[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/03/18 :: メモリ4GB
「2GBの壁を越えてみる」のエントリで「物理メモリ4GBだともっと読み込めるのかどうかは不明」と書いたのだが,ヤフオクで512MB PC3200 CL3 ECC/REG×2を安く手に入れられたので試してみた。メモリ構成はオールPC3200で1GB CL3×2,512MB CL3×2,512MB CL2.5×2となり合計4GB。!!$more!!

!!$img1!!結果を先に言ってしまうと物理メモリを4GBにしても大きな効果は無い,XP SP2 32bit版だと。そもそもXP 32bitだとOS自体が4GBをまるまる認識しないし,ハードウェア的にもまるまる4GBを使わせてくれないようになっているらしい,とネットをいろいろ徘徊してみた分かった。まぁ仕様だからしょうがない[:パンチ:]ってところです。『Pechi Pechi !!』さんの「メモリを増設してみたけれど...。」が結構参考になりました,というか見極めのいい参考になりました。
!!$img2!!BIOS画面からだと使用可能なメモリ,というか「Memory Testing:」で表示される容量は3670016K,3.5GB。その状態でOSを起動しタスクマネージャのPhysical Memoryを見てみるとTotalは3145192KB,3GB。Msinfo32.exeで見てみると確かにTotal Phisical Memoryは4GBなのだが何も起動していない状態でのAvailable Physical Memoryは2.68GBなのだ。

!!$img3!!512KB2枚を抜いて合計3GBにしてみると,BIOS画面でのメモリは3145728K,3GB。タスクマネージャのPhycical Memoryは3145192KBで4GBの時と同じ。Msinfo32.exeではTotal Physical Memoryは3GBでAvailable Physical Memoryは2.67GBで4GBの時とほぼ同じ。つまり4GBと3GBでは見かけ上はほぼ同じで,前回テストしたようにCubase4にKontakt2を使ったテストでも4GBでも3GBでも最大メモリ使用量は同じで2GBぐらいが限界だった。ちなみにこれらのテストはBoot.iniで/3GBスイッチを使って起動した状態で行っている。また,BIOS設定が違っているのかとも思い「H/W memory hole Remapping」をEnabledにしてみたりしてみたのだが状況に変化はなかった。

そもそも今回メモリを買ったのも増設目的と言うより,PC3200 CL3で特性をそろえ,トータルで400MHzで使えるようにするためだったので(そこら辺の事情はエントリ「異なるCASレイテンシーのメモリを混在させる」で),4GBにして何らかの向上があるようであれば4GB 333MHz CL2.5で行こうぐらいだったからそれほどショックは無い,本当に[:あせあせ:] と言うことでメモリの動作クロックが333MHzから400MHzになったのだが,CrystalMarkでそのメモリのパフォーマンスを見てみるときっちりクロック分,つまり1.2倍パフォーマンスアップしておりました。まぁとりあえずよかったよかった。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Pro Tools vs Windows 7 64-bit | main | 2nd HDD adapter for Ultrabay Slim »»
«« カテゴリ内前記事(Classic Dome Cap) | thinkpad | カテゴリ内次記事(2nd HDD adapter for Ultrabay Slim) »»
2011/11/21
SDD in ThinkPad T60p
そう,未だに2006年に登場したThinkPad T60pを使い続けているのですが,ただしメモリを換えHDDを換え果てはCPUを換え液晶も換えキーボードも換えて,OSもXPからVista,7と進化し今尚余程ヘビーな処理をしない限り十分に使えてしまうそのT60p 吹出し のHDDをようやくSSDに交換してみました。本当は今年の夏ぐらい新しいThinkPad,W520辺りをと思っていたのですが今年は諸々目論見通りな展開とは相成らずノートブックの新調にまでは至らず,と。

SSDは先日DAW用PCのゴタゴタで64-bit OS用として閑職的位置づけに追いやられた格好になったCorsair CSSD-P3128GB2-BRKTをフォーマットし直してT60pで再利用。結局Pro Toolsで64-bit OSは時期尚早,SSDで64-bit環境を用意しておく必要も無いだろうという判断。データの移行などはブログ『Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー』さん『フリーソフトで行く!大容量HDDからSSDへデータを丸ごとコピーで簡単移行!』で紹介されている方法を逐一トレース,EASEUS Partition Master 9.1.0 Home Editinで行った。取り敢えずSSDはUSBケースに入れて。途中Resizeをギリギリでやっていたら何度もSSDの空き容量が足りないと云うことになってしまい一気に空きより10GBほどパーティションを小さくしてみたらうまく行った。コピー後SSDのパーティションを再度Resizeしてサイズを大きくも出来るので思い切って小さめのパーティションサイズにする方がスムーズかもしれない。またコピー処理後SSDを内蔵して初回起動時ブートできなかったのだが一度Windows 7 インストールDVDから起動し起動ボリュームの修復を行ったら無事SSDから起動出来た。

例によってCrystalDiskMarkによるテスト。

SDD in ThinkPad T60p

Corsair Performance 3シリーズにしては遅すぎる。それもそのはずなんとThinkPad T60pのSATAは最初のジェネレーションものなので(Intel 82801GB使用)1.5Gbit/secなのだ!今更気づいたあせあせ 理論値は150MBytes/secなので約9割弱の130MB/secはまぁ妥当な数値。それにしても今や600MB/secも当たり前なのにSSDで130MB/secは泣ける雫 それでも一応エクスペリエンス インデックスはSeagate ST9500420AS (7200rpm, 500GB)使用時Primary hard diskは5.9だったのに対して7.2に上昇。体感的にはいろんなコンポーネントを読み込むアプリの起動が速くなったりはするけれどもビックリする程ではないかも。正直「SSDにしては‥」という印象はぬぐえない。

そんなわけで来年こそはThinkPad WシリーズをGETするぜ,と今回のSSD置換をきっかけに心に誓うのであった。まぁWシリーズが存続していれば……

posted at 2011/11/21 0:09:36
lastupdate at 2011/11/21 0:24:27
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字