[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/03/22 :: DigiDriveの中身を交換
!!$img1!!先日,SCSI SCA80pinを68pinに変換するAinex SCA-8068Aがマックで使えない,厳密に言えばPowerMac G4 MDDにインストールしているSCSIホストアダプタATTO EXPRESS UL3Dと相性最悪ってことかもしれないけど兎に角使えないことを書きましたが,今回はその後日談。

!!$img2!!使い道のなくなってしまったQuantum ATLAS 10K III 73GB,持っていてもしょうがないので変換アダプタごとWinでSCSIを使っている友人に譲ろうかどうか考えている時,ヤフオクでDigidesign DigiDriveがかなり安い値段で出品されているのを見かけ「もしかしたら」と思い落札してみた。DigiDriveとはPro Tools用に販売されていた静音外付けUltra Wide SCSI HDDなのだが,コネクタはUltra Wideの68pinではあるが中身のHDDにSCA80pinを使っているちょっと変わった外付けHDDなのだ。つまり,見方を変えればSCA80pinを68pinに変換するインターフェイス付きの外付けハードディスクケースというわけ。これを中身9GB HDD付きで送料込み五千円程度でゲット。かつては10万円以上した高級品だったのだが[:涙ぽろりネコ:]

!!$img3!!ただ,DigiDriveには一カ所特殊なネジを使用しているので分解するのは難しい。対応しているドライバーも見かけたものもないものなので,多少傷はついてしまうがペンチなどで丹念にゆるめていくしかない。それほどきつく締まっていないので覚悟と勇気があれば大丈夫。後は普通のネジを外していくだけなので至極簡単。ちなみに,DigiDriveの場合ふたを開けただけで保証がなくなるので(WARRANTY VOID IF SEAL IS BROKENというシールが貼ってある)留意が必要。

置換後のATLAS 10K,SCA-8068Aでさんざん苦労したことが嘘のようにまともに認識されLow Level Formatも何事もなくでき,Volumeのマウントも無事できた。念のためにPro ToolsをSession FileをそのHDDにコピーし,そこから開きリピート再生で数十分間稼働させたが問題は発生しなかった。一応目論み通りなんだけど,以前の組み合わせがPCとRATOCのSCSIホストアダプタで問題がなかっただけになんか釈然としない[:ウンチ:]

DigiDriveはいまだにStudioなどで使われていたりするのだが,酷使しているのに加え,ものが古いためヤバいぐらいに窮屈そうな異音を発しているものをたまに見かける。まるまる買い換えるのは難しくても中身だけでも換えてみたら,と思うのだが。1万回転73GBものだと新品で2万円半ば。また,今のHDDは静音技術が進化している分1万回転ぐらいだったら結構静かだし。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Valvets | main | Sound via DVI »»
«« カテゴリ内前記事(Pro Tools HD 9) | rec pt | カテゴリ内次記事(Portrait) »»
2010/11/30
Pro Tools HD 9 - Afterwards
[rec pt
Avid Pro Tools HD 9を使い始めて2週間あまり,その後のレポートです。

基本的にはいたって快調。ことWindows 7環境下においては正式サポートされたことあり,特に前回導入の時に書いたキーコンビネーション時のWindows キー,Altキーの動作が安定したので使い心地の面では8.1より使いやすいと感じる。問題は殆どないと良いと思っていたのだが一つ,これはHD9の問題なのか以前から潜在的にあったPluginとPro Toolsとの問題なのか,約90トラックあるSessionの作業中画面が突如乱れ操作不能になると言うことがあった。なんとなくの勘で10個未満程度RTASで使っていたSoundtoysのPanManを外すなりTDMに変えたりしたら安定するようになった,と云うことがあったぐらいで結構安定してる。

