[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/04/24 :: RIAA
数年前,結構前か,RIAA EQ Ampなるモノ,フォノイコライザを作ったものの,ちゃんと基板も発注して,出音が今ひとつで,その後,調整などを試みるも思ったようにならず,しばらく,数年,Vinylのデジタル化をほったらかしにしていたのだが,今年,ようやく重い腰を上げとりかかることにしてみました。

当初はネットなどで評判のいいRadialのJ33と手持ちの2ch Stereo Mic Preampを組み合わせが無難と考えたのだが,かつてネットでRIAAに関して調べているとき,DAW用のPluginでRIAAカーブを再現することに言及した記事を思い出し,ちょっと面白うそうでもあり,もしかしたら手持ち機材・ソフトウェアだけで可能かもしれないと試してみた。

その記事,というかトピックはgearslutz.comの「RIAA curve plug-in?」というスレッド。この中でWavesのEQプラグイン,Q10のプリセットにあるからそれを使えば,みたいなことが投稿されている。「あれ!?そうだったけ?」と我が所有のQ10のプリセットを見てみたがそれらしいものは無い。いろいろ調べてみるとかつてのVersionではPresetに該当するものがあったが,現在ではなくなってしまったようだ。その投稿の日付を見てみると2004年で,その頃はあったようだ。

その調べ物をしているときに知ったのだが,VSTのみの対応だし,Freeで質が心許ないと思いその存在を記憶にだけ留めていたKVR Audioにも掲載されているプラグイン,vacuumsoundのその名も「RIAA」というプラグインを,見た目だけで判断するのも良くないと考え試してみた。このプラグインは再生用のRIAAカーブを再現するだけではなく,カッテング用などに特性を逆にすることができ,例えば逆特性のRIAAカーブを適用させ,その後リミッターでエフェクト処理した後正特性のRIAAカーブを適用させ,よりVinylな音にすることが出来る,なんてこともTIPSとして紹介されている。

!!$photo1!!

上の画像はMAGIX Samplitude Pro Xの画像。特別のUIを持たない極めてシンプル設計。ちなみにCubase 6.5及び7のWindows版64bitではパラメータがうまくコントロール出来ないような!?

その前に,イカにアナログからデジタルにするか,だ。ターンテーブルはTechnics SL-1200MK3D。カートリッジはOrtofon Concorde Nightclubがつけてあったのだが,いつ針を交換したのか思い出せないぐらいで,しかも確かストックしてあったはずの交換針が見つからないので,勢い余ってConcorde GOLDを買ってしまった。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
と,言ったところで今回はここまで。中途半端ですが。意外と長くなりそうなので。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Jensen Capacitors | main | Error, missing iLok authorization »»
«« カテゴリ内前記事(卓上マイクスタンド?) | rec equip | カテゴリ内次記事(Scott Liebers Labs SL-2510) »»
2011/08/21
Timbre Balanced
最近こんなものを買いました。

Timbre Balanced
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

Kimber KableのTimbre Balanced interconnect日本では約3万円ぐらいするものがeBayで約$100であったものでついあせあせ 送料が約$16,換算レートが手数料込み80円の頃だったので約9K円,安い!!

Vocal Dubbingなどの時等Mic Pre→Comp→ADCの接続にBelden 88760をずっと使っていたのだが,ちょっと気分を変えて,使ったことのあるCardasかKimberのどれかに換えてみようと思っていたところにTimbreが値段共々目に付いた,というのが購入の理由。

Timbre Balanced
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

ケーブル部は一目でKimberと分かる構造。XLRコネクタはSwitchcraft製のものが使用されている。商品紹介のページでは銀メッキコンタクトだそうだ。

Belden 88760にNeutrik NC3XXX-HE-RH (コンタクトロジウムメッキ)をつけたケーブルとその音質を比べてみるとハイエンドの伸びがよく,かつシルキー。中低域もリッチ。Timbreで聴いた後に88760を聴いてみると地味というか迫力不足を感じてしまう。逆に言えば88760はそれだけナチュラルでフラット,Timbreはよりリスニング向けと言えるかもしれない。ただこれらの傾向は購入目的にむしろ合致しているので「つい」の割にはGood Choice!既に何回かRecordingに使用しましたがいい具合にシルキーで満足。こうなると上位のHEROとか興味が湧いてしまうが……

posted at 2011/08/21 22:44:11
lastupdate at 2011/08/21 22:44:11
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
このコメントは認証後に表示されます
by w6wvyh16
at 2017/02/23 5:12:37
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字