[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/11/28 :: OLIMEXのその後の後
先月の中頃に届いたOLIMEXで製作したPCB,月後半の怒濤のミックス週間の合間を縫って,パーツの載せ換え作業などをやってました。

!!$img1!!移行作業を終えて動作チェックを使用としたらラインセレクタ回路(PDF回路図)の挙動がおかしい。最初その部分に使っているCMOS IC 4069, 4011が逝ってしまったのかと思ったのだがよくよく調べてみたらリレーとLEDのON-OFF用に使っていたトランジスタ,ピーク・インディケータ回路もそうなのだが,のピンの並びを間違えていた。CADソフトEAGLEでLibraryからパーツを選ぶ段階で間違っていたみたい。例えば2SC945とかだったらPackage = TO92-BCE(末尾のアルファベットがピンの並び,ベース,コレクタ,エミッタ)のものを選ばなければいけないところを間違ってTO92-CBEを使っていた。つまりトランジスタ全てベースとコレクタが逆になってしまった。一応なんとかトランジスタのリードを回し蹴りをしているみたいにしてなんとか修正したら正常動作するようになった。

!!$img2!!あと問題だったのは,自分のせいなのだが,電解コンデンサによるパスコンを最初Nichicon MUSE KZをBlackGate標準品に取り替えた際,取り外すときチョッと無理をしたせいか(本人的にはいつものつもりだったのだが)配線を切ってしまった。スペースの関係上配線を細めにしていたのがあだとなってしまった。取りあえず純銀裸線でパイパス手術を施したので動作的には問題ないよう出来たのだがちょっと電解コンデンサはグラグラしてる。

作り終えて数日経ってから気がついたのだがそう言えばはんだレベラー処理がされていなかった。OLIMEXへの発注の参考にもしたページ「EAGLE and OLIMEX」に掲載されている写真では処理されてるのに。発注の際指定しないといけないかとOLIMEXのFAQとか見てみたのだがそうでも無いみたい。はんだレベラー処理がなされていなかったせいかはんだ付けの際,通常スルーホールの場合裏面からはんだ付けしてはんだが表面側まで流れ出るようにするのだがベストなのだがそれがうまくいかなかった。裏面だけはんだ付けされている風でもスルーホール基板なので動作的には問題ないのだが品質的にはちょっと気になるところ。

で,ユニバーサル基板からPCBに切り替えたことで音質向上は,というと,それに併せてパーツのアップグレード,抵抗を全部DALE製に替えるとか配線材を全取っ替えとかしたため純然な違いは分からず[:あせあせ:] ただはっきり向上したのはノイズがかなり減少したこと。ヘッドフォーンアウトではそれほど違いを感じられなかったのだがスタジオでフルボリューム状態のパワーアンプに繋いだのだが殆どノイズが聞こえないぐらいになっていた。ユニバーサル基板時代はパワーアンプの方のボリュームをある程度絞らないとノイズが気になってしまうぐらいノイズがあったのだがそれが無くなった。あとMUTE,DIMスイッチを操作する際(音声信号はリレーで切り替えるようにしている),以前は結構「パツ」って大きなノイズが聞こえたのだがこれが結構小さくなった。リレー方式にしている限界はあるものの印象としてはプロ用コンソール並ぐらいまでに出来たのではないだろうか。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Waves MaxxBCL | main | Pro Tools HD 10 »»
«« カテゴリ内前記事(Waves MaxxBCL) | rec equip | カテゴリ内次記事(Cooling equipments) »»
2011/10/18
Nobels MS-4
わがMix Systemは基本的にPro Tools HDからの32chパラアウト(Lynx Aurora 8, SSL Alpha Link)をSumming Mixer(API 8200A, SPL MixDream XP)で受けてSub Mixを作り更にもう1台のAPIでまとめる,と云う方法をとっていて,Outboardの類はその経路の中でインサートされるかあるいはPro ToolsのHardware Insertを使用する,としています。Outboardの中にはややノイズが大きめのものがあって,と云っても-60dBm以下なのですが,これをHardware Insertとして使用する場合はPTHD内のMUTEスイッチでノイズカットをするのですが,場合によってSub Mix後に配置しなければならないこともありその際はNUTEスイッチによるノイズカットをあきらめてそのまま最終Mixerに繋ぎ込んでいました。一度PTHDに戻してAux Track経由させコントロールするのも可能なのですがこれだとMUTEだけのために余計な回路を通ってしまうのと(Hardware Insertでも「余計な回路」を通っていると言えますが)レイテンシーがその分増える(Hardware Insertの場合はPTHDで補正される)等の理由でこの方法はとっていませんでした。他,考えられるのは外部でMUTEなどをこなせる機器を接続する,例えばSSLのXlogic X-Matrix,これだと繋ぎ換えも楽で良さそうなのだが音質のためにSumming Mixerはすべてディスクリートにこだわった意味が無くなると思えたので,おそらくリレーなどを使用した機械スイッチではないものを使用しているためOpAmpを使用したバッファー回路を経由していはず,不採用。

