[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/10/26 :: 1176AE mod#4
少し間を置いてしまいましたが,Universal Audio 1176AE改造記その4です(#1,#2,#3)。

いよいよ電源の平滑回路に使われている電解コンデンサの交換です。Urei 1176LN rev.Eの回路図をみるとC23〜C26がそれで耐圧は違えどもいずれも2000µF以上の容量が指定されています。1176AEで実際使われていたのはC23がMalloryのTCG 2300µF/50V,他の三本がNichicon VX 2200µF/50Vとなっていました。Malloryのはそこそこ良いかもしれないと考え(根拠は無いですが)Nichiconの三本を交換してみることに。

まずは日本メーカーの入手しやすいものから東信工業の音響ハイグレード品,UTSJ 2200µF/50Vを試してみた。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
チューブラータイプのコンデンサを取り付けるようになっている基板なのでかなり強引に取り付けてみた。音の方は中域が整理された感じですっきりする。しかし,VocalのTrackで試してみるとすっきりし過ぎというか物足りない感じがしないでもない。実際その音をオケ中に配置してみると乾きすぎというか軽いというか押しの弱さが見えてしまう。高域はVXと比べると結構スムーズ(ちょっとHiFi傾向!?)なのだが。

次に試してみたのはELNAのDUOREX II 2200µF/35V。Silmic IIを選択したいところなのだが容量と耐圧の条件が合致するものがなかったため。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
音は中低域の押しというか粘りが出てきて,UTSJと比べると尚更,VXと比べてもより腰がある感じで低音の伸び具合も良くなっている。高域はELNAらしく落ち着いていてしっとりしている感じ。

DUOREX IIでほぼ十分と思いつつもヴィンテージものも試してみた。容量・耐圧の条件もあるし更にサイズの制限もあるから使えるものが限られてしまうのだが。

まずは負電圧側のC25,C26をSprague ATOM TVA-1214 3000µF/25V(下写真オレンジ色の電解コンデンサ)に交換してみた。負電源側なのでそれほど音に影響が出ないと想像していたのだが意外にも明らかにムチッとした,低域が力強くなった音になってしまった。中高域にはさほど影響は見受けられないのだがアコースティックギターなどではその響がより豊かになった感じ。と言うことでここは迷わずATOMで決定。

そして正電源側のC24。最初Sprague 53D,青色のコンデンサでよく米国製機器で見かけるチューブラータイプのもの。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
DUOREX IIと比較すると全体的に遜色ない感じなのだが,ちょっと音が硬め,トレブリーな感じ。その次に試したのがSprague MIL Specの2200µF/30Vを試してみた。耐圧30Vはギリギリで本当はよくないのだが[:あせあせ:] これもDUOREX IIと遜色ない感じ。中高域は53Dとは違って滑らか,DUOREXと比べてもスムースになっている感じ。と言うわけで耐圧に多少不安がありつつも採用。

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
MIL Specは長さがちょっと想定よりも若干長めでちょっと無理矢理気味。

この体制でしばらく使っているのだがなかなか良い感じで申し分ない印象。個人的にはオリジナル1176AEよりだいぶ使いやすくなったように思う。C24は耐圧とかサイズでもうちょっと詰めるべきなのだろうがなかなか適当なものが見あたらなくて[:あせあせ:]あとMalloryも交換するとどうなるか今後の課題かも知れない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« SSL Alpha Link Power Supply | main | Nobels MS-4 »»
«« カテゴリ内前記事(Scott Liebers Labs SL-2510) | rec equip | カテゴリ内次記事(Nobels MS-4) »»
2011/10/10
Waves MaxxBCL
夏の初め頃,以前より興味があって機会があれば,と思っていたWavesのMaxxBCLがeBayに中古で出ていたので思わず購入してしまっていました。当時メーカーが半額セール,Wavesお得意(?)の突然50%OFF,をやっていたのですがそれよりは安く買えました。ちなみに日本国内ではセール対象分在庫は依然セール価格の20万円で販売中。

