[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 07   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Tube Mic Preamp Project #6 | main | 織田哲郎 »»
«« カテゴリ内前記事(とりあえず生基板ふたつ) | diy hpa | カテゴリ内次記事(ヘッドホンアンプ製作記 #2) »»
2007/05/04
ヘッドホンアンプ製作記 #1
何となく小出しに書いていた自作ヘッドホンアンプ,取りあえず中身は完成し,あとは追加回路を加えてケースに収めればってところまで終了しました。何故小出しにしていたのかというと失敗して音が出なかったら恥ずかしいので音が出てからブログのネタにしようと言うことで,ようやく自己解禁となったわけです。

自作といっても『お気楽オーディオきっと資料館』さんで配布している「A6HA SLIM ヘッドホンアンプ基板」を使用したもので,半田ごてを普通に扱えるスキルがあれば自作PCが作るがごとく簡単に作れる代物,と思う。ただし最低でもベータ,エミッタ,コレクタって言葉がナニを意味するのか分からないとお話にならない。

ヘッドホンアンプ製作記 #1使用したパーツ類は電解コンデンサにNichiconのMUSEシリーズを,フィルムコンデンサにはERO MKT1826を,金属被膜抵抗は千石電商でKOAを購入。2CH合計で34個になるトランジスタはサン・エレクトロでGRグレードのものを。あとMOS-FET,IRF610,IRF9620は秋葉原で見つけられなかったのでRSオンラインで購入。

というところで,全パーツを半田付けした段階で仮組みして出音をチェックしてみたのだが,感動。最初ノートPCでDJソフトTraktor DJ Studioを使い,Audio I/OにはEcho Audio Indigo DJ(確かOutput段にはBurr-Brown OPA2134が使われている)をドライバASIOで使い,ヘッドホンにはわが愛用Ultrasone DJ1 ProでMP3音源を聴いてみたのだが我が耳を疑った。音の奥行き,ワイド感,透明感,いずれもMP3とは思えないクオリティで再生されたのだ。DJ1 ProはS-LOGICというUltrasoneオリジナルのナチュラル:サラウンドサウンド・システムが採用されていて通常のヘッドホンより音場が広く感じられるのだがこれがさらに広がった感じ。これまで視界が前方135°ぐらいだったのが一気に180°を超えてしまったような。また,残響成分の再現性にも優れていてReverbたっぷり振りかけた音など非常に気持ちよく聞ける。音の定位とか分離具合も非常によく自分でミックスしたやつで隠し味程度に紛れ込ませたものも明確に居場所が分かるぐらい。

試した環境がMP3,I/OがIndigo DJでどちらかというと高音域が結構ジャキジャキになりがちなのだがこのヘッドアンプを通すとちょっとしっとりした,それでいてスムーズに伸びていく感じで我が大好物Techno,Tranceを聴いていてもすっきりいただける感じ。ただちょっと低域が物足りなさを感じると言えば感じるかも。これは入力のカップリングコンデンサの値を変えればちょっとは変わるのか,後日実験してみようと思っている。

ヘッドホンアンプ製作記 #1ちなみに基板とそれにまつわるパーツ類,電源を除く,ステレオ分で今のところコストは8,500円ぐらい。コストパフォーマンスはめちゃバッチグーっす。あとはケースに入れたり付属回路を付けたりするだけなのだが,最終的にはMackie Big KnobPreSonus Central Stationのようなところを目指しているので(複数入力,モニターコントロール等)ケース選定も悩んでいる。1Uラックで行くべきかどうかとか。取りあえずバランス入力は1ステレオ分は作ったのけど,これからどう発展させていくか悩みどころ。と言ってももっぱらコストパフォーマンスだけが焦点なのだが。
Indigo DJに使われていたOpAmp,過去に書いたメモを見るとAnalog Devices SSM2135と書いてあった。低消費電力向けOpAmpのようだ。音傾向がOPA2134と近いから勘違いしていた!?

posted at 2007/05/04 23:39:58
lastupdate at 2008/03/05 17:33:22
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Macoteauさんこんばんは!
新手のコメントスパマーこと、AIR.です(笑)
製作レポ楽しく読ませて頂きました。
音が出るとやっぱり感動しますよね。
なんだかにやけてしまって(笑)
…ってそれは僕だけかもしれませんが^^;

Traktor DJ Studioですか!PC DJの定番ソフトですよね。
こいつにASIOで入れると音の厚みが結構凄いので
ヘッドフォンアンプを通すとWAVE音源なら
もっともっと気持ち良く鳴らしてくれます。

迫力のある音を求めるなら、僕はBlackGateのBG-NX辺りを
カップリングコンで使うのをオススメしますYo。
今、お使いのMKTのフィルムコンとパラで入れる感じで
1uF〜2.2uFの奴だと、かなり低域がしっかり出るようになります。
最初はちょっと曇り感がありますが、鳴らしつづけると
落ち着いて来ますのでオススメです。

僕はこれでDJ Rolandのnite:life 016を
聴いてテンション上げてます(笑)
ハイハットとかキックが耳に良い感じに刺さるので心地良いですよ^^
by AIR.
at 2007/05/06 22:47:43
Traktor DJ,殆どASIOが使えるMP3プレイヤーとして使ってます。勿体ない泣き笑いネコ なんかコントローラーを買ってきて本格的に使いこなそうかと思うんだけど,いつも主だけで(^_^;

そっかぁ,BlackGateか。ナイスアドバイス!早速,とは思うけどまだちゃんとしたボリュームもケースも用意していない状態なのでそこに予算を割り当てるのはちょっと先になる,かな?
at 2007/05/07 5:17:00
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字