となればイメージを端的に具現させるために得意の自作,となるところなのですがミュート回路はともかくミックス曲中で自動的にON/OFFさせるためMIDI制御回路を実装する必要がありそのためにはプログラムを書いてそれをROMに焼いて,と自分には未知の領域に踏み込まねばならず,ネットで調べた限りではそれほど敷居の高いことではないようなのだが,躊躇,ほぼ断念。次に考えたのがギター用などのMIDIスイッチャーの転用,それでダメだったらCustom Audioに特注?ギター用であるからバランスラインには即使えないのだがMIDI駆動部だけ使って外部のリレーを駆動すれば,なんて考えつつネットでいろいろ探して見つけたのがNobels MS-4,そしてヤフーオークションで中古で出ていたので15K円で試しに購入。新品でも相当レアで扱い店もあまりなく中古で見つけられたのは相当ラッキー,かも。

Nobels MS-4
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

MS-4は普通にある音声信号の切換機ではなくギターアンプ等のリバーブやトレモノのフットスイッチコントロールをMIDIで操作するためのもので,MIDIでリレーをコントロールする仕組みになっている。これは当初イメージしていたものにかなり近い。ちなみにココで言うリレーは電気回路で使われる電磁石駆動によるスイッチのこと。オーディオではパワーアンプの電源投入時のノイズからスピーカーを保護するための回路に使われたり(電源投入後暫くたった後「カチッ」と云う音がするのはこのため)業務用,高級機器では音質への影響を少なくするため,複数回路を一度に切り替えるためにリレーが使われたりする。このMS-4,購入後テスターで回路の具合を調べてみたら4個あるリレー(スイッチ)の接点はそれぞれ完全に独立していて,スリーブも完全独立していてグラウンドにも落ちていないのでまさに転用するに打って付けであることが確認できた。

最初,実験的にバランスラインのHOTとCOLDをそれぞれグラウンドに落とすことでミュートするようにしステレオ分4個のリレーで試してみたのだが,確かに確実にミュートは出来るものの予想は出来ていたことなのだがリレー開閉時に僅かながらノイズが発生。やはりリレーでノイズレス・ミューティングは無理かもとあきらめほっといた数週間後,今度はHOTとCOLDをショートさせることで無音にしてみたらどうだろうか,しかも問題無ければそのまま業務で使えるぐらいのつもりで専用ケーブルを作ってみて,とやってみたら,なんと成功!!ノイズ無し!音質も未接続時と比較しても認識できる違いはなかった。

Nobels MS-4
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

ケーブルは写真の通り。XLRコネクタ間はなるべく短くしてHOTとCOLDをフォーンプラグのチップとスリーブに接続しMS-4のリレーでオープン,ショートをさせる。フォーンプラグは熱収縮チューブで覆って保護。もっと丁寧にするなら更にシールド用チューブを被せるべきなのだがちょっと省略。ミュート具合は100%完全ミュートにはならないのだが,と云っても60dB以上は減衰しているのでノイズをオミットするには十分。

Nobels MS-4
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

参考までのMS-4の中身。今時珍しい巨大なIC。リレーは聞いたことのないメーカーのもの。しかしプリント基板は腺も太くベタグランドもしっかり施されているのでノイズも問題なさそうな見た目。

MIDI制御によるON/OFFで気になるのはその遅延なのだが,PTHDからAlesis USB-MIDI Cableで接続した場合16ms±10msとの測定結果になった。最長で26ms。数ミリオーダーの精度は必要は無いので許容範囲内。振れ幅はもっと精度の良いMIDI Interfaceを使えば改善されるかもしれないが取り敢えずはこの精度でも問題なし。

と云うわけで相も変わらずマニアックな内容でした。

posted at 2011/10/18 20:07:37
lastupdate at 2011/10/18 20:07:37
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
UptownのFlashなんていかがですか?
通りすがりの音響マニアより
by 通りすがりの音響マニア
at 2011/10/22 3:01:11
兵法有り難うございます。でもネット上に情報少なすぎて判断がつきかねます(^_^;
at 2011/10/23 14:03:03
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字