[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2014 / 09   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/06/11 :: Jensen JT-123-SLCF
ちょっと思い立つことがあったのでJensenのアウトプット・トランス,JT-123-SLCFを購入してみました。インピーダンスレシオが600:600で最大入力+24dBuのもの。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
最初,まっとうに国内代理店から,と思ったのだが在庫が無く取り寄せとなり,2〜3週間かかると。それほど急ぎでは無いけれども10日間以内には入手したかったので,Jensenに直接,即日発送できるなら注文したいとの条件で見積もりを依頼したら「可能」ということでそのまま注文。Jensenはウェブのフォームから入力して,なんてしゃれた注文方法では無く電話かFAXでのみの受付だったのでFAXでの見積もり依頼。その後メール添付でInvoiceのPDFが送られてきたのでPayPalで支払いを済まし手続き完了,と言う具合だった。生憎週末の注文だったので土日のタイムロスはあったものの6月1日にFAXして6月4日発送,今週末到着でどうにか予定通りに事が運んだ。

値段はメーカーから直接購入しているから当然安く,$54.97×2に送料(USPS Priority Mail Flat-Rate Int'l)$16.95で約10K円程度でした。国内代理店経由だと二つで19K円ぐらいになるのでかなりお得。

これを使って何を作るかはまた後ほど。以前製作したもののバージョン違い,と言ったところです。材料費2万円だとちょっと大袈裟だが1万円程度なら「無くは無い」いたって地味なものです[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29


Pageview Ranking
«« I-O DATA ETG-US2 | main | ゆうこりんキタ━━(゚∀゚)━━ !!!! »»
«« カテゴリ内前記事(I-O DATA ETG-US2) | pc | カテゴリ内次記事(dl.exe) »»
2006/11/26
IEEE1394でLAN LAN LAN
[pc
Windows XPを使い始めてずっと謎に思っていたコントロールパネル「ネットワーク接続」に現れる「1394接続」という項目。きっと何か専用のアダプタを噛ましてLANに接続するんだろうなぁと思い,ずっと「無効」のままにしてきた。でも,ある記事を読んで意外と手軽に応急的なLAN接続,LANというよりP2P接続,パソコン同士を直接接続する手軽な接続法であることを知った。

その記事は何かと便利なAll Aboutの『IEEE1394ケーブル1本でLANを構築』という記事。Windows XPには「IP over IEEE1394」というプロトコルに対応していて,IEEE1394,マック流で言えばFireWire経由でTCP/IPのやりとりが出来るのだそうだ。自分の場合,スタジオ内にあるスタンドアローンのPro Tools搭載マシーンと我が愛用WindowsノートPCとの間でファイルを行ったり来たりさせる場合がまれにあったりするので打って付けの方法かもしれないと早速試してみた。これまではクロスLANケーブルを持ち歩いたり,でもPro Toolsに使っているマックのEthernet Portがコントローラで使われている場合も多い,外付けHDDを付け替えたりして何とかしていた。

All Aboutの記事ではWindowsマシーン同士の接続について書かれているが設定すべきところはMac OS Xでもほぼ同じ。「システム環境設定」の「ネットワーク」を開き「表示」ポップアップ目乳,誤変換だメニューね,から「内蔵FireWire」を選択し「IPv4の設定」を手入力にし,IPアドレスを片方のパソコンとは被らないものにし,サブネットマスクに「255.255.255.0」を入力。後はWindows上の共有フォルダを使う場合「移動」の「サーバへ接続」から「smb://192.168.xx.xx」と入力しOKすれば接続できる。P2P接続中もEthernet Portの接続も生きているので通常LAN接続もその状態で利用可能。Mac OS 9でも試してみたのだがまったく何をどうやっていいのか分からなかった(^_^;OS 9の場合ネットワークポートはひとつしか使えなかったか,な??

IEEE1394でLAN LAN LAN

例によって転送速度をちょっとチェックしてみた。マックの方はPowerMac G4 MDD 1GHz DualでOS Xが10.3.9,ノートPCはPentium M 1.7GHzのCentrino。マック側でWindows共有をオンにしWindows側でそれをネットワークドライブとしてマウントしCrystamMark 2004R2で計測。

sequentialrandom 512Krandom 64K
readwritereadwritereadwrite
IEEE139417.1216.1716.9012.2616.089.19

意外に速い。そこそこ投資して構築したGiga環境より速くて悔しい。これぐらいあれば外付け2.5HDDぐらいの速さはあるの,かな?

posted at 2006/11/26 0:05:46
lastupdate at 2007/02/01 3:16:48
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks