[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/05/04 :: ヘッドホンアンプ製作記 #1
何となく小出しに書いていた自作ヘッドホンアンプ,取りあえず中身は完成し,あとは追加回路を加えてケースに収めればってところまで終了しました。何故小出しにしていたのかというと失敗して音が出なかったら恥ずかしいので音が出てからブログのネタにしようと言うことで,ようやく自己解禁となったわけです。

自作といっても『お気楽オーディオきっと資料館』さんで配布している「A6HA SLIM ヘッドホンアンプ基板」を使用したもので,半田ごてを普通に扱えるスキルがあれば自作PCが作るがごとく簡単に作れる代物,と思う。ただし最低でもベータ,エミッタ,コレクタって言葉がナニを意味するのか分からないとお話にならない。

!!$img1!!使用したパーツ類は電解コンデンサにNichiconのMUSEシリーズを,フィルムコンデンサにはERO MKT1826を,金属被膜抵抗は千石電商でKOAを購入。2CH合計で34個になるトランジスタはサン・エレクトロでGRグレードのものを。あとMOS-FET,IRF610,IRF9620は秋葉原で見つけられなかったのでRSオンラインで購入。

というところで,全パーツを半田付けした段階で仮組みして出音をチェックしてみたのだが,感動。最初ノートPCでDJソフトTraktor DJ Studioを使い,Audio I/OにはEcho Audio Indigo DJ(確かOutput段にはBurr-Brown OPA2134が使われている)をドライバASIOで使い,ヘッドホンにはわが愛用Ultrasone DJ1 ProでMP3音源を聴いてみたのだが我が耳を疑った。音の奥行き,ワイド感,透明感,いずれもMP3とは思えないクオリティで再生されたのだ。DJ1 ProはS-LOGICというUltrasoneオリジナルのナチュラル:サラウンドサウンド・システムが採用されていて通常のヘッドホンより音場が広く感じられるのだがこれがさらに広がった感じ。これまで視界が前方135°ぐらいだったのが一気に180°を超えてしまったような。また,残響成分の再現性にも優れていてReverbたっぷり振りかけた音など非常に気持ちよく聞ける。音の定位とか分離具合も非常によく自分でミックスしたやつで隠し味程度に紛れ込ませたものも明確に居場所が分かるぐらい。

試した環境がMP3,I/OがIndigo DJでどちらかというと高音域が結構ジャキジャキになりがちなのだがこのヘッドアンプを通すとちょっとしっとりした,それでいてスムーズに伸びていく感じで我が大好物Techno,Tranceを聴いていてもすっきりいただける感じ。ただちょっと低域が物足りなさを感じると言えば感じるかも。これは入力のカップリングコンデンサの値を変えればちょっとは変わるのか,後日実験してみようと思っている。

!!$img2!!ちなみに基板とそれにまつわるパーツ類,電源を除く,ステレオ分で今のところコストは8,500円ぐらい。コストパフォーマンスはめちゃバッチグーっす。あとはケースに入れたり付属回路を付けたりするだけなのだが,最終的にはMackie Big KnobやPreSonus Central Stationのようなところを目指しているので(複数入力,モニターコントロール等)ケース選定も悩んでいる。1Uラックで行くべきかどうかとか。取りあえずバランス入力は1ステレオ分は作ったのけど,これからどう発展させていくか悩みどころ。と言ってももっぱらコストパフォーマンスだけが焦点なのだが。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Pitch Shift | main | M・DA-824 »»
«« カテゴリ内前記事(Pitch Shift) | rec pt | カテゴリ内次記事(Lynx LT-HD Firmware Update) »»
2010/10/08
Pitch Shifting with Wavelab
[rec pt
前回のエントリーで,Pitch ShiftはWavelabがPro Toolsのサード・パーティー・プラグインと比較してもより高品質,なんてことを書きましたが,実際その効果を得るためにはRegionがばらばらになっているのであれば一度Consolidate CommandでRegionを一本化してそれをExport。Wavelabでバッチ処理後Import,Audioの再配置とPT内プラグインでやるより遙かに手間がかかり面倒と云う弱点がある。

これをもっと手軽に出来ないだろうか?

ということで,実験してみました。

ピッチを上げるか下げるPTのセッションフォルダ内「Audio Files」フォルダの中の該当AudioをWavalabのバッチ処理リストに登録(Consolidateなどの前処理無しでOK)。で,そのまま処理。それ用のセッションが用意されている状態であればAudioをそのまま書き換えでも良いし,安全のためには該当ファイルを別フォルダに移動しそれを処理リストに登録し処理したものをAudio Filsフォルダへ戻す設定にしても良いでしょう。処理完了後PTでセッションを開く。するとピッチを弄ったAudio FileがMissingと言われるので「Manually Find and Relink」を選択し検索先はセッションフォルダ内Audio Filesだけを指定し,Linking OptionsはFind By Name And File IDを選択してMactch Format ,Match Durarionはチェックが入ったままSearch開始。するとまんまとピッチを弄ったファイルが検索に引っかかるのでそのままCommit Linksをクリック。セッションにはたとえRegionが小間切れになっていようとそのままピッチを弄った音に置き換わっている。できればFade Fileは一度全部捨てて再計算させた方が良いでしょう。

