[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 06   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/04/16 :: BNC cable with FTVS-305
前回の続き,BNCケーブル新調に関して。BNCプラグは前回取り上げたFurutech FP-3-117(R)を使用し,同軸ケーブルにはオヤイデのFTVS-305と言うケーブルを使いました。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
そもそも新調しようと思い立ったのが『オヤイデ電気のオーディオみじんこブログ』さんの『新型75ΩデジタルケーブルFTVS-305ついに発売開始!』と言うエントリを読んでしまって,いてもたってもいられなくなってしまったから。5N純銀同軸ケーブルなのに単価1,575円,ってところに見事に釣られてしまったわけです[:あせあせ:] とは言うもののBeldenの75Ω同軸ケーブル1506Aの倍ぐらいの値段ではありますが。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ケーブル製作は難なく終了,と思っていたのですがある程度予見できた「あっ,やっぱり」なトラブル発生。Furutech FP-3-117はケーブル外径が最大8Øのものに対応していて,逆に言えば8Øのケーブルを使用したときピッタリとはまり,想定される強度が確保される,と言う構造になっている。オヤイデのケーブルで言えばFTVS-305の上位製品FTVS-510等がジャストフィットするようになっている。従って約半分にダウンサイジングした外径3.9ØのFTVS-305ではかなりゆるゆる。従って,ハンダ付けし,熱収縮チューブで押さえればなんとかなるだろうと思ったのだが,少し力をかけると細い中心導体が,固定がハンダ付けされている部分だけなので,あっさり切れてしまうし始末。フォーンプラグのようにケーブルを固定する構造もないので何らかの工夫,例えばプラグ装着部を8Øにする工夫が必要。ということで,急遽東急ハンズに買いだし。

調達したのはシリコーンチューブの外径8Ø(内径6Ø),6Ø(内径4Ø),4Ø(内径2Ø)の三種(合わせて1K円強)。ビニールではなくシリコーンにしたのハンダ付けをするから多少熱に強い材質の方が良かろうとの判断。ほんとは外径8Øで内径4Øのものがあれば良かったのだが該当するモノがなく,8Øと6Øの組み合わせでしのぐことに。4ØはFTVS-305の絶縁体外径約2.5mmを4mmにし,FP-3-117のそれを通す部分にジャストフィットさせるため。

6Øを約30mm,8Øを約12mm,4Øを約5mmとFTVS-305を合わせたのが下の写真。

SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
6Øと8Øは共に30mmにしたかったのだが,なかなか入れることが難しく,FP-3-117でフィットさせるために必要な長さで妥協してみた。そしてFP-3-117にハンダ付けしたのが下の写真。ハンダ付けに関してはオヤイデのDIYのこのページが参考になる。

SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ちょっと力を入れて押し込むないと入らない程度になったので強度は確保できたかと。コンタクト部,カバーを装着するとこんな感じ。こういうときはロゴが見えるように写真を撮るべきなのに,と今更気付いた[:あせあせ:]

SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
スミチューブB2 18/6で補強。ロゴが見えなくなるくらい深く被せているのは,浅いと滑りやすくズレてしまいそうだったため。

SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ケーブル完成後,それまで使っていたBelden 1506AとCANARE BCP-H3Bと音を比較してみた。SPDI/F用として,Word Clock用として比較してみたのだが,共に今回製作した方が全体的にはよりオープンな響,開放感が感じられるながらも,キツく感じられるハイ上がりはなく,細くシャリシャリになる感じは無い,上品な透明感がある印象。輪郭が明瞭に,も。中低音域はより整理されている印象。相対的に1506Aはムッチリとした感じ。低音域は十分に出ているが,相対的にFTVS-305はタイトな印象。分離が良好。と行った具合。他にBNCプラグだけを変えたモノとも比較してみたが,上記傾向はFP-3-117(R)のロジウムメッキによる影響が多いような印象を受けた。Word Clockではそれほど影響が無いかもしれないと予想していたのだが,結果はちょっと意外。Belden 1506Aもけっして悪いというわけじゃ無く,迫力重視ならむしろありかもしれない。ただ,自分の場合Mixing Systemの中で使うので迫力は十二分にあとのせ出来るだろうからより透明感のある方,FTVS-305とFP-3-117(R)の組み合わせが合っている,はず,現状。

