[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/03/20 :: Waves Version 9
Waves PluginのV9が出たので早速アップグレードしてみました。継続作業中のモノがあるにもかかわらず[:あせあせ:] 確かに不安はあったもののV9からiLokを必要としないアクティベーション方式に変更された,ってことはV8のiLok上のライセンスは残ったままになるのでは?それなら最悪V9で不具合が出たらV8に戻せる,と考えある意味蛮勇を持ってしてやってしまいました。

WUP (Wavs Update Plan)の期限が切れているものが単品Plugin一つあったのでこれを$24.6で更新。次にアカウントページで「Version Update」を各々バンドル(プラグイン)実行。サーバーが混んでるのかなんなのか結構反応が緩慢だった。後はV9をインストールし(V8などがある場合確認を求めるダイアログ表示後削除される),その終了後『Waves License Center』(WLC)と言うライセンス管理ソフトを起動しライセンスをPC本体,もしくはUSBメモリにダウンロードさせるだけ。

!!$photo1!!

これだけだとNative Instruments等と同じような方式と思えるのだがライセンスはWLCでネット上の「My License Cloud」というところへいつでも戻すことも可能で,例えばPCの環境を変えてMachine IDが変わって再アクティベートしその分アクティベート可能回数が減ってしまう,なんてこともないようだ。またMachine ID(?)はネットワーク接続がアクティブかどうかに依存していないので接続していない環境にしても問題は無かった(Pro ToolsはStuidio Oneみたいなことにはならない)。ちなみにそのライセンスの移動,数秒で完了する手軽さだった。

Pro Tools HD 9.0.6で継続中のセッションをV9で開いてみたのだが,ちょっとドキドキ,全く問題なかった[:チョキ:] User Presetも問題無くV8から引き継がれた。Wavesのページでは「高速なプラグインのスキャン/ロードとプロセシング」と書いてあるけれども印象としては「そう言われればそうかもしれない!?」という程度。起動ディスクがSSDなのでその違いが分からないだけかもしれないけど。残念ながら目を見張る「何か」は今のところ感じられない,って言ってもまだ小1時間触っただけだが[:あせあせ:] PTHDの他Cubase 6.5,Samplitude Pro X(いずれも32bit環境)でも開いてみた程度だけれども取り敢えずは問題無かった。Samplitude Pro XではWaves Tuneが対応していないと書いてあるのだが取り敢えず使えなくはないことが確認できた。

明らかに変わったのはプラグインファイル。これまでWindowsの場合プラグインはDLLファイルのみだったのだがV9ではコンポーネント化されプラグイン名+.bundleのフォルダ以下にWin32,Win64,Linux32用の割とファイルサイズの小さいものが個別用意した上で共通のリソースファイルを別フォルダ内に置くという方式に変更されている。なかなかスマートな方法。インストールも32bit,64bit気にしないで行える。

!!$photo2!!

V9のその他の目玉はGOLD Bundle以上にGTR3 SoftwareがバンドルされるようになったことだけれどもDiamondと個別にGTR3を持ってる自分としては有り難みは少ない。OneKnob FilterとOneKnob Driverが新しくDiamondにバンドルされるようになったけど個人的にはかなり微妙[:あせあせ:] これまでJJP Analog Legendsバンドルの内,唯一(3種の内1種)Platinum以上に含まれないPuigChild 670/660がいい加減バンドルされるだろうと勝手な期待をしていたのだが見事に裏切られた[:スマイルフェイス:] 単品で購入か上位バンドルにアップグレードしろ,と云うメッセージなんだろう,か?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ERROR -6004 | main | Motomachi »»
«« カテゴリ内前記事(damaged microSD?) | mobile | カテゴリ内次記事(XPERIA SX SO-05D) »»
2011/06/09
Android version 2.2.2
[mobile
ようやくLYNX 3D SH-03CのAndroid 2.2へのメジャーアップデートが6月7日に公開されたので(もともとは春にと言っていた)早速アップグレード。PCにメジャーアップデートツールをダウンロードして「さぁ」と思いきや本体の[アップデータ実行]オプションがグレーのまま選択不能。[ソフトウェア更新]をしてから?と思っても更新できない状況。「もしや?」と思ってWiFi接続から3Gに接続を変えて改めて[ソフトウェア更新]をしたら2個アップデータが引っかかりそのまま更新。その後[アップデータ実行]がアクティブになりメジャーアップデータ開始。予定通り約1時間10分程度で終了。

設定など手動でリカバリしなければならないところもありましたが既インストールのアプリなども消えることなく問題はなかった。一応Astro File Managerでアプリのバックアップは取っておいたのだが結果的には必要無かった。

もう既にAndroid 2.2以上を使っているユーザーにとっては「何を今更」な話ですが2.1からだと全体的に動作がサクサクになって,特にWEBブラウズ等,かなり宜しい具合。また動画の再生も最適化されているのか2.1ではところどころ引っかかっていた動画もスムーズに再生できるようになっていた。またYouTubeのHQ動画もスムーズになっている。ニコニコ動画もFlash対応でそのまま見られるようになったのだが再生はちょっとキツい。スムーズな再生をのぞむならニコ動専用非公認アプリ(?)で動画をDLしてから再生する方式の方がいいかもしれない。

その他便利になったのはGoogle音声検索がOSの言語設定とは別に言語を設定できるようになったこと(確か2.1では出来なかったはず)。見栄えの関係上(?)OSの言語設定をEnglishにしていたので日本語で音声検索が出来るのはちょっと嬉しい!? 今となっては2.1でどうだったか確認不可能なのだがGoogleアカウントにサインインしているPCのGoogle検索履歴をSH-03Cで見ることが出来るのは便利([memu]ボタンから[検索履歴の管理])。[電源ボタンで通話を終了]オプションもなかなかいい。

そう言えば[Wi-Fiのスリープ設定]で[電源接続時はスリープにしない]にしておいても問題無くなったかも知れない。2.1のときはたまにその設定にしておくとスリープ復帰後Wi-Fi接続出来なくなってしまい再起動させるしかなかったのだが。

posted at 2011/06/09 16:48:23
lastupdate at 2011/06/09 16:48:23
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字