もある。ちなみに今回作ったやつでは0.02Vぐらいの差があっただけ。LM317とLM337で半固定抵抗を使いつつ,って方法もあるけど部品点数の少なさでは圧倒的に勝っている。ただ難点もあり電源トランスの二次側は2巻線じゃないとアウト。

ピークインジケーター回路は左右の信号をミックスしてエミッタフォロワ回路経過後ダイオードで直流にしコンパレータで電圧比較してLED点灯って教科書通りな回路,かな。今回は二色LEDを使っているため赤が点灯する時は緑が消えるように工夫はしてある。本当はコンパレータとか電源ラインに悪影響を与えるものを一緒くたにすべきではないのだが,聴き比べをする際入力毎のレベルがあってないとお話にならないし,かといって外部機材のレベルメータを使ってあわせるのも手間だし,ということでここは利便性をとってしょうがなく,といったところ。電源回路を別にすればいいのだがスペースの関係上もう無理なのでしょうがなし。ただインジケータが光っていても音に影響は出ていないようなのでまぁ問題なし,と言えるかもしれない。

といったところで一応製作は終了。あとやれるとしたら今はカットコアの電源トランスなのをRコアはサイズ的に無理そうなのでトロイダルコアのものに変更するぐらいでしょうか。あとヘッドホンアンプ部のBPを全部BlackGate NXシリーズにしてしまったら(電流帰還させているところのグランドに落とす部分を)Additional Input回路でOPA2604を使うと低音がすごいことになってしまうので,これをもう少しおとなしいOpAmpに替える作業。今のところAD823ANが具合がよさげ。Mainの方はOPA2604×2,AD827JNで丁度いい感じなのだが。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« タスクバーのアイコンが??その参 | main | キーボードを探せ »»
«« カテゴリ内前記事(タスクバーのアイコンが??その参) | pc | カテゴリ内次記事(直刺しACを機器2台で) »»
2007/04/20
タスクバーのアイコンが??その四
[pc
前回のエントリでレポートしたようにタスクバーのアイコンが非表示になってしまう問題,サービスをオフにする方法などで何とか直った訳なのだけれども,正常に戻って暫く経ってから試しに非表示の原因の一つであった起動時にKapersky Anti-Virus(KAV)を実行するを元に戻して,つまり起動時にKAVを実行するように戻したら(これがデフォルトの設定)前は非表示になってしまっていたタスクバーのアイコンが正常に表示されるようになってしまった。

「あれれ?」と思いつつもしかしたらもう一つの原因RoamMgrサービスもONに,起動時に自動実行するようにしてみたのだがアイコンが非表示なることはなくなってしまった。なんか知らないうちに元に戻ってしまった。それはそれでありがたいことなのだけどなんか釈然としない。

その間までにやったことというと,Windows Live Messengerを再インストールしたことと(今なら表示アイコンにリアちゃんが使える),シムシティ4ラッシュアワーを削除したことと,もう一つDiskX Tools Ver.11でファイル・レジストリのオートクリーンをやったぐらい。どれが功を奏したのだろう。わからんほえーネコまさか自然治癒とかにこにこ

一日経ってみたら症状が戻ってしまった。ただし今度はRoamMgrを外すだけで元に戻ったけど。相変わらず謎だ。というかIntel PROSetを入れ直せばいいだけのことかもしれない失敗

posted at 2007/04/20 4:02:44
lastupdate at 2007/04/21 16:57:13
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
初めまして、SHIMAPEE(しまぴー)と申します。ずいぶん時間が経っているのでもうコメントを見ておられないかもしれませんが…。

私は最近カスペルスキーを使い始めてアイコンが減る現象になりましたが、(カスペルスキーについては)自己流の方法で解決しました。他に正しい方法はないかと検索していてMacoteau Tさんのブログにたどりつきました。拝見したところ未解決のようですので、よろしければお試し下さい。既に解決済み、あるいは試してもダメでしたらすみません。

さて、その方法とは、もしカスペルスキーを自動起動しないことで全て解決するのでしたら、カスペルスキーの起動を遅らせることです。具体的にはスタートアップに置いたスクリプトで、時間を空けて「コマンド」起動します。私のホームページにWindows XP + Kaspersky Internet Security 6.0で確認したスクリプトを置きました。Kapersky Anti-Virusだとプログラムのパスが違うかもしれませんが同様にできると思います。

SHIMAPEE's ToyBox » link here «
→Scripting A Go Go ! をクリック
→DelayKaspersky.js をクリック
at 2007/07/16 8:31:19
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字