[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/12/02 :: CD3300改 U
!!$img1!!サトー電気に注文していた水晶発振子16.9344MHzが届いたので早速交換してみた。元々付いている円筒形のものは安物でこれを交換すると音質が向上するらしいのだ。もっとグレードの高い改造になると少々発信器を用いてチョッとした周辺回路を作ってクロックを取り出すという方法があるらしいのだが,私の場合CD3300の改造はそれほど本気じゃないのでパーツ交換だけで済んでしまう方法にしてみた。

以前この16.9344MHzをアキバで見つけられなかったと言いましたが,CrossOverさんの「松木技研のポータプルCDプレーヤー・PCD-2008の改造 後編」と云うエントリによるとアキバでも入手可能みたい。熟読しておけば良かった[:ほえーネコ:] 偶然にも機種は違えど似たようなことをやっています。

で,交換の効果は,というと余り期待していなかったのですが結構効果ありです。全体的に引き締まった感じ,特に高音域では,特にhihatなど金物の粒立ちがかなり良くなっています。ただアッタクの感じが鋭くなってしまったため全体的にキツく感じるかもしれませんが。

!!$img2!!同時に注文していた電解コンデンサ,ELNA SILMIC II (RFSシリーズ)を,前回同社のCerafineのままにしていた部分,アナログ基板の100µF/16V*4に試しに使ってみました。余り違いが無ければそのままCerafineのままにするつもりで。同じメーカーだしカタログでは2グレード上の製品だけど(Cerafineは別名ROAシリーズでその上にROS,シルミックがありそのハイグレード製品がRFSとなっている)それほど違いはないと思ってたのですが,チッ違う[:クラッカー:] 水晶発振子の交換で少しきつめに感じられるようになってしまった高音域を凄く滑らかにしてしまう。また併用しているMUSE KZの癖もほどよく吸収しているようでなかなか具合よろしいです。

と云うわけでCD3300の改造はこれにて終了です,たぶん。電源トランスをトロイダルに換えるとどうなるかなんて,電源コネクタをノイズフィルター付きのものに換えるとどうなるかなんて考えてません。ただ最大出力を+22dBuぐらいにまで引き上げるのにはどうしたらいいか,とかはちょっと興味があるところですが[:ダッシュ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 星めぐりの歌 | main | dsp usage with eq tdm plugin »»
«« カテゴリ内前記事(Nobels MS-4) | rec equip | カテゴリ内次記事(Orange) »»
2011/12/17
Cooling equipments
ラックマウントタイプの音響機材(に限った話ではないですが)はものによっては盛大に発熱してPCのように熱暴走はなかなかしないもののノイズを発生させたり,最悪内部パーツを昇天させたりするので廃熱を考慮した設置,例えば機器上部に1U以上のスペースを推奨とか,を求める機器も少なからず存在する。しかしスペースの都合上,可搬性優先等々の理由でそういうわけにもいかない場合も。そんなときはファンなどで強制的に空冷する,と云うのが常套手段。

通常ラックに使われる空冷ファンはAC100Vで駆動させるいわゆるACファンが使われるのだろうが,これをPCのケースファンで代用してみよう,というのが今回のお話。

Cooling equipments
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

PC用のケースファンの利点は入手のしやすさ,サイズや回転数の違いによる種類が豊富でなかには手動で回転数を調整出来るものある。またLED付も有りラック裏をクリスマス仕様にすることもたやすい!? ただ問題となるのはその駆動用の電源。手軽なのはパラレルATA,IDEのHDDに直接挿して使うDC12V,5Vを供給するACアダプタの転用。例えばセンチュリーの「直刺しAC」とかAREAの「鯱エボリューション」とか。これらはスイッチ付なのでより利便性が高い。市販されているケースファンはいまだにこのペリフェラル4ピンコネクタをファン用3ピンに変換するアダプタを付属させているものが多いので取り敢えずはファンとACアダプタを用意するだけで問題無い。またACアダプタは2Aと余裕があるので別途分岐ケーブルを用意すれば複数個ファンを稼働させることも可能。0.2Aぐらいなら10個動かせる計算。

Cooling equipments
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

そして,ファンだけじゃ勿体ない,余っている5Vを使いDCプラグとコネクタで自作アダプタを作ってみるのもあり,USBハブへの電源供給なんかとか。12Vも音に直接関わらない機器への供給もありかも。実は以前紹介したMIDIスイッチ,Nobels MS-4(当該記事)も入力9V~12Vだったのでこの方法で電源を供給している。

posted at 2011/12/17 18:17:39
lastupdate at 2011/12/17 18:17:39
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字