これで手間はそこそこ軽減できると思う。こんなにうまく行くとは思っていなかったあせあせ

ただし一つ問題が。それはステレオファイル(マルチチャンネルファイル)。PT内ではStereoであればDual Monoとして扱われているが,これをDual MonoのままWavelabでバッチ処理をするとお互いが関連のないMONOファイルとして扱われるためか位相が微妙にずれてしまう,高域が微妙にパンニングしてしまう程度。これを解決するためにはDual Monoだけは手動でWavelabをStereoファイルとして開き(File Menu,OpenからDual MonoファイルLRを両方選択しそのまま開くとステレオとして扱われる)ピッチ処理後そのままDual Monoファイルとして上書き保存し上記のSessionを開くときの処置を施せばステレオファイルとしてピッチ処理をしたAudioがトラック上に出現する。

WavelabのPitch Correction。Bestは本当にベストなのだが如何せん時間がかかる。でより処理時間の短いDefaultのStandardでの音質もチェックしてみたのだが,楽器類はPitch 'n Time等より重心の低い音質でそこそこ良い感触なのだがVocal類はちょっと変な無理な処理をしている風で(いかにもピッチを上げました風にならないように頑張ってしまい変にフランジングがかかってしまっているような)ちょっとキツいかも。やはり質をとるならBestがベストみたいあせあせ

そう言えばPro Tools HD Nativeと云うものが11月中旬に発売されるらしい。DSPチップ非搭載のPCIeカードとPro Tools HDアプリケーションのセット。Audio InterfaceはHD用のものを使うらしい。位置づけとしてはHDとLEの中間的なもの,NativeなHDなのでしょうか。ただ値段(税込予定価格)はCoreカードとソフトで¥367,500と「中古でHD1買った方が安いよね」と言えるような値段。なんか非常に微妙な気がする。PCIeがExpressCardだとMobileでHDってことになり結構面白いと思うのだが。

posted at 2010/10/08 23:08:01
lastupdate at 2010/10/09 6:07:04
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
お疲れ様です...m(_ _)m

ご無沙汰してしまっております...(^_^;)すっかり秋になってしまいましたが
相変わらずご多忙な様で何よりです。

ところで、HD Native...やはりと云うかかなり以前から噂はありましたが、
本当に出してきましたね〜仰る通り私も同意見...「微妙〜」(^_^;)
DSP載ってないHDって余り意味が無い様な...ましてあの価格では...

それはそうとWaveLab 7ですが、遂にMac版出してきましたね〜
開発リソース取られてNUENDOは大変だったらしいですが...

それからUniversal Audio/2192がディスコンになります。変態パーツが
仇となって入手困難になってしまったらしいです。
個人的にかなり好きな出音(特に48Kまでは)でしたので非常に残念です。
今月中に入荷してくる最終ロットの2台が最後との事でした。

これから年末進行の制作なども増えてくるかと思いますが、どうぞお身体
ご自愛下さいませ...m(_ _)m

PS:macoさんに刺激されてPhenom 2 X6で1台組んでしまいました...(^_^)
C/Pは絶大です!いつも情報ありがとうございます。
by macman
at 2010/10/09 1:42:14
HD Native,Pluginも含めたら確かに割安かも知れないけど。Multi Core PCで気軽にHD環境を,ってのがコンセプトなんでしょうかねぇ!?

Wavelab 7,マック版登場も考慮してちょっとWavelab推しで行こうかと(^_^; でもあの垢抜けないルックスにマックユーザーは引くかも知れませんが……

2192,そうなんですか。評判は耳に入っていて気にはなっていたのですが。LavryBlue買ったばかりだし……

New PC,おめでとうございます。最近はSingle CPUでもCore数多いから良いですよねぇ。最近DAWに関してはDual CPUじゃなくてもよいのではと思うようになりました。その分静音にもなるし。
at 2010/10/09 18:22:38
日本以外では9月にWAVELAB7が発売されていますが、あまり評判が良くないです。 マニュアルが非常にお粗末で使い方がマニュアルを見てもわからない状況です。 まだ、WAVELAB6のマニュアルがまともです。 また、使い方のビデオも一般的なもので使い方についての説明ビデオは、
今のところありません。 FORUMでも不満たらたらです。
それと、7から印刷したマニュアルは添付されないです。 
HELPからマニュアルを見るしかありません。
by オーディオファン
at 2010/10/14 0:04:29
自分は印刷されたマニュアルは殆ど見ないたちなのでむしろ無くても,とは思ってます。昔のCubase方式でしょうか。PDFマニュアルも熟読するほうでもないので問題無さそうな気もしますが,自分は……
at 2010/10/14 3:04:10
使い方をご存知で良いですね。 当方は一度も使用していないので使用法に不安が有ります。 付属しているSONNOXのリストレーションに興味がありますが、使用法は詳細に記述されていないです。ただ、SONNOXのHPにリストレーションの使い方が若干記載されていますが、WAVELAB7に着いているのは簡易版なので若干使用法がちがいますが。 それと一ヶ月間無料でWAVELAB7が使用できるみたいなので、使用法についての説明が出てきたら試してみようかと思っています。
by オーディオファン
at 2010/10/14 19:42:19
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字