Waves MaxxBCL
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

品物が届いた当初動作チェックをしてみたら「Quantize」,ビットレート選択,が不能だったのだが当該セレクターを推しつつ電源を入れる等を数回やってみたらどうにか正常になった。この対処法はマニュアルには載っていないものなのだが他の機器でありがちなリセットの仕方,あるいは初期設定変更の仕方にならったやってみたらたまたまうまく行ったようだあせあせ

機能に関してはWavesのPlugin,Renaissance Compressor,MaxxBass,そしてWavesの代名詞とも言えるL2を搭載したHardware Outboardと言えばそれ以上の説明はないだろう。

機器内部を見てみるとADCにはAMK AK5394AVS(Super High Performance 192KHz 24bit ΔΣ ADC),DACには同じAKMのAK4394VF (128x Oversampling,Advanced Multi-Bit 192kHz 24bit ΔΣ DAC)を使用し,これらは確かDigidesign 192 I/O等に使われているハイエンド向けコンバーター,回路周辺のOp-AmpにはJRC NJM5534(オーディオ用ローノイズシングルオペアンプNE5534のセカンドソース品)を使用していてパーツ的にはオーソドックスな構成となっている。しかし特筆すべきは入出力に使用しているJensenのトランス。通常,ハイエンドと言えどもDigital Effector,もしくはこの価格帯のADDAであれば入出回路には音質に影響を与える可能性が少ないOp-Ampで構成された差動入力アンプ,同出力アンプ,或いはBurr-BrownのDifferential Line Receiver INA137,Line Driver DRV124を使ったりするのだが敢えてトランスを使っている(と思われる)。型番は入力にJT-6110K-B (Ultra-High Performance Step-down Line Input Transformer),出力にはJT-11-BMCF (Line Level General Porpose 1:1 Bifilar Output Transformer)を使用している。定価が$4000するのもこれで納得!?このおかげで2U奥行き22cmの割には4Kgとそこそこ重量級の機材となっているけれども。この入出力にトランスを,しかも定評のあるJesenを使っているのでその音質は単にPluginをハードウェアに置き換えただけではないプラスアルファー,空気感を付加する,高域帯をシルキーにするなど特にフルデジタル・ソースに対して有効,効果的となっている,と言える。逆にアナログテイストを十分にケアしたソースに対してはちょっと甘くなりすぎるかも,との懸念もないではない。

あとこれでEQを内蔵していたらこれ1台でマスタリングOK,となるのだがそれは贅沢か!?ただ内蔵クロックは,Lavry Blue 4496からの供給とを比べてみたのだが外部から入力したほうがより芯がある音になったので質の良いクロックが他にある場合はそれを積極的に使用する方がベターのようだ。

あと,ちょっと不満に思うのはアナログ入力が常にアナログ・デジタル出力,両方に出力されデジタル機器のインサート,例えばAnalog in → MaxxBCL (AES/EBU out) → PC → MaxxBCL (EAS/EBU in) → Analog outと云った使い方が出来ないこと。あくまでMaxxBCL自体がインサート用エフェクターなので致し方ないところか。その他入力トリムが1dBステップなのがちょっとほしい印象。マスタリング用途だと0.5ステップぐらいが嬉しいかもしれない。ただロータリースイッチを使用して精密に作られているアッテネータのようなので信頼性は高そう。

マニュアルに記載されている使用法としてはライブ時の最終段,放送用などあるのだが,気になるレイテンシーは44.1kHz/48kHz使用時,Analot to Analogで225 samples(Analog to Digital : 176)。48kHz時で約4.7ms。88.2kHz/96khzで353 samplesなので96kHzなら3.7ms。Ustream用など映像とともにに使っても許容範囲内か!?主に44.1kHz16bitに変換,マスタリング用に買ってみたのだがゆくゆくはUstreamでも使ってみたい,かな。

posted at 2011/10/10 19:59:21
lastupdate at 2011/10/10 19:59:21
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字