と言うわけで,なんだかんだでBNCケーブル6本ほどリプレイス(内4本は50cmもの)。それでも総材料費30K円未満で,なかなかのコストパフォーマンス。と,ちょっと注意点。FTVS-305の絶縁体,1506Aのそれより熱に対してタフでないので,素早くハンダ付けしないと大変なこと,ショートとか,になってしまう。経験済[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« OPA2604等々 | main | Tube Mic Preamp Project #6 »»
«« カテゴリ内前記事(Tube Mic Preamp Project #4) | diy micpre | カテゴリ内次記事(Tube Mic Preamp Project #6) »»
2007/04/30
Tube Mic Preamp Project #5
つい先日,アナログレコードをリッピング,じゃなくて録音しようと数ヶ月前に中古で購入したRME社Hammerfall DSPシリーズのターンテーブルを直に接続できるDJ向け製品,RPMを使ったら思いの外,高域が,6KHz〜8KHz辺りだろうか,痛いほどに耳につく(カートリッジにはORTOFON concorde Night Club E/Eを使用)。RPMの二つあるPHONO入力のうち一つは入力段のOpAmp,NJM2100(低電圧向けOpAmp)をアナデバのAD8066ARに置き換えたのがいけなかったのかともう一つの純正NJM2100のままの入力に変えてみたものの痛さにそれほどの変化なし。

Tube Mic Preamp Project #5ADCのせいかと,RPMにはAKM AK4528VFが使われている,今度はオーディオ用プリメインアンプ,SANSUI AU-α607XR内蔵のフォノイコライザを通しDigidesign 888|24でデジタルに変換してみたのだが多少はよくなったものの痛さはまだ残っている。そこまでやって「レコードに入っている音がもともと痛さを狙っているのかも」と気がついたのだが,ちなみにその運悪くリファレンス用にしてしまったのはDJ Shinkwa "Pulser (DJ Shinkawa remix) / Mauro Picotto"でシェイカー系の音が鼓膜に突き刺さる,それでもどうにかならないかと1分30秒ぐらい考えてみた。

そう言えば,入力トランス調達問題とケース加工で製作途中で頓挫しているTube PreAmp,Altec 1566Aレプリカにちょっとした回路(チャンネルあたり抵抗2本とコンデンサ2個でOK)を加えることでフォノアンプとして使えることを思い出し早速試してみた。取りあえず手持ちのパーツから似ている値のもので片チャンネル分だけフォノアンプとして使えるようにしてみたら,これが思いの外良好,ハイ落ちが無いのにもかかわらず件の痛さがかなり和らいでいる。

後日ちゃんとした定数の金属被膜抵抗と銅箔スチロールコンデンサを買ってきてステレオ分,フォノアンプとして機能するようにしてみたが,かなりばっちり。深みが出てくるというとちょっと大袈裟,ありきたりな言い方かもしれないけど,料理にたとえるとお酒をちょっと入れてまろやかな味わいになった感じ。刺々しさが緩和する感じだろうか。かといって高音域もスムーズに伸びてるし低音もふくよかにちゃんと出てる。ただ問題もちょっとあって,一つはノイズフロアが高いこと。といっても針をレコードの上にのせたらそっちの方のノイズが大きいので問題ないと言えば問題ない範囲。日頃デジタルでほぼノイズレスな環境にすっかり慣れてしまっているから尚更そう感じるのかもしれない。あと一つは2xHz辺りの重低音でハウっているようなのだ。これはケースにちゃんと入れれば直るのか,ターンテーブルの設置に問題があるのか今のところ分からないのだが,フィルターで20Hz周辺以下をカットすればいいだけの話かもしれないが,そこら辺が今のところの課題。

posted at 2007/04/30 22:42:37
lastupdate at 2008/03/05 17:38:45
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
マコトゥさんご無沙汰しております。
いつもROMっているのにコメントするタイミングを逃してしまって
すみません^^;なので、以前ノートパッドに書いたコメントを
まとめて絨毯爆撃よろしく書かせて下さい(笑)

アナログレコードをリッピング良いですね!
僕もちょこちょこやっております。
PC側がウ○コなので出来れば192kHz24Bitで
録音したいのですが、出来ないですorz
高域は銅箔スチコンがかなり効きますね。
あとはディップマイカコン(海神で売っているシルバード)辺りも
オススメです。

ばたついた感じを抑えるのでしたら、タンテのシートを
ゴムから豚皮のマットなんかに変えても効果があります。
皮製品のお店で30cm四方の豚皮が1,000円くらいで売っていますので
ご自分で穴を空けてハサミでカットすれば安上がりにいけますです。
DJ Shinkawa 良い感じですか?
僕もちょっと借りて聴いてみようかな?
by AIR.
at 2007/05/01 4:38:13
新手のスパム攻撃かと

うちでは一応96KHz対応環境があるもののもっぱら48か441。ビット数は後処理を想定してる場合は24以上にしてます。仕事だと殆ど48-24にしてるので、ハイレイトって発想が欠落しがちです(>_<)

豚革ってのは目からウロコ。是非試してみたい。

Shinkawaは自分的にちょっと懐かしい感じの部類で、なごみ用みたいな。140bpm以上で癒されるってのも変な話ですが
at 2007/05/01 17:53:15
このコメントは認証後に表示されます
by y9jhau06
at 2017/02/23 22:20:24
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字