[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/12/16 :: Tube Mic-Preamp 製作記:LL1517
!!$img1!!9月から亀の歩みで作っていた真空管マイクプリアンプの出力トランスをルンダールのLL1524からLL1517に交換してみました。いよいよこれで完成です,おそらく[:きらきら:]

Lundahl LL1524はトライテック(MA関係のスタジオ設備工事とか関連機器の販売などをしている会社)から通販で入手したのですがLL1517はトライテックでは扱われていないので,Lundahlの国内販売代理店のアムトランスに注文(WEBの通販ページにリストアップされていないがメールで問い合わせると該当製品の在庫状況や値段を教えてもらえる)。最初,在庫がなく1ヶ月ぐらいかかるかもしれない,ルンダール自体の生産が遅れ気味なので,とか言われたのだが1週間後ぐらいには入荷してしまった[:チョキ:] 値段は1個¥8,000。ステレオ分で¥16,000。出力トランスとすればどちらかと言えば安い方だが,たかが電子部品と考えるとそれなりに手応えのあるお値段[:あせあせ:] タモリ倶楽部でコブクロも出演したハイエンドオーディオの世界を見たけどアレに比べたら1個8千円のパーツなんて超安物って感じ。

LundahlではUnbalance用でもいろいろ種類があり,Gyraf Audio G9でも使われているLL5402でよいかと思ったのだがLundhahlのリストには「Max Prim. Level@30Hz : +18dBU」とちょっと低めだったので+24dBUまで受けられるLL1517にしてみた。Static resistance of each primaryの値が高いLL1585の方が今回製作しているものにはより合っているのか,と今更思っているのだがこれは今後の課題,でしょうか[:あせあせ:]

周波数特性の比較は下の通り。赤線がLL1517で青線がLL1524。高域の0.5dB程度の減衰はAudio I/Fの特性でプリアンプ自体はフラット。


グラフで見るとほぼ一緒。LL1517の方がピークが20Hz以下に移動しているでしょうか。音質は,予想ではそれほど変わらないと思っていたのですが意外と変わった。中低域がよりふくよかになった感じで,有り体の言い方をすればより太くなった感じ。周辺回路の定数との兼ね合いなのかトランス自体の個性なのか判別できないのだがまぁ結果オーライ。20Hz当たりでは1kHzと比較して15dB上がってしまっているが,これはお手本となっている某Dual Mono Mic PreAmplifierとほぼ一緒なのでスルー。ただお手本の方が傾斜がやや急なのだが。 余ったLL1524はパッシブのダイレクトボックス,というかバランスラインのアイソレーター的なものとしてケースに入れて使うつもり。これを挟むことでシルキーになるのは実験済なのでお手軽エフェクターとして使う予定。CD3300のアウトに使うのも面白そうだ。

と云うわけで完成,なのだが新たな課題もあって,また違うダンジョンに足を踏み入れてしまった感じ。出力トランスもそうなのだが電源ラインに使用している電解コンデンサ,現状JJ製を使っているのだがこれを換えるとどうなるのか,なんて思うとハァハァしてしまう!?こんなことしてたら製作費数十万円になってしまうわけですが。一応既に大台は超えてますが[:くす玉:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ERROR -6004 | main | Motomachi »»
«« カテゴリ内前記事(damaged microSD?) | mobile | カテゴリ内次記事(XPERIA SX SO-05D) »»
2011/06/09
Android version 2.2.2
[mobile
ようやくLYNX 3D SH-03CのAndroid 2.2へのメジャーアップデートが6月7日に公開されたので(もともとは春にと言っていた)早速アップグレード。PCにメジャーアップデートツールをダウンロードして「さぁ」と思いきや本体の[アップデータ実行]オプションがグレーのまま選択不能。[ソフトウェア更新]をしてから?と思っても更新できない状況。「もしや?」と思ってWiFi接続から3Gに接続を変えて改めて[ソフトウェア更新]をしたら2個アップデータが引っかかりそのまま更新。その後[アップデータ実行]がアクティブになりメジャーアップデータ開始。予定通り約1時間10分程度で終了。

設定など手動でリカバリしなければならないところもありましたが既インストールのアプリなども消えることなく問題はなかった。一応Astro File Managerでアプリのバックアップは取っておいたのだが結果的には必要無かった。

もう既にAndroid 2.2以上を使っているユーザーにとっては「何を今更」な話ですが2.1からだと全体的に動作がサクサクになって,特にWEBブラウズ等,かなり宜しい具合。また動画の再生も最適化されているのか2.1ではところどころ引っかかっていた動画もスムーズに再生できるようになっていた。またYouTubeのHQ動画もスムーズになっている。ニコニコ動画もFlash対応でそのまま見られるようになったのだが再生はちょっとキツい。スムーズな再生をのぞむならニコ動専用非公認アプリ(?)で動画をDLしてから再生する方式の方がいいかもしれない。

その他便利になったのはGoogle音声検索がOSの言語設定とは別に言語を設定できるようになったこと(確か2.1では出来なかったはず)。見栄えの関係上(?)OSの言語設定をEnglishにしていたので日本語で音声検索が出来るのはちょっと嬉しい!? 今となっては2.1でどうだったか確認不可能なのだがGoogleアカウントにサインインしているPCのGoogle検索履歴をSH-03Cで見ることが出来るのは便利([memu]ボタンから[検索履歴の管理])。[電源ボタンで通話を終了]オプションもなかなかいい。

そう言えば[Wi-Fiのスリープ設定]で[電源接続時はスリープにしない]にしておいても問題無くなったかも知れない。2.1のときはたまにその設定にしておくとスリープ復帰後Wi-Fi接続出来なくなってしまい再起動させるしかなかったのだが。

posted at 2011/06/09 16:48:23
lastupdate at 2011/06/09 16:48:23
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字