とりあえずアップグレードしてしまったため後々気がつくことも多い。HD9ではStereo Pan Depthが任意の値(-2.5dB〜-6dB)に設定出来るのだがこれはPluginフォルダ内にStereo Mixerが無いのが条件,だと言うことを割と最近知ったあせあせ インストール後すぐにStereo Dithered Mixerを入れてしまったせいで固定になっていたので「変だなぁ」と思いつつ分からないでいた。ちなみにStereo Pan DepthとはPanをセンターにしたときLeft或いはRightに振ったときとからどの程度信号レベルが下がるかということ。Pro Tools 8.0.x以下では-2.5dB。一般的なアナログミキサーは-3dB。ボリュームの特性にはMN型というものがあってそれはセンターでロス無しの0dBなんだけどそれは網羅していないのか?またこのStereo Pan Depthを可変にするためにはSurround Mixerが必須なのでそのDSPをより多く消費するので注意が必要。ちなみにインストール初期状態ではPluginフォルダ無いにはSurround Mixerだけがインストールされる。

あと気がついたこと。Audio Interfaceを違うのにしてそのInterfaceが正常に初期化されずPro tools が起動出来なくなってしまったらPro Tools起動時に「N」キー押しPlayback Engine Dialogを再表示させInterfaceを選び直す(Avid Knowlodge Bass 381131),そうだ。というか実際これをやってしまって非常に焦ったあせあせ

もう一つテスト。Avid Knowledge BaseのPro Tools HD 9 Qualified Graphics Cards [380587]という記事にWindows ComputersにはNVIDAI Quador NVS 290が推奨なんて書いてあったのでヤフオクで数千円で入手して入れて見たけど,なんと前述ページに記載されている必須ドライバがWindows 7ではインストール出来ない,インストラーが該当OSじゃないから無理と。NVIDIAサイトから別バージョンのドライバをDLしてインストールしてみたけどうちの環境 吹出し ではやっぱりIRQ競合で-6031エラー出まくりでだめだった。やはりATIの方が相性が良いようだ。ATIと云えばRADEON HD 6000シリーズのミドルレンジ以下,1スロットタイプの登場を心待ちにしているのだがやはりそれらが出てくるのは来年年明けか!? HD 5770のシングルスロットに行っておいても良いものだろうか軽く悩み中。

Pro Tools HD 9 - Afterwards
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

と,AV Watchの記事。製品構成が再構築されたPro Tools 9の意味とか狙いとかがインタビューを交えつつほんのり分かる,かも。結局の所プロならDSPベースのタフなHDを,HEATは良いよ,というところ!?100トラックぐらいでもサクッと動くし。


posted at 2010/11/30 23:59:43
lastupdate at 2010/12/01 0:58:22
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
INTERBEEでPRO TOOL 9のセミナーと渋谷の楽器店でPRO TOOL
9HDを使用して192I/O,HDI/O,HDOMNIの比較試聴、それとHEAT
の説明と音の違いのセミナーを受講。

当方聞いた感じはオーディオインターフェースを変えた場合の音の違いは
感じられなかったでした。
ただ、HEATを入れると若干音が変化しました。HEATは真空管と同様な
暖かな音を出すものと言っていました。
真空管と同様な音を出すために、高調波歪み(2,3、4,5次歪み)を
追加しているとのこと。

下記がセミナーの内容で音が聴けます。
» link here «

それとPRO TOOLが低価格で、ハードウエアから解放され、スタンド
アローンで動作し、COREAUDIO、ASIOにも対応とは驚きました。
CUBASE, SONARや他のソフトも真っ青ですね。

これからますます面白くなりそうです。
by オーディオファン
at 2010/12/03 22:02:49
忙しくてHEATなどもまだ試せてませんあせあせ ちまたではだいぶ評判が良いみたいですね。

ver9になって他のDAWと立ち位置が同じくなったのですが,内部演算の違いでCubaseの音が好きは人はPro ToolsがASIO対応になっても移行しないような気が…… でもそんなこだわっている人も少ないか!?
at 2010/12/04 0:54:04
音楽CDやダウンロードしたファイルを再生して音質が良いと感じたのは
SAMPLITUDEでした。 CUBASEやSONARは音楽製作に向いていると
感じています。 SAMPLITUDEはMIDI関連は弱いですが、マスタリングは
SAMPLITUDEかなと感じています。
by オーディオファン
at 2010/12/04 22:29